重要参考人探偵 (第5話・2017/11/17) 感想

重要参考人探偵

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』公式
第5話『隣人の秘密!?セレブ妻の裏の顔!!』の感想。
なお、原作:絹田村子「重要参考人探偵」(小学館/月刊フラワーズ)は未読。


シモン(古川雄輝)と引っ越し業のアルバイトをすることになった圭(玉森裕太)は、社員の引田(辻修)と3人で高級住宅街にある依頼人・のぶえ(岩本多代)の家を訪れる。のぶえの家にはなぜか望遠鏡や拡声器があり、のぶえは向かいの家の梓(紺野まひる)にだけ引っ越しのあいさつをしていた。その様子から、他の隣人との関係を怪しむ圭。その後、いったん外に出た圭が荷造りのため再び家に入ると、のぶえが殺されていて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

これまでと違った部分のおかげで、新たな面白味が増した

ワンパターンが面白い本作。しかし、第5話で全話の折り返しを意識したのか、これまでと違った部分を入れ込んで来たお蔭で、新たな面白味が増した。

まず、今まで不要だと感じていた斎(小山慶一郎)が、モデル仲間として僅かだが役割を持ったこと。また、重要参考人である圭(玉森裕太)が早い段階で、重要参考人で無くなったこと。そして、捜査一課長の古仙(西岡德馬)の存在。

更に、圭の過去も語られるようになったために、かなり良い感じのドラマに仕上がったと思う。

あとがき

こんな調子で、マンネリ化で楽しませつつ、新鮮味を加えていけば、もっと面白くなりますね。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
赤い果実(DVD付)(初回生産限定盤A)
赤い果実(DVD付)(初回生産限定盤B)
赤い果実


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10710/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR