まんぷく (第16回・10/18) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式
第2週『…会いません、今は』の 『第16回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


憲兵隊に逮捕された萬平さんを救おうと頭を悩ませる福ちゃん。そんなある日、ホテルで開かれる大阪商工会の会合に、経済界で力を持つ三田村会長が来られると恵さんに聞いた福ちゃんは、会長に萬平さんを救ってくれるよう直談判にいきます。そこに一度は助けを断った世良さんもやってきて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「アバンで繰り返す意味はある」を再認識した

「食」と「命」や「人生」が直結していると言う、謂わば本作のテーマの1つであることを、決してひけらかすことなく、あくまでも物語の流れの中で描いた、前回の見事なラストを今回のアバンタイトルでも引用した。

実は、前回でそこまで深い部分には気づかなかった(出勤前でゆっくりと見られなかったと言う言い訳もあるのだが)。やはり、アバンで繰り返す意味はある。そして、そのことを再認識させてくれた第16回のアバンだった。

賛否両論あるが、私は「老いた母のかわいい日常」が好きだ

そんな重厚でシリアスなアバンを受けての本編は、いつもの鈴と福子のコミカルなやり取り。そこへ咲姉ちゃんまで登場するから、ちょっと嬉しい。亡霊を登場させてドラマを意味不明にする朝ドラをよく見かけるが、本作はどちらかと言うと鈴の夢の中や妄想や幻視としている点も見逃せない。だって、老いた母のかわいい日常って思えやしないだろうか。

第3週で、福子の "生き抜く力" を種蒔きしたのは良かった

さて、悩んで悲しんで凹んでいる福子をいつまでも描いていないのも良かった。三田村会長の力を上手くお借りして…と言う “生き抜く知恵” の片りんを発揮した。

これまでは、感情的に突っ走って問題解決をしようとして来た福子に、第3週の半ばで “生き抜く知恵” を描いたのは、こののちの本作が「夫婦二人三脚の発明物語」であるとすれば、夫を助ける妻としての能力として興味深い。こうしてさり気なく種蒔きをしておくのも良いことだ。

よく分からない "世良の言動" から目が離せない

世良と言う男も、実に興味深く描かれている。世良の素性は、劇中の登場人物たちと視聴者が同じレベルでしか知っていない。だから、世良が突拍子の無いことを言う度に、ハラハラドキドキするし、世良が萬平と福子の突破口を開けてくれるのでは無いかと言う期待も。これからも世良の言動から目が離せない。

あとがき

最後の、同室の稲村大悟(六平直政)が萬平に言った言葉(私には、台詞には聞こえなかった)が、胸に沁みました。牢屋に何日間も一緒に入れられ、自らの潔白を信じ、「食べない」選択をし続けた萬平を救った大吾だからこその、自分を信じることの意味や強さや大切さ。

福子の三田村会長への果敢なチャレンジ精神と合わせて、私も、自分の信念を大切にしようと思わせてくれた15分間でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
世界の食文化を変えた安藤百福 (洋泉社MOOK)
連続テレビ小説 まんぷく Part1 (NHKドラマ・ガイド)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11983/

[まんぷく (第16回・10/18) 感想]の続きを読む

相棒 season17 (第1話/初回30分拡大スペシャル・2018/10/17) 感想

相棒 season17

テレビ朝日系・『相棒 season17』公式
第1話/初回30分拡大スペシャル『ボディ』の感想。



国家公安委員で大学教授の冨貴江(とよた真帆)がかかってきた電話をとると、夫・鋼太郎(利重剛)が自分の実父・鐵太郎(中田博久)を殺害したと告げた。冨貴江と鋼太郎、鐵太郎の妻・祥(谷村美月)は、鐵太郎が行方不明ということにして警察に届け出る。3カ月後、特命係の右京(水谷豊)と亘(反町隆史)、青木(浅利陽介)は、週刊誌の記事で鐵太郎の失踪を知る。峯秋(石坂浩二)の口利きもあり、右京と亘は失踪について調べ始める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「2サス」で始まった『相棒』が「2サス」に原点回帰?(困)

●脚本:輿水泰弘/演出:橋本一(敬称略)

簡単感想で。

何とも物足りない初回30分拡大スペシャルだった。演出的にはスローモーションなどをちょこちょこと入れたり、ロケセットを作ったり頑張ってはいるし、脚本的には刑事コロンボの『パイルD-3の壁』を匂わせたり、しきりに『相棒』らしさを盛り込んで来たのも認めるが…

どうしても「2時間サスペンス」に “相棒キャラ” が出演しているような雰囲気が漂ってしょうがなかった。まあ、元々『土曜ワイド劇場』から始まった本作だから、元に戻っただけだと言ってしまえば、それまでだが…

右京と亘らしさは描けていたが、延長して2週跨ぎなの?(困)

でも、番宣で売りにしていた “3人目の相棒” も、ふたを開けてみれば、内容的にはいつもの右京さんと亘。その上ちょっとしつこい位に、2人の特徴を亘の台詞に盛り込み過ぎなのは気になったが、まあ「2人を描き分けた」と言う意味では悪くない。

ただ、30分前には異様なテンポの悪さに「まさか、2週跨ぎ?」と思わせて、結局その通りになってしまう点も、物足りなさに通じてしまった。だから冒頭で書いたとおりに、何とも物足りない初回30分拡大スペシャルだったって訳だ。

あとがき

21時スタートで「初回30分拡大」にして「2週跨ぎ」にするなら、20時スタートで「2時間スペシャル」にして1話で決着をつけて欲しかったです。ただ、裏番組との大人の事情もあるんでしょう。だって、第2話も「21時スタートで15分拡大」ですから。しょうがないのかなぁ。

そうそう、とよた真帆さん、利重剛さん、谷村美月さんの家族は見ていて良いなと思いましたが、これがまた「2サスらしさ」を冗長しているとも言えるのが残念と言うか…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒 season16 ブルーレイ BOX (6枚組) [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11981/

カーネーション:再放送 (第135,136回・2018/10/17) 感想

連続テレビ小説「カーネーション」

NHK総合・連続テレビ小説『カーネーション』公式
第24週『宣言』の『第135,136回』の感想。


 私は本作を初見なので、ネタバレ等のコメントは無視します。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


【第135回】
階段から落ちて足を骨折した糸子(夏木マリ)。1階に運び込んだ介護ベッドで生活することに。糸子は松葉づえなしでは動けず、情けなく思うとともに、これからを考えると落ち込む。そんな糸子に、里香(小島藤子)はさりげなく寄り添って支える。駆けつけてきた優子(新山千春)と直子(川崎亜沙美)は糸子を心配して引退を勧める。これまで手伝いを頼んでいたのは仕事好きな糸子を思ってだという。糸子は憤慨して2人を追い出す。

【第136回】
糸子(夏木マリ)は譲(川岡大次郎)に連絡し、自分のブランドを始めると告げる。翌日さっそく栄之助(茂山逸平)や守(藤間宇宙)も一緒にやってくるが、3人は糸子の足のケガに驚く。半年後の発表に向けて、急ピッチでブランドの準備をと、はりきる糸子。優子(新山千春)や直子(川崎亜沙美)が心配して止めるが、決意は固かった。一方優子は久しぶりに里香(小島藤子)と話し、いつかは高校にと促しつつも、糸子のことを頼む。
---上記のあらすじは[NHK番組表]より引用---

【第135回】

「糸子の子育て奮闘記」の再来で楽しくなった

本放送時は、2012年3月13日(火)で、第24週『宣言』の2日目。いつ以来だろうか、「こう言うのが見たかった」と書くのは。その位に、前回に続いて今回は、本作らしさ、特に威勢のいい男勝りの小原糸子らしさと、それを純粋に継承している三姉妹が描かれた。特に、言うことを聞かない糸子に対して直子が言った、この台詞が良かった。

直子「やっぱし 70越えて もう そないガツガツ仕事するんは
   体に ええ事ないで」

ガツガツ仕事をする母親を見て育った三姉妹が、母親譲りにガツガツと仕事をしているなんて、実に「糸子の子育て奮闘記」の再来で楽しくなった。

「台詞は強気、モノローグは弱き」で、ドラマを魅せる

また、前回の感想で書いた、年老いた糸子が視聴者に共感を求めるような内容のモノローグが、身体が自由に利かなくなった糸子の心情を巧みに表現していた。あくまでも、台詞は強気で、モノローグは弱きで。これを徹底して来たからこそ、「晩年編」らしい味わいのドラマで魅せることに成功していると思う。



【第136回】

久しぶりに なんちゅうか こう おもろいんや!

先週の1週間が嘘だったように…。そう、もう忘れよう。そう思わせてくれるような見応えある15分間だった。特に糸子の台詞を借りれば、「久しぶりに なんちゅうか こう おもろいんや」と言うことだ。いや、正確に言えば「なんちゅうか」ではなく理由がある。それは、糸子が再び力強く動き出したからだ。

走り出したら止まらない "だんじり糸子" が楽し過ぎる!

若かりし頃は「だんじり」を「ミシン」に例えた糸子が、老いたら「だんじり」を「自分自身」に例えるようになった。そう、「糸子=だんじり」なのだ。それがよ~く分かるのが次の台詞だ。

糸子「いいや。うちは おもろないと嫌や! アイテテテテ…。
   おもろいん諦めて 生きてなんかおれるかいな!
   あんたらも 72なったら 分かるわ」

糸子の「おもろい」とは、リスクが伴ってこそであることが、久し振りに強調された。こんな表現が入ると、ふと周防との出来事にも納得出来る。以前にも書いたが、こう言うのが「繋げている」のでなく「繋がっている」ように見えると言うことなのだ。

あとがき

ちょこちょこと、糸子がテレビを見る場面がありますね。前回では朝ドラを見ていました。この辺も最終回あたりに面白く活用されると楽しそうですね。それにしても、今週になって一気に面白くなってきました。このまま進んで欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11980/

[カーネーション:再放送 (第135,136回・2018/10/17) 感想]の続きを読む

まんぷく (第15回・10/17) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式
第2週『…会いません、今は』の 『第15回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


雨の中、憲兵隊の庁舎に乗り込み、危うく憲兵に逮捕されそうになった福ちゃんでしたが、敏ちゃん、ハナちゃん、恵さん、牧さん、野呂さんが必死になって助けてくれました。びしょ濡れで帰った福ちゃんたちから事情を聞いた鈴さんはびっくりして…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「福ちゃんが友だちだったらいいな」って感覚…

本作が始まって、2週間半が経った。それで、ふと思ったこと。福ちゃんって友だちにしたいなってこと。明るくて素直で親を大切にする子(今の私の年齢から見たらね)。こんな思いを抱く朝ドラのヒロインは久し振り。

共感出来るとか感情移入しちゃうとか、そう言うドラマの登場人物像への評価を超えた、友だちだったらいいなって感覚。なんか不思議…

現時点でのほぼ全員が顔を揃えた15分間

さて本編。前回、福子と同年代の知り合いで結成された “福子の応援団” が、どれだけ福子を心配応援しているのかの回想から始まった。そして今回は “萬平の味方たち” が登場。

当然、真一を含めた福子の家族たちも加わって、亡き咲姉の形見まで加わり、現時点でのほぼ全員が顔を揃えた15分間となった。咲姉が映るとそれだけで悲しくなる…

今回から "それぞれの大切な人" を描くドラマとして再始動!

前回以上に登場人物が多いのに、憲兵たちまで含めて名もなき登場人物まで、1人1人の個性がきっちりと描き分かられ、物語が動いている。いや、正確に言えば、この水曜日から “それぞれの大切な人” を描くドラマが再始動したと言うべきかも知れない。特に、ラストの飯を力強く食らう萬平の「まずい」に生きる力を見た。

あとがき

ヒロインの子ども時代を描かずに始まった本作だけに、子役の可愛らしい演技を見ることは出来ませんが、今回で言えば、お互い寡黙な忠彦(要潤)と真一(大谷亮平)の “大人の男同士の会話” なんて、実に見応えがありました。脇役にも目が離せない本作。さて、肝心な福子と萬平はどうなるのか、気が気ではありません…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
世界の食文化を変えた安藤百福 (洋泉社MOOK)
連続テレビ小説 まんぷく Part1 (NHKドラマ・ガイド)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11979/

[まんぷく (第15回・10/17) 感想]の続きを読む

僕らは奇跡でできている (第2話・2018/10/16) 感想

僕らは奇跡でできている

関西テレビ制作・フジテレビ系・『僕らは奇跡でできている』公式
第2話『鳥と話す男、ひとり焼肉へ』の感想。



育実(榮倉奈々)の医院で水道の蛇口の音が鳥と会話をする「バードコール」に使えると気付いた一輝(高橋一生)は、次の授業は野外調査をすることに。新庄(西畑大吾)ら学生達は不満顔。バードコールの材料を買いに行った一輝は、育実の医院で知り合った虹一(川口和空)と公園で再会し、動物の話で盛り上がる。だが、虹一の母・涼子(松本若菜)はそんな一輝を怪しむ。調査当日、一輝はやる気のない学生達を率いて山に入る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:橋部敦子(過去作/フラジャイル、A LIFE~愛しき人~)
演出:河野圭太(過去作/HOPE~期待ゼロの新入社員~) 第1,2
   星野和成(過去作/あいの結婚相談所、ハゲタカ)
   坂本栄隆(過去作/脳にスマホが埋められた!)
音楽:兼松衆、田渕夏海、中村巴奈重、櫻井美希
オープニングテーマ:Shiggy Jr.「ピュアなソルジャー」
主題歌:SUPER BEAVER「予感」

奇を衒わずに堂々と淡々と描く…それが素晴らしい

第1話を見ていない妻と一緒に第1話を見た。妻に言わせると、「説明が無いのに、登場人物たちの関係がきちんと伝わってくるのはスゴイ。けど、どこが面白いのか私には分からない…」だそうだ。ある意味で、本作を的確に表現した言葉だと思う。

今回も、状況説明的な台詞は基本的に無く、全てが登場人物の台詞と動作で表現される。そして、表現されるのは、テレビの中で普通に生きている人たちの普通の日常と、ありふれた日常の中にふと訪れる新発見の驚きやきらめき。これらを、奇を衒わずに堂々と淡々と描く…それが素晴らしい。

私への問い掛けが聞こえて来て、ハッとする瞬間がある

その上、淡々と描かれる日常を、俯瞰の目線で見ると、実はあちこちに私(視聴者)への問い掛けや訴えが見え聞こえて来る。そして、「自分なら…」とハッとする瞬間がある。それにしても第2話で、ほぼドラマのスタイルが決まったのは驚きだ。あとは、結末はどんな方向になるのか? であるが、それも自然体で待つ方が本作には合ってるかも…

あとがき

今回は、「音」を巧みに使ったエピソードが面白かったです。また『鳥と話す男、ひとり焼肉へ』と言うサブタイトルも素敵ですよね。次回にも期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
カンテレ・フジテレビ系ドラマ「僕らは奇跡でできている」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11978/


【これまでの感想】
第1話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR