NHKスペシャル「女7人おひとりさま みんなで一緒に暮らしたら」 (2018/12/28) 感想

NHKスペシャル「女7人おひとりさま みんなで一緒に暮らしたら」 (2018/12/28) 感想

NHK総合・NHKスペシャル『女7人おひとりさま みんなで一緒に暮らしたら』公式サイト
『おひとりさまとして老後を迎えた7人のキャリアウーマン。10年前に同じマンションで暮らす「友だち近居」を開始。幸福に老いて生きるには?励まし合い涙し合う本音の物語』の感想。


働く女性として人生を歩んできた7人。“おひとりさま”の老後を迎えた彼女たちは、10年前、仲間を募り同じマンションで暮す「友だち近居」という、あまり例のない試みを開始。今年71歳から83歳の7人の姿を追う中で、認知症になったら?介護は?延命治療は?この生活はいつまで続けられるのか?そんな不安に悩む姿も浮き彫りに…。いつまでも自分らしく生きたいと、泣いて笑って落ち込んで、また笑顔で前を向く7人の日々!
---上記のあらすじは[ラテ欄]より引用---


演出:岡田茂(過去作/課外授業ようこそ先輩スペシャル~長渕剛/心から叫べ~)
語り:村田幸子(代表作/NHKニュース、ラジオ深夜便)

あの超ベテラン女子アナ・村田幸子さんが「女7人」だったとは!

毎回録画で見ている本作だが、連ドラも終了したので久し振りにリアルタイム視聴。冒頭、私の好きな女性アナウンサーの1人である村田幸子さんが登場。長年に亘るNHKラジオ『ラジオ深夜便』での知的でユーモラスで正確な発音のNHKの超ベテランアナの若かりし頃の写真から始まった本作。

まさか、その村田アナが本作のタイトルにある「女7人おひとりさま」の内の1人だったことに、まず驚いた。

序盤は、経済的に自立した "羨ましい老後" に映っちゃった

そして、序盤は、“おひとりさま” である7人の女性たちが1棟のマンションの内の個々の部屋を購入し、それぞれの部屋を行き来し見守りあう “ともだち近居” と言う住まい方を選んだことが描かれる。

7人は、71歳から83歳までで、コピーライターやカウンセラー、民間企業の広報室長など “働く女性” として人生を歩む姿はとても生き生きしており、敢えて皮肉を込めて言うと “羨ましい老後” に映った。

なぜなら、彼女たちには基本的に経済的な不安がない(ように、描かれていた)のだ。経済的に困窮し日々の生活もおぼつかない “おひとりさま老人” とは全く違う世界のお話。残念ながら、そう映ってしまったのだ。

中盤、"自由と縛り" の中で生きてこその近居が描かれる

しかし、中盤から7人の女性たちが “老い” や “孤独” への不安や寂寥感を抱いていることや、10年前に『個個セブン』として近居を始める際に7人で取り交わした「設立趣意書」が登場して、展開に変化が。

基本理念は「自立と共生の住まい」で、互いの看病も介護もしない関係。個々の生活を尊重しつつ『個個セブン』の存在をも大切にすると言う、“自由と縛り” の中で生きてこその「高齢者の女7人の近居」ならではの価値観の創出。70歳を過ぎても、きちんと7人で決めたコンセプトを常に意識して生きるのは、それなりの煩わしさもあるに違いない。

"煩わしさ" があるから、"へこたれない気持ち" が生まれる

しかし、その “煩わしさ” があるからこそ、終盤で描かれたような女7人が1つの部屋に集まって本音をぶつけ合うことで、「へこたれないわ」と言う気持ちが生まれ、結果として背筋を伸ばしながら人生を生きる姿に繋がるのだと思う。

「経済的に裕福かどうか…」と言う部分を排除しての結論には、若干の異論はある。でも、未婚のままや子無し夫婦のまま老後を迎える人が増えて行く時代に、「自立と共生の住まい」と言う考え方は、民間や行政も再考する価値があると思った。

あとがき

「素敵な老後だけど、やっぱりお金があるから出来るんだよね」には、なってしまいますよね。年末に放送するので、敢えて社会問題提起はしない方向で構成したのかも知れません。出来れば今度は。お金のない人でも明るい老後を暮らせるテーマで作って欲しいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
おひとりさまのゆたかな年収200万生活 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
おひとりさまの死後事務委任
恨みっこなしの老後 橋田 壽賀子


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12250/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR