●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

スペシャルドラマ「犬神家の一族」 (2018/12/24) 感想

スペシャルドラマ「犬神家の一族」 (2018/12/24) 感想

フジテレビ系スペシャルドラマ『犬神家の一族』公式サイト
『平成最後の金田一耕助!NEWS加藤シゲアキ・賀来賢人・高梨臨・生瀬勝久・里見浩太朗・黒木瞳ら超豪華出演者集結!』の感想。
なお、原作小説の横溝正史「犬神家の一族」(角川文庫刊)は既読。また、同小説を原作としたテレビドラマや映画は、ほぼ全て鑑賞済み。


    昭和22年、那須湖畔の本宅にて一代で犬神財閥を築いた犬神佐兵衛(里見浩太朗)が莫大な財産を残し、家族に見守られながら他界。その遺産の配当や相続者を記した遺言状は、長女・松子(黒木瞳)の一人息子・佐清(賀来賢人)が戦地から復員してから発表されることになっており、一族は佐清の帰りを待つことに…。
    数カ月後、金田一耕助(加藤シゲアキ)は犬神家の本宅のある那須湖畔を訪れた。犬神家の顧問弁護士・古館(小野武彦)の法律事務所に勤務する若林(少路勇介)から「犬神家で近々、血みどろの事件が起きるのでそれを防いでほしい」との手紙を受け取ったためであった。
    那須ホテルを宿泊拠点とした金田一は、湖畔から犬神家を望んでいたところ、犬神家の養女・珠世(高梨臨)の乗るボートが沈みかかっているのを目撃し助けようとする間に、犬神家の下男・猿蔵(大倉孝二)が珠世を救出する。珠世が何者かに狙われたのはこれで3度目。その後、金田一がホテルに戻ると、若林が何者かによって毒殺されていた。
    若林は犬神家の誰かに買収され、法律事務所の金庫に保管している佐兵衛の遺言状を盗み見た可能性が。古館の依頼で金田一は犬神家の遺産相続に立ち会うことに。 そんな中、ビルマの戦地で顔に大怪我を負い、白いゴムマスク姿で佐清が帰ってきた。佐兵衛の遺言状は古館によって金田一の立ち会いのもと公開されることになる…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:横溝正史「犬神家の一族」(角川文庫刊)
脚本:池田奈津子(過去作/砂の塔~知りすぎた隣人、アルジャーノンに花束を2015)
演出:深川栄洋(過去作/偽装の夫婦、破獄、僕とシッポと神楽坂)
音楽:福廣秀一朗(過去作/未来日記-ANOTHER:WORLD-、破獄)

最大の問題点は、主人公である金田一耕助の存在感の薄さ

先日に放送された亀梨和也さん主演のテレビ東京系ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』の際にも書いたが、既に鑑賞済みの原作となった小説や過去の映像作品とは基本的に比較しない、いつもの立場を貫こうとは思う。

その意味で、今回の『犬神家の一族』での最大の問題点は、主人公である金田一耕助の存在感の薄さだ。とにかく、推理をすると言うより、ただのストーリーテラー役に成り下がっていた。

特に、物語が後半に突入し、個々の登場人物の謎が見え始めると、益々個性的な脇キャラの中に埋没。こんな状態になった主人公が、いくら名推理を披露しようと、時既に遅しだ。なぜ、もっと金田一耕助ありき、金田一耕助がいなければ成立しないような脚本と演出にしたのだろう。

俳優の "格" が違い過ぎることを脚本を演出が無視し過ぎ

さて、冒頭で過去の作品と比較しないと宣言をしておいて、書くのは気が引けるのだが、本作の感想で “ここ” を抜きに語れない部分がある。1つは、金田一耕助役の加藤シゲアキさんを始め、俳優全体の “格” が違い過ぎることだ。もちろん、過去の名作と言われる映像作品と比べると脚本も演出も “格” が違い過ぎるのだが。

特に、1976年の監督/市川崑で主演/石坂浩二の映画版と、1977年の監督/工藤栄一らと主演/古谷一行のテレビドラマ版と比べると、残念ながら、昭和の世界観も、ドロドロした人間関係も、独特の映像美も、すべて劣っていた。俳優の揃え方もよろしくない。バランスが悪い。 だから、主役が埋没するのだ。

確かに、一部の俳優の演技力の乏しさには、見ていて悲しくなるレベルの者もいた。しかし、そう言うタレントを主役に、客寄せに抜擢した企画なのだから、そこが見せ所になるような脚本や演出にするべき。それをしなかった作品に於いて、一方的に演技力の乏しい演者を責めるのは酷だと思う。

あとがき

「あとがき」なので個人的なぶっちゃけを。これまで観て来た映像作品の『犬神家の一族』の中で、最も原作の世界観から遠く乖離したドラマであり、正直「改悪」と言うべき仕上がりでした。

終始見辛い色彩とハラハラドキドキの無い演出もさることながら、脚本に於ける台詞がとても軽いし、時代も良く分からず、何のために誰もが知っている名作をリメイクしようと思ったのか、その出発点すら疑問を感じました。名作をリメイクするなら、もっと覚悟を持って映像化して欲しいです。原作となった小説や過去の映像作品のファンとして…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
犬神家の一族 金田一耕助ファイル 5 (角川文庫)
犬神家の一族 角川映画 THE BEST [DVD]
犬神家の一族 上巻 [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12237/


【2018年のスペシャルドラマの感想】
ドラマスペシャル「東野圭吾 手紙」 (2018/12/19) 感想
東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ「大誘拐2018」 (2018/12/14) 感想
日曜プライム ドラマスペシャル「警部補・碓氷弘一 ~マインド~」 (2018/11/25) 感想
土曜ドラマ「フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話(前後編)」 (2018/10/20,27) 感想
スペシャルドラマ「それでも恋する」 (2018/10/6) 感想
日経ドラマスペシャル「琥珀の夢」 (2018/10/5) 感想
テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル「あまんじゃく 元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む」 (2018/9/24) 感想
福岡発地域ドラマ「You May Dream」 (2018/9/24) 感想
ドラマスペシャル「指定弁護士」 (2018/9/23) 感想
メ~テレ開局55周年記念ドラマ「乱反射」 (2018/9/22) 感想
開局55周年特別企画ドラマスペシャル「Aではない君と」 (2018/9/21) 感想
京都発地域ドラマ「ワンダーウォール」 (2018/9/17) 感想
NHKスペシャル 未解決事件07(実録ドラマ)「警察庁長官狙撃事件 容疑者Nと刑事の15年」 (2018/9/8) 感想
24時間テレビ ドラマスペシャル「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」 (2018/8/25) 感想
スペシャルドラマ「太陽を愛したひと~1964 あの日のパラリンピック~」 (2018/8/22) 感想
3夜連続 ミステリースペシャル「満願」 (2018/8/14,15,16) 感想
土曜プレミアム「コード・ブルー特別編 ―もう一つの戦場―」 (2018/7/28) 感想
松本清張特別企画「犯罪の回送」 (2018/7/2) 感想
ドラマ特別企画「あにいもうと」 (2018/6/25) 感想
突然コマーシャルドラマ「名探偵コジン」 (2018/6/20) 感想
ドラマスペシャル「68歳の新入社員」 (2018/6/18) 感想
日曜プライム ドラマスペシャル「復讐捜査~警察犬と刑事の殺人追跡行~」 (2018/5/6) 感
ゴールデンまなびウィークスペシャルドラマ「天才バカボン3」 (2018/5/4) 感想
日曜プライム ドラマスペシャル「CHIEF~警視庁IR分析室~」 (2018/4/15) 感想
スペシャルドラマ「黒井戸殺し」 (2018/4/14) 感想
日曜プライム ドラマスペシャル「探偵物語」 (2018/4/8) 感想
ドラマ特別企画「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」 (2018/4/2) 感想
東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~ (2018/3/30) 感想
テレビ東京 春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」 (2018/3/30) 感想
アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル 第二夜「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」 (2018/3/25) 感想
アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル 第一夜「パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~」 (2018/3/24) 感想
特集ドラマ「スニッファー 嗅覚捜査官 スペシャル」 (2018/3/21) 感想
日曜ワイド「越後純情刑事・早乙女真子」 (2018/2/28) 感想
NHKスペシャル 未解決事件「File06 赤報隊事件 戦慄の銃弾 知られざる闇 1夜目:実録ドラマ編」 (2018/1/27) 感想
ドラマスペシャル 白日の鴉 (2018/1/11) 感想
新春ドラマスペシャル 娘の結婚 (2018/1/8) 感想
DOCTORS 最強の名医 新春スペシャル (2018/1/4) 感想
新春ドラマスペシャル「都庁爆破!」 (2018/1/2) 感想

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR