ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ「大誘拐2018」 (2018/12/14) 感想

東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ「大誘拐2018」 (2018/12/14) 感

東海テレビ制作・フジテレビ系東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ『大誘拐2018』公式サイト
『平成最後の冬。昭和の名作が鮮やかによみがえる!100億円の身代金をめぐる、スケールの大きな衝撃のエンタテインメント、意外な黒幕の存在とは!?』の感想。
なお、原作小説の天藤真『大誘拐』(東京創元社)は既読で、同小説を原作とした1991年に劇場公開された鬼才・岡本喜八の脚本/監督映画『大誘拐 RAINBOW KIDS』も劇場鑑賞済み。


    愛知県に住む、日本有数の大富豪・柳川とし子(富司純子)が誘拐された。誘拐犯は3人組。リーダー格は元ヤクザで刑務所から出所したばかりの若者、戸並健一(岡田将生)だ。メンツをかけて捜査に乗り出す愛知県警。たたき上げの刑事、井狩大五郎(渡部篤郎)に陣頭指揮が任された。届いた犯人側の要求は「身代金100億円」。
    さらに「記者会見を開いて身代金への返答をしろ」。 記者会見に臨んだ井狩は毅然とした態度で告げる、「100億円の要求は法外だ」と。前代未聞の金額に、誘拐された大富豪・とし子の親族はうろたえ、記者会見によって、事件は広く世間に知れ渡ってしまう。凶悪な犯罪者による大胆不敵な誘拐事件。日本中の誰もがそう思い注目した。まさに空前の“大誘拐"だ。
    そして犯人側の要求は続く。「とし子の全財産を整理して、100億円はすべて現金で用意しろ」、「100億円の引き渡しをテレビで生中継せよ」。SNSやメディアを活用した“劇場型"。井狩を筆頭に、現代のハイテクを駆使して捜査する警察組織。
    一方、その裏で繰り広げられるのは、健一をリーダーとする誘拐犯3人組と大富豪・とし子との知られざるストーリー。手に汗握る駆け引きの末に迎える、衝撃の結末!刑事・井狩が最後に見たモノとは!?そして、健一率いる誘拐犯たちがたどり着く場所とは!?
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:天藤真『大誘拐』(東京創元社)
脚本:宅間孝行(過去作/新・ミナミの帝王、間違われちゃった男)
演出:木下高男(過去作/警視庁いきもの係、デイジー・ラック)
企画:横田誠(過去作/いつまでも白い羽根、限界団地、結婚相手は抽選で)
エンディングテーマ:Toshl「ひこうき雲」/収録アルバム『IM A SINGER
          (cVirgin Music / ユニバーサル ミュージック)

秀作の小説と映画があるため、今回は偏った感想になる…

基本的に、当blogは原作や過去の映像化作品と比較しない立場だが、これだけ秀作の原作である小説と実写映画が存在すると、比較せずにはいれれない。そのため、今回は偏った感想になることを断っておく。

誰もが知る黒澤明監督を「巨匠」と言うなら、岡本喜八監督は「鬼才」と言うべきだろう。王道の黒澤に対して技巧派の岡本。そんな日本映画を代表する監督が、「緒形拳」と「北林谷栄」と「樹木希林」と言う類い稀な名優と組んだ名作が、1991年に劇場公開された『大誘拐 RAINBOW KIDS』。90年代以降に公開された日本映画の名作の1本だ。

とにかく、そのイメージだけは壊さずに、再実写化して欲しいと願って観始めたのだが…

原作の小説と劇場版の、ここが優れている…

まず、原作の小説が素晴らしい。基本的なプロット、時間軸や場所移動を含めたストーリー展開、そして脇役を含めた登場人物のキャラクター設定の面白さとそれらの描写が実に楽しく描かれているのだ。その上で、劇場版が優れているのは、完全とも言うべきキャスティングと映像でしか描けない臨場感を表現しているのだ。

テレビ版の残念なところ…

しかし、このテレビドラマ版は残念ながら、劇場版と比較するまでもなく、原作を現代風にアレンジしたから起こる違和感を遥かに超えた、原作の持ち味である根っからの悪人で無い誘拐犯人たちと、人質のおばあちゃんの軽妙なやり取りも無ければ、その4人に生まれる奇妙な信頼関係や、全編に漂うおばあちゃんへの溢れる愛が無い。

小説と映画とも違う、軽めなホームドラマ風誘拐劇…

でも、これらは原作と劇場版を知っている私の感想だ。本作を初見の視聴者には一体どう映ったのだろう。意外な黒幕の存在や、娯楽作品の中に「税」や「戦」の大義名分の理屈を盛り込んだ斬新なストーリーよりも、3人の誘拐犯の成長と3人の子どもたちの変化に重きを置いたホームドラマ風な仕上がりと言えば良いだろうか。

あとがき

本作を見て原作の小説や映画に興味を持った方には、是非とも映画『大誘拐 RAINBOW KIDS』を観るのをお勧めします。いや、劇場版を見たくなる “きっかけ” になるのでしたら、こう言うドラマ化も悪くないとは思います。でもフジテレビには、脇役の配役まで含めて、もっともっと “気合い” を入れてドラマ化して欲しかったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
大誘拐 RAINBOW KIDS [DVD]
大誘拐―天藤真推理小説全集〈9〉 (創元推理文庫)
IM A SINGER / Toshi


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12208/


【2018年のスペシャルドラマの感想】
日曜プライム ドラマスペシャル「警部補・碓氷弘一 ~マインド~」 (2018/11/25) 感想
土曜ドラマ「フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話(前後編)」 (2018/10/20,27) 感想
スペシャルドラマ「それでも恋する」 (2018/10/6) 感想
日経ドラマスペシャル「琥珀の夢」 (2018/10/5) 感想
テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル「あまんじゃく 元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む」 (2018/9/24) 感想
福岡発地域ドラマ「You May Dream」 (2018/9/24) 感想
ドラマスペシャル「指定弁護士」 (2018/9/23) 感想
メ~テレ開局55周年記念ドラマ「乱反射」 (2018/9/22) 感想
開局55周年特別企画ドラマスペシャル「Aではない君と」 (2018/9/21) 感想
京都発地域ドラマ「ワンダーウォール」 (2018/9/17) 感想
NHKスペシャル 未解決事件07(実録ドラマ)「警察庁長官狙撃事件 容疑者Nと刑事の15年」 (2018/9/8) 感想
24時間テレビ ドラマスペシャル「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」 (2018/8/25) 感想
スペシャルドラマ「太陽を愛したひと~1964 あの日のパラリンピック~」 (2018/8/22) 感想
3夜連続 ミステリースペシャル「満願」 (2018/8/14,15,16) 感想
土曜プレミアム「コード・ブルー特別編 ―もう一つの戦場―」 (2018/7/28) 感想
松本清張特別企画「犯罪の回送」 (2018/7/2) 感想
ドラマ特別企画「あにいもうと」 (2018/6/25) 感想
突然コマーシャルドラマ「名探偵コジン」 (2018/6/20) 感想
ドラマスペシャル「68歳の新入社員」 (2018/6/18) 感想
日曜プライム ドラマスペシャル「復讐捜査~警察犬と刑事の殺人追跡行~」 (2018/5/6) 感
ゴールデンまなびウィークスペシャルドラマ「天才バカボン3」 (2018/5/4) 感想
日曜プライム ドラマスペシャル「CHIEF~警視庁IR分析室~」 (2018/4/15) 感想
スペシャルドラマ「黒井戸殺し」 (2018/4/14) 感想
日曜プライム ドラマスペシャル「探偵物語」 (2018/4/8) 感想
ドラマ特別企画「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」 (2018/4/2) 感想
東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~ (2018/3/30) 感想
テレビ東京 春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」 (2018/3/30) 感想
アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル 第二夜「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」 (2018/3/25) 感想
アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル 第一夜「パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~」 (2018/3/24) 感想
特集ドラマ「スニッファー 嗅覚捜査官 スペシャル」 (2018/3/21) 感想
日曜ワイド「越後純情刑事・早乙女真子」 (2018/2/28) 感想
NHKスペシャル 未解決事件「File06 赤報隊事件 戦慄の銃弾 知られざる闇 1夜目:実録ドラマ編」 (2018/1/27) 感想
ドラマスペシャル 白日の鴉 (2018/1/11) 感想
新春ドラマスペシャル 娘の結婚 (2018/1/8) 感想
DOCTORS 最強の名医 新春スペシャル (2018/1/4) 感想
新春ドラマスペシャル「都庁爆破!」 (2018/1/2) 感想

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: