まんぷく (第62回・12/11) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式サイト
第11週『まんぺい印のダネイホン!』の 『第62回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


ダネイホン作りに専念することにした萬平さん。同時に販売先の全国展開を狙います。ただそのためには現状の味では難しく、もっと美味しくしないと売れません。早速、ダネイホンの改良を始めますが、すでに色んな食材を試していて、良いアイデアが浮かびません。東京に支社の設置も計画される中、行き詰まった萬平さんに対して、福ちゃんが…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

病院に納める商品の味は、不味くても売れれば良いの?

ダネイホンの味を変えようってことになって、鈴は反対するが、福子はこんな台詞で応える…

福子「そやけど 一般の人に買うてもらうには そうしないと」

確か、今のダネイホンの納品先は病院のはず。だとしたら、病院に納める商品の味は不味くても売れれば良いってこと? 時代背景もあるし、儲けなければ生活出来ないのは分かる。しかし、「世の中の人のためになる仕事」と大見栄を切った割に、話の辻褄が合わないような。

それに、本作を病室や闘病しながら観ている視聴者もいる訳で、前回も書いた通りに「食」を扱う朝ドラとして、もう少し台詞に配慮が欲しい。

"何と比べておいしくない" のかが描かれていないのに…

中盤で描かれた試食会も、「食」を扱う朝ドラとして、もう少し台詞に配慮が欲しい。台詞の中に散りばめられていた「おいしい」「まずい」「おいしくなった」だが、そもそも現在出荷中のダネイホンが、“何と比べておいしくない” のかが描かれていないから、ちっとも新製品へ要求する味の基準が分からない。

例えば、現在出荷中のダネイホンを出荷する前に、たちばな塩業関係者以外のラーメン屋夫婦やハナ夫婦に味見をさせる場面があって、「まあ これならイケるやろ?」みたいなのがあれば良かったのだ。

源が、現行品の試食で泣いて新製品で笑うだけで良いのに…

だって、従業員たちは「クビになるかも…」とまで考えているのだから、萬平に真意を言うとは限らないし、今や真一や忠彦も信用のおける登場人物では無いから。まあ、簡単なのは「源」を使う方法だったと思う。だって、源も立派なたちばな塩業関係者だし、何よりホームドラマなのだから利用しない手は無いのだ。

福子が “ふと思い付いて” 源を試食会におんぶして連れて来て、現行版と新製品を食べさせて、現行版を食べたら泣いて、新製品でニコッとするだけで済む。嘘をつく必要のない源だからこそのエピソードになるし、赤ちゃんでも食べられる栄養食品であることまで言えてしまう。この程度も思い付かないかなぁ。

"今の顧客" を無視して東京進出するのはどうかと思う…

それと、パワハラ紛いの採決で新製品の味が決定し、東京進出を決めてしまったが。味を変えるんだよね。でも、今の味を気に入って、今の味でも良いからと勝ってくれている人たちがいるんだよね。

だとしたら、「世の中の人のためになる仕事」なら今の顧客に新製品の味をどう思うか調査するのが “誠意” であり “思いやり” であり “人情” で無いのか? 製品名は変わらずに、味だけ変われば今の顧客が離れる可能性はある訳で(味覚は、人それぞれ違うのだから)、世良と真一の提案は今の顧客無視をしているように見えてしまう(完全に現顧客無視だが)。

話を進めたいのは分かるが、ここまで粗が目立つと気になってしょうがない。

あとがき

今回は、福子が昆布に目を付けると言う “役目” がありましたね。しかし、あまりにも取って付けたようで。そして、また咲姉の幽霊。もういいよ、流石に。それに何度も書くが鈴の意見は視聴者代表であり、至って普通の感覚。でも、それを物語を進めるために説得し存在感を見せるべきは、ヒロインの福子の役目でしょ。

幽霊のお告げで物語が進んだら、益々福子の存在意義が無くなるだけなのに…。それにして、1.5倍再生でも長く感じるようになりましたなぁ…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 まんぷく Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 まんぷく 上
連続テレビ小説「まんぷく」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12196/


【これまでの感想】

第1週『結婚はまだまだ先!』
1  2  3  4  5  6
第2週『…会いません、今は』
7  8  9  10  11  12
第3週『そんなん絶対ウソ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『私がみつけます!』
19  20  21  22  23  24
第5週『信じるんです!』
25  26  27  28  29  30
第6週『お塩を作るんですか!?』
31  32  33  34  35  36
第7週『私がなんとかします!』
37  38  39  40  41  424
第8週『新しい冒険!?』
43  44  45  46  47  48
第9週『違うわ、萬平さん』
49 50 51 52 53 54
第10週『私は武士の娘の娘!』
55 56 57 58 59 60
第11週『まんぺい印のダネイホン!』
61

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美味しいダネイホン>『まんぷく』第61話

​​​​​​​​​​​昨日今日と お母さん篭絡 がメインテーマ?(笑) …ひじゅにですが何か? ​「武士の娘の娘の婿なんですから」​byお母さん アバンは、鉄板を片付ける塩軍団の図ぅ― ハンコ屋を辞める時は、香田家のみで続けるという形だったから (描写はなかったけど忠彦さんの絵が売れる様になるまでの繋ぎにはなったはず) 新しい展開への期...

美味しいダネイホン>『まんぷく』第61話

​​​​​​​​​​​昨日今日とお母さん篭絡がメインテーマ?(笑)…ひじゅにですが何か?​「武士の娘の娘の婿なんですから」​byお母さんアバンは、鉄板を片付ける塩軍団の図...

連続テレビ小説『まんぷく』第62回

内容“ダネイホン”に専念し、全国販売をすることを決断した萬平(長谷川博己)社名も“たちばな栄養食品”に変更し、再出発!早速、世良(桐谷健太)に連絡を入れ協力を求めたのだが、味を変えなければダメだと言われてしまう。改良に取り組む萬平だったが、思いつかない。そんなとき、福子(安藤サクラ)が。。。なんとか改良した萬平だが、世良が東京に会社を作るべきだと。。。敬称略ちょっと、気になったのだが。“美味...

【まんぷく】第62回(第11週火曜日) 感想

…ただそのためには現状の味では難しく、もっと美味しくしないと売れません。早速、ダネイホンの改良を始めますが、すでに色んな食材を試していて、良い…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR