●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

下町ロケット(2018年版) (第9話・2018/12/9) 感想

下町ロケット(2018年版)

TBSテレビ系・日曜劇場『下町ロケット(2018年版)』公式
第9話(ヤタガラス編)『最終章突入!帝国の隠ぺい工作を暴けるか無実の親友を救え!』の感想。
なお、原作の 池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館)は未読。


無人大型トラクターの試走で失態をさらした帝国重工。かたや、重田(古舘伊知郎)や伊丹(尾上菊之助)らの「ダーウィン」は高い性能で圧勝するが、会場で見ていた島津(イモトアヤコ)や佃(阿部寛)は走行に違和感を抱く。帝国重工では、トラクター転落の‘犯人’として野木(森崎博之)のシステムをやり玉に。憤る佃は、財前(吉川晃司)と共に本当の原因を探る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館)
脚本:丑尾健太郎(過去作/小さな巨人、ブラックペアン) 第1,2,3,4,5,6,7,8,9
   槌谷健(過去作/都庁爆破!、ブラックペアン) 第4,5,6
   神田優(過去作/ブラックペアン) 第6,8,9
   吉田真侑子(過去作/陸王、ヒモメン) 9
演出:福澤克雄(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン) 第1,2,6,8
   田中健太(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン)) 第3,4,5,8,9
   青山貴洋(過去作/オー・マイ・ジャンプ!第3話のみ、ブラックペアン第7話のみ) 第7

テレビの外にいる私には "熱気" が伝わって来ない!

序盤に、帝国重工が野木教授のシステムの不具合を証明するために、佃製作所のトラクターに野木のシステムを搭載して行う現場実証実験のシーンがあった。テレビの中では大盛り上がりをしていたが、どうもテレビの外にいる私にはその熱気が伝わって来なかった。

本来なら、いよいよ佃製作所…と英断を下した財前を楽しく応援したいのだが、ここまでの “ものづくり” の経緯の表現の粗さや雑さのお蔭で、「どうせなるようにしかならないんでしょ?」と言う醒めた感覚にしかならなかった。この類の連ドラで “熱意” が感じられないのは致命的だと思うのだが。

その上、藤間社長の "鶴の一声" でどんでん返しか…

その上、予想通りに現場での実験はやってもやらなくても同じ結果になるわ、藤間社長の鶴の一声でどんでん返しするわ。これで、尚更ガッカリ感が増大してしまったし…

オジサンたちのアップと音楽で煽るのは減ってはいるが…

それにしても、第1~3話くらいの時は、飽き飽きしていた演出による「半沢直樹システム」から脱却を目指して、オジサン俳優の涙目で怒鳴るアップも少な目にしたり、音楽で強引に煽るのを減らしたりした工夫を褒めつつ観ていたのだが、第5話あたりから本当にそれだけになってしまった。

タレント俳優の過剰な演技と結果の箇条書きが目に余る…

特に酷いのが “ものづくり” の過程を端折って、結果だけを羅列する手抜きと言わざるを得ない脚本だ。それに、本業が俳優でないタレントの多用し過ぎ。これによって、余計に過剰な演技による結果の箇条書きが目に余るようにまでなってしまった。

とは言え、こんな状態でも、10%超えの視聴率を確保出来ているのだから(現時点で、第8話までのデータだが)、『日曜劇場』の看板が “強い” のか、お目当ての俳優を見たいファンの視線の方が “熱い” のか知らないが…

あとがき

ついに、脚本家が 3人体制になりましたね。それで余計に箇条書きが加速したのでしょうか。

さて次回が最終回かと思いきや、来週は最終話直前回で、その上に 15分間の拡大版。結果の箇条書きは諦めるとしても、せめて “ものづくりの魂” くらいは下手なタレントや客寄せ(に、なっているとは思えないが)の娘パートを排除して、まともな俳優さんたちの演技力で魅せて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 日曜劇場「下町ロケット」オリジナル・サウンドトラック ~ベストセレクション~
下町ロケット ゴースト


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12188/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下町ロケット-ヤタガラス- 第9話

的場(神田正輝)や奥沢(福澤朗)は、大規模な農業イベント・アグリジャパンで醜態を晒した無人農業ロボット・アルファ1の原因究明に奔走します。 しかし、自分たちの落ち度の可能性は認めず、野木(森崎博之)が開発した自動走行制御システムに問題があったと結論付けます。 そんな中、親友の野木から窮地の知らせを聞いた佃(阿部寛)は怒りに震え、財前(吉川晃司)にある提案をするのでした。 佃...

日曜劇場『下町ロケット-ヤタガラス-(2)』第9話

「最終章突入!帝国の隠ぺい工作を暴けるか無実の親友を救え!」 内容農協イベントで、帝国重工の無人大型トラクターは暴走し、転倒する。その様子を見た重田(古舘伊知郎)伊丹(尾上菊之助)たちは、歓喜の声。佃(阿部寛)野木(森崎博之)らは愕然とする中で、藤間(杉良太郎)は、的場(神田正輝)奥沢(福澤朗)を問い正すのだった。そんななか、的場たちは、野木のシステムの不具合のせいだと、訴訟も辞さ...

下町ロケット #09

『最終章突入!帝国の隠ぺい工作を暴けるか 無実の親友を救え!』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR