相棒 season17 (第6話・2018/11/21) 感想

相棒 season17

テレビ朝日系・『相棒 season17』公式
第6話『ブラックパールの女』の感想。



右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、弁護士の連城(松尾諭)の依頼で連続殺人事件の被告・小夜子(西田尚美)と面会する。連城の顧客の出版社を名誉毀損(きそん)で訴えた小夜子が、和解の条件として実績のある刑事との面会を希望したのだ。面会に行った右京らは、小夜子が1年前にシンガポール行きの機内で再生医療の研究者・谷岡(谷藤太)と話し込んだと聞き、興味を抱く。谷岡は少し前に、自宅の浴槽で溺死していたからだ。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

連城が「特命係」に依頼する形にしたら良かったのに…

●脚本:山本むつみ/演出:権野元(敬称略)

序盤で、弁護士の連城(松尾諭)が連続殺人事件の被告・小夜子(西田尚美)との面会を依頼する時に、「杉下右京」でなく「特命係」なら受けてくれる…と言わせたら、もっと『相棒』らしくなったのに、終わってみれば、いつもの『杉下右京の事件簿』に。まあ、ここ最近は、かなり冠城が個性を発揮した放送回が多かったから、そこがまず不満要素なのだが…

思わせぶりなラストにするなら、小夜子のキャラが弱過ぎる

それよりも不満と言うか勿体ないなと思ったのが、小夜子の設定。あのような “思わせぶりなラスト” を持って来るなら、もっと印象的なキャラクターにしなければ、視聴者は肩透かしを食らうだけ。映画『羊たちの沈黙』のレクター博士や、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』の猟奇殺人事件の犯人・日向真奈美のような猟奇的な雰囲気を作るとか。

連城の絡め方も中途半端なまま「…で、どうしたいの?」

その上、折角、連城を登場させたのに、出番は最初と最後だけ。やはり、もっと出番を増やさないと、今後、小夜子が本作に再登場する時に、取って付けたようになる可能性もあると思う。結局、何となく、どこかで見たような内容がずっと続いて、“思わせぶりなラスト” で終了。これでは、「…で、どうしたいの?」と、モヤモヤが晴れなかった…

あとがき

前回、前々回と割と面白かっただけに、今回はガッカリしちゃいました。西田尚美さんの無駄遣いと言うのも付け加えたいです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒 season16 ブルーレイ BOX (6枚組) [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12120/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒 Season17 「ブラックパールの女」

なんだか、二重構造の捻ったオハナシでしたね。それも、留置所にいながら、特命の右京(水谷豊)と亘(反町隆史)を操り、ある意味、パシリにつかっちゃうなんて… 連続殺人事件の被告・小夜子(西田尚美)、おそるべしシリーズ的に、まだまだ暗躍しそうなキャラですね。    (ストーリー)右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、弁護士の連城(松尾諭)の依頼で連続殺人事件の被告・小夜子(西田尚美)と面会する。連城の...

相棒17 テレ朝(11/21)#06

第6話 ブラックパールの女 あらすじある日、右京(水谷豊)は、弁護士の連城(松尾諭)から突然、奇妙な依頼を受ける。顧問弁護士を務めている出版社が、連続殺人事件の被告として拘禁中の遠峰小夜子(西田尚美)に、名誉毀損で訴えられているのだが、和解の条件として「有能な刑事と話がしたい」と不可解な要求をしてきたという。 小夜子は、真珠養殖詐欺を行い、返金を迫った被害者を自殺や事故に見せかけて...

「相棒 season 17」第6話

誰のためのブラックパール。 第6話『ブラックパールの女』ネタバレです。

相棒17 第6話

右京さん(水谷豊)たちの元に、弁護士・連城(松尾諭)から連絡が入って来ます。 連城が顧問弁護士を務める出版社が出した書籍が、連続殺人事件の被告・遠峯小夜子(西田尚美)から、名誉棄損に当たるとして民事訴訟を起こされたと言います。 出版社側が和解を申し入れたところ、彼女は「記事がでたらめであることを証明するために、有能な刑事と話がしたい」という条件を主張して来たらしい。 連城に...

相棒season17 第6話

『ブラックパールの女』内容弁護士の連城建彦(松尾諭)から、右京(水谷豊)に依頼がある。連続殺人犯として拘留中の遠峰小夜子(西田尚美)に関してだった。連城が顧問弁護士を務める出版社に対し、名誉毀損の民事訴訟を起こしたという。元々、情報源も定かでない記事の、真実性の立証は不可能。裁判になると不利になるため、和解に持ち込みたいと。すると小夜子は、“刑事と話がしたい”という条件を突きつけてきたと。そ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR