●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ハラスメントゲーム (第5話・2018/11/12) 感想

ハラスメントゲーム

テレ東系・テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマBiz『ハラスメントゲーム』公式
第5話『アルハラに隠れた不器用な恋 』の感想。
なお、原作 井上由美子「ハラスメントゲーム」(河出書房新社)は未読。



秋津(唐沢寿明)は広報担当取締役・水谷(佐野史郎)から突然、呼び出される。広報課の飲み会で若手のかすみ(岡本玲)が泣き出し、以来、出社していないという。かすみは、課長・結城(八嶋智人)主催の飲み会が定期的に行われ、出席を強要されるのが負担だと主張。いわゆる「アルコールハラスメント」だ。結城は親睦を図ろうとしただけとやりきれない表情を浮かべるが、秋津は別の目的があったとにらみ、本心を探る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:井上由美子「ハラスメントゲーム」(河出書房新社)
   江上剛人生に七味あり」(徳間文庫)
脚本:井上由美子(過去作/まっしろ、遺産争族、BG~身辺警護人~)
演出:西浦正記(過去作/名前をなくした女神、きんぴか) 第1,2,4
   関野宗紀(過去作/医師たちの恋愛事情、オトナ女子) 第3,5
   楢木野礼(過去作/SUMMER NUDE、独身貴族)
主題歌:コブクロ「風をみつめて」

これ迄の「ハラスメント対策の教科書」を巧みにオトナの恋物語へ

スーパーマーケットが絡んでいないエピソードなのが気になった位で、あとは “ほぼ完璧” な仕上がりだった。

特に良かったのは、これまでの第4話は飽くまでも「ハラスメント対策の教科書」的な内容だったのに、この第5話は、悪意の無い課長の恋心がアルコールハラスメントで部下の女性から訴えられると言う切ないオトナの恋物語風を盛り込んで来たこと。

解決するまでの過程も丁寧に描かれた上に、優しさや面白さを含めて描いて、最後には甘く切ないエンディング。これだけでも満足度が高いのに…

昭和の中年男の "熱い人情" の大岡裁きで痛快さと面白さ!

本筋のエピソードだけでも良く出来て面白いのに、本作がスゴイのは、自分も知らず知らずのうちにハラスメントをやってしまうような秋津が “昭和の中年男” らしく “熱い人情” で大岡裁きで、痛快さと面白さをしっかりと表現していること。

秋津「ハラスメントなんて ゲームのカードだと
   思ってるくらいで ちょうどいいんだよ」

今回も、お見事と言いたい。

あとがき

本当に完成度の高い連ドラに仕上がっていますね。レギュラー陣もゲストの俳優さんたちとの絡みも見応えがありますし。次回にも、大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ハラスメントゲーム
風をみつめて


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12086/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラマBiz『ハラスメントゲーム』第5話

「アルハラに隠れた不器用な恋」内容秋津(唐沢寿明)は、かつての部下で、常務になった脇田(髙嶋政宏)から、自分が左遷となった“理由”を知らされる。。。。ある日、真琴(広瀬アリス)矢澤(古川雄輝)と親睦会を開いていた秋津。そこに。。。。電話が。。。秋津達のコンプライアンス室にやって来たのは取締役の水谷逸郎(佐野史郎)担当する広報の社員が、飲み会で号泣し、それ以来出社していないという。その社員・関...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR