SUITS/スーツ (第5話・2018/11/5) 感想 ※追記あり

SUITS/スーツ

フジテレビ系・月9『SUITS/スーツ』公式
第5話『新章、スタート!』の感想。
なお、原作のアメリカのドラマシリーズ「SUITS」NBC Universal製作は、未見。



遊星(磯村勇斗)が逮捕されたとの知らせを受けた大輔(中島裕翔)は、甲斐(織田裕二)が契約しているハイヤーで向かう。しかし、道中、運転手の赤城(ブラザートム)が事故を起こしてしまう。赤城は誠意をもって対応するが、相手の運送会社の運転手・糸井(半海一晃)はなぜか示談交渉に応じず、訴訟に持ち込まれてしまう。以前、会社を経営していた糸井は特許を巡る問題で甲斐に敗れて全てを失い、甲斐を逆恨みしていたのだ。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:「SUITS」NBC Universal製作
脚本:池上純哉(過去作/相棒シリーズ、刑事ゆがみ2)
演出:土方政人(過去作/大貧乏、明日への約束) 第1,2,5
   石井祐介(過去作/SUMMER NUDE、探偵の探偵) 第3,4
音楽:眞鍋昭大(過去作/劇場版『コードブルー ―ドクターヘリ緊急救命―』)
主題歌:B'z「WOLF」(VERMILLION RECORDS)

全体的に "良い意味" で "安っぽく" なり、見易くなった

専属契約をする程のハイヤーの運転手が事故を起こすか? と言う素朴な疑問と、その事故相手のトラック運転手が、甲斐を知っている人と言う、如何にも騒動を起こすための騒動をでっち上げて始まった『SUITS/スーツ』の第5話。さて、前回まで全く評価していなかった本作だが、今回は何となくこれまでと雰囲気が違った。

まず、全体的に “良い意味” で “安っぽく” なった。実はこれまでずっと、米国ドラマを匂わせるようなスタジオセットや衣裳や喋り方など、『月9』には “そぐわぬ背伸び” が大変気になっていたのだ。だから、毎回、織田裕二さんと中島裕翔さんの普通の芝居を活かして、普通の日本のドラマに仕立て直せば “見易くなる” と思っていた…

奇策! 前半25分も使って、普通のドラマへ上手に格下げに成功

そして、新章を謳う前半の25分間 “も” 使って、普通の日本のドラマに上手に格下げして来た。そのために、番組冒頭で事件は発生しているのに、事件が動き出すのを25分過ぎまで引き延ばすと言う、1時間枠のドラマとしては “暴挙” であり “奇策” に出た。

本来なら完全にアウトの選択だが、前回の視聴率が遂に1ケタ台に突入したのだから、何らかのテコ入れ、いや奇策が必要との判断だろう。その意味では、私に対して…と、限定するが成功した。今回で離脱つもりだった私を次回も見ようとさせたのだから。事件解決までが後半の25分間に押し込まれてしまったのは残念だが、この選択は悪くないと思う。

埋もれてる大輔のキャラを再考したら、逆転のチャンスはあるかも?

事件自体も、第1話から比べるとだいぶ “陳腐” な内容になったし、明晰な頭脳と、一度見たものは決して忘れない驚異的な記憶力の持ち主の大輔の活躍が、ドライブレコーダーの解析にしか活用されないし、金貸しの違法行為を大輔が見逃したまま放置したのもどうかと思うし…引っ掛かるところは、新章になっても減ってはいない。

しかし、突っ込みながら見る “お気楽リーガルドラマ” にはなったように思う。あとは、甲斐と大輔のキャラの特徴をもっと盛り込むべき。内容で魅せられないならキャラの魅力でドラマの面白さを訴えるしかないのだから。その意味で、大輔のキャラは再考すべき。完全に他のキャラに埋もれてる。ここを解決したら、まだ逆転のチャンスはあるかも知れない…

あとがき

もっと甲斐と大輔のバディで活躍する場面を盛り込んだ方が良いと思います。倍速再生をせずに見ると、2人が別々に動いているように見える場面が多過ぎるので。そして、大輔のキャラを濃くする。この2点を頑張れば、そこそこ面白いドラマになると思います。

【追記 2018/11/6 12:43】
やはり、見易くなったせいでしょうか、視聴率が2ケタに回復しましたね。
SUITS/スーツ:織田裕二主演“月9”第5話は11.8%で二桁に回復 初回に次ぐ高視聴率 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「SUITS/スーツ」オリジナルサウンドトラック
SUITS(上) (扶桑社文庫)
SUITS/スーツ シーズン1 バリューパック [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12057/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SUITS/スーツ 第5話

大輔(中島裕翔)の元に、遊星(磯村勇斗)が傷害事件を起こして逮捕されたとの知らせが入ります。 大輔は甲斐(織田裕二)に、祖母・結衣(田島令子)が、怪我をしたとウソを付き、遊星の元へ向かおうとします。 甲斐の指示で、彼が個人で契約している車を使うことになった大輔は、運転手・赤城(ブラザートム)に事情を打ち明け、警察署へ向かいます。 ところが、その途中、赤城がトラックと追突事故...

SUITS/スーツ 「新章、スタート!」

あらま、いつの間にか、「新章、スタート!」だったのですね。ってことは、前回までは序章、もしくは、第一章だったのかな?『幸村・上杉法律事務所』で2018年上半期の決算報告会甲斐(織田裕二)は、扱った案件数こそ蟹江(小手伸也)に譲ったものの、売り上げはNO.1に大輔(中島裕翔)の元に悪友の遊星(磯村勇斗)が傷害事件を起こして逮捕されたとの知らせが入り、大輔は、祖母の結衣(田島令子)が転倒して怪我...

SUITS/スーツ 第5話

内容決算報告会が行われ、取扱件数は蟹江(小出伸也)が。売り上げでは甲斐(織田裕二)がトップを取り、チカがそれぞれに商品を。その直後、大輔(中島裕翔)に、ある連絡が入る。大輔は、祖母が怪我をしたと伝え、事務所をあとにする。向かったのは祖母の元ではなく、警察署。甲斐の個人的な車の運転手の赤城達男(ブラザートム)に事情を伝え、急ぎ向かうのだが。途中、赤城がトラックにぶつかり、事故を起こしてしまう。...

SUITS/スーツ 第5話

SUITS/スーツの第5話を見ました。 『幸村・上杉法律事務所』で2018年上半期の決算報告会が行われ、甲斐は扱った案件数こそ蟹江に譲ったものの、売り上げはNO.1となり、チカは2人にある賞品を手渡す。 そんな折、大輔の元に悪友の遊星が傷害事件を起こして逮捕されたとの知らせが入り、祖母が転倒して怪我をしたと嘘をつき、遊星の元へと向かおうとすると甲斐は自身が個人で契約している車...

SUITS/スーツ #05

『新章、スタート!』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR