ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


-

昭和元禄落語心中(第4話・2018/11/2) 感想

昭和元禄落語心中

NHK総合・ドラマ10『昭和元禄落語心中』公式
第4話(全10回)『破門』の感想。
なお、原作の雲田はるこ「昭和元禄落語心中」(講談社)は、未読。アニメ版も未見。


端正で上品な芸の菊比古(岡田将生)と豪快で柔軟な芸の助六(山崎育三郎)は若手落語家として並び立つ存在になった。菊比古は酒で身を持ち崩した先輩落語家・彦兵衛(柳家喬太郎)から人間の業に満ちた演目「死神」を教わり、真打ち昇進に挑むことに。だが、七代目八雲(平田満)はじめ師匠達に「真打ちになりたければみよ吉(大政絢)とは別れろ」と迫られる。思い悩む菊比古だが、祭りの夜、助六とみよ吉が抱き合う姿を目撃し…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:雲田はるこ「昭和元禄落語心中」(講談社)
脚本:羽原大介(過去作/マッサン、黒革の手帖2017)
演出:タナダユキ(過去作/怪奇大作戦 ミステリー・ファイル 第3話) 第1,2
   清弘誠(過去作/塀の中の中学校) 4
   小林達夫(過去作/幕末グルメ ブシメシ! 2) 第3
音楽:村松崇継(過去作/連続テレビ小説『だんだん』)
主題歌:ゆず「マボロシ」

次回が楽しみでしょうがない!

簡単感想で。

演出家が三人目に交代したが、雰囲気は前回に近い感じで、脚本は台詞にリズムがあって展開が速く、映像も細かなカット割りなどが工夫されて、更にパワーアップし、面白さが倍増した。また、ドラマとしては、これで物語が未来と繋がって来て楽しくなった。次回が楽しみでしょうがない。

あとがき

本作こそ、脚本、演出、俳優の三位一体の妙ですね。素晴らしい作品です。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
昭和元禄落語心中(1) (KCx)
昭和元禄落語心中 -助六再び篇- DVD BOX(期間限定版)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12049/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

「昭和元禄落語心中」第4回

ふたりの道が分かれる時。 第4回『破門』ネタバレです。
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: