ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

SUITS/スーツ (第3話・2018/10/22) 感想

SUITS/スーツ

フジテレビ系・月9『SUITS/スーツ』公式
第3話『追放!裏切り社長』の感想。
なお、原作のアメリカのドラマシリーズ「SUITS」NBC Universal製作は、未見。



甲斐(織田裕二)の顧客の老舗時計メーカーの社長が急死。駆け付けた甲斐は、次期社長の椅子を狙う取締役の安樂(久松信美)が葬式も待たずに工場の海外移転話を進めていることを知る。海外移転は、職人の手作りを売りにする会社にとって命取りになりかねない。甲斐は安樂の社長就任を阻止するため奔走する。一方の大輔(中島裕翔)は、事務所の弁護士・蟹江(小手伸也)に命じられ、ゲーム会社社長・藤ヶ谷(柳俊太郎)に接近する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:「SUITS」NBC Universal製作
脚本:池上純哉(過去作/相棒シリーズ、刑事ゆがみ2)
演出:土方政人(過去作/大貧乏、明日への約束) 第1,2
   石井祐介(過去作/SUMMER NUDE、探偵の探偵) 3
音楽:眞鍋昭大(過去作/劇場版『コードブルー ―ドクターヘリ緊急救命―』)
主題歌:B'z「WOLF」(VERMILLION RECORDS)

第3話で "負のパターン化" か? 俳優でなく内容で魅せて欲しい!

一般的なドラマファンなら、序盤で古株の工場長・岡林達樹役に「きたろう」さんが配役されたのを見れば、大よその展開は読める訳で…。この辺は、全く前回と同じ構成。

そして、どう見ても「難解は案件」とは思えないことを、次々と俳優の見せ場を作っては引き延ばしたり、日本の企業文化に馴染まない米国仕様の小ネタを挟んだりして、何とか終了時間へ到達と言うのんびりとした流れも、前回までと一緒。

結局、俳優で見( “魅” の漢字を使うまでには行っていない)せてる感じだろうか。個人的には、内容で、難解な訴訟で、登場人物の魅力で、ドラマを魅せて欲しい。

あとがき

「痛快」を謳い文句にするなら、テンポアップやスピード感が必要だと思います。それにしても、意外に高視聴率ですが、世間の評価は「6:4」位で好意的な人が多い印象。これって、「出演者のファンが楽しむドラマ」として成功しているってことでしょうか。

でも、先週から妙に番宣が増えていますから、フジテレビも危惧を抱いている可能性はありますね。テコ入れした方が良いと思います。この配役が勿体ないので…。だって、少なくとも中島裕翔さんは、同じフジテレビの連ドラ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』での一ノ瀬歩 役の方が魅力的でしたから。とは言っても、面白くなりそうな気配はするので、次週に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「SUITS/スーツ」オリジナルサウンドトラック
SUITS/スーツ シーズン1 バリューパック [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12004/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

SUITS/スーツ 第3話

甲斐(織田裕二)は、社長が死去した老舗時計メーカー・KAMIYAを訪れます。 同社では、社長の娘・静佳(東風万智子)と取締役・安楽(久松信美)が葬儀を巡ってもめていて、臨終に立ち会ったという古株の工場長・岡林(きたろう)も不機嫌な様子を見せていました。 その頃、大輔(中島裕翔)は、総合格闘技の道場で蟹江(小手伸也)のスパークリングの相手を務めていました。 そこに、世界的なゲ...

SUITS/スーツ 第3話

SUITS/スーツの第3話を見ました。 甲斐は一緒にクライアントの元へ行きたがる大輔に必要ないと言い放つ。 「じゃ僕は何をすれば?」 「自分で考えろ。弁護士は個人事業主だ」 「いや、そうですけど…」 「この世界じゃクライアントを持たない弁護士なんて人ととして認められない」 甲斐に同行することはおろか、会議への参加も認めてもらえない大輔はパラリーガルの真琴に仕事が欲しい...

SUITS/スーツ #03

『追放!裏切り社長』

SUITS/スーツ 第3話

内容クライアントのもとへ行く甲斐(織田裕二)に、同行を訴える大輔(中島裕翔)しかし拒否されてしまう。仕事が欲しいと真琴(新木優子)に相談していたところ、蟹江(小出伸也)が声をかけてくる。そのころ甲斐は、クライアントの老舗時計メーカー“KAMIYA”にいた。社長・加宮忠が亡くなり、葬儀を巡って、娘・加宮静佳(東風万智子)と取締役の安樂(久松信美)がもめていたのだ。近くに居た工場長の岡林(きたろ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: