下町ロケット(2018年版) (第2話/25分拡大スペシャル・2018/10/21) 感想

下町ロケット(2018年版)

TBSテレビ系・日曜劇場『下町ロケット(2018年版)』公式
第2話/25分拡大スペシャル『5億円をかけた戦早くも大ピンチ!愛とプライドをかけろ!!』の感想。
なお、原作の 池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館)は未読。


佃(阿部寛)は「帝国重工」の水原(木下ほうか)の要請で、ロケットの新型エンジンに適応するバルブシステムの製造に着手。一方、佃達とトラクター向けトランスミッション開発を進める伊丹(尾上菊之助)と島津(イモトアヤコ)の会社「ギアゴースト」が特許侵害を指摘される。相手側の顧問弁護士は、かつて佃達と敵対した中川(池畑慎之介)だった。佃は弁護士・神谷(恵俊彰)に相談。すると、意外な提案をされる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館)
脚本:丑尾健太郎(過去作/小さな巨人、ブラックペアン)
演出:福澤克雄(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン) 第1,2
   田中健太(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン)

今週も進んだ「半沢直樹スタイル」からの脱却

やはり、前回の感想で書いた通り、これまでの「半沢直樹スタイル」をやったら飽きられると言う危機感があるのだろう。

今回も「新・下町ロケットスタイル」の演出を模索するかのように、オジサン俳優たちの “どアップ” の連打や涙目の押し売りは少な目になり、劇伴で強引に盛り上げる作戦もかなり抑えられていた。

台詞は多いが、映像で魅せようと言う工夫はある

その分、ほぼ全編が台詞だらけの「脚本の読み合わせの映像化」になってしまったのは残念だが、クドい演出で無理矢理に内容を押し付けられるより、台詞で物語を進行して、それなりの映像で物語を描く方がマシだ。

前半20分間の "超詰め込み過ぎ" には閉口した

ただ、困ったこともある。とにかく詰め込み過ぎなのだ。深夜に仕事から帰って来て気楽な気持ちでお酒でも飲みながら(録画を)楽しもうと思ったのに、もはや前作の回想なのか、前回の続きなのか、そんなの分からなくなる位にあれこれ詰め込んで。特に、序盤の約20分はやり過ぎと言わざるを得ない。

思い出せば、前作では、2つの部品のエピソードを前後編に分けて放送した。だから、エンジンバルブと人工心臓弁の話が記憶に残ったと思う。しかし、今回はエンジンバルブとトランスミッションが同時進行の上に、企業買収まで描いている。流石に詰め込み過ぎだと思う。

脚本の丑尾健太郎氏、どちらか1つにしていただけませんか?

51分過ぎ、奇しくも軽部が社長にこんな進言をする。

軽部「社長 どちらか 一つにしていただけませんか」
社長「えっ?」
軽部「ロケットなのか トランスミッションなのか」

ここを脚本家が精査するだけで良いと思う。基本的に「ものづくりのドラマ」をしては面白いのだから。

あとがき

企業と企業、社員と社員、組織と組織…と言う同レベルの対立構造を描いているのが本作なのに、どうして佃利菜(土屋太鳳)の部分だけ「企業と個人」になっちゃうの? もちろん、土屋太鳳さんの出番を強引に作るからですが、明らかに物語がそこだけねじ曲がっています。ここは早急に改善すべきです。

でないと、土屋太鳳さんが画面に出る度に、ドラマに急ブレーキが掛り続けるのと同じですから。と言う以前に、このドラマに利菜って必要かなぁって思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
下町ロケット ゴースト


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11999/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下町ロケット-ゴースト- 第2話

佃製作所がコンペで勝利した伊丹(尾上菊之助)のギアゴーストが、ケーマシナリーから特許侵害の指摘を受けます。 特許侵害を指摘したケーマシナリーに話を持ち掛けたのは、佃(阿部寛)と因縁がある弁護士・中川(池畑慎之介)でした。 佃は自社の顧問弁護士・神谷(恵俊彰)に相談しますが、予想外の返答をされてしまいます。 その後、佃製作所はギアゴーストに全面協力することを決めますが、度重な...

下町ロケット「15億円をかけた戦早くも大ピンチ!愛とプライドをかけろ!!」

特許侵害による難題。しかし、知恵と努力で、それを突破。今回もまた、キーマンというか、キーウーマンになったのは、島津(イモトアヤコ)の情報と、彼女の差し出した名刺、でしたね。木下ほうかと、ピーター、小憎らしい役を好演。佃(阿部寛)も熱演、あんど熱弁ピンチと、その突破、また、ピンチ、そして… 限りなくパターンだけど、ワイワイとした痛快がお約束で、面白かったのでした。    (ストーリー)佃(阿部...

日曜劇場『下町ロケット-ゴースト-(2)』第2話

「15億円をかけた戦早くも大ピンチ!愛とプライドをかけろ!!」内容トラクターのトランスミッションのバルブ開発を決定した佃(阿部寛)軽部(徳重聡)立花(竹内涼真)アキ(朝倉あき)に命じて開発を急がせる。軽部と立花の対立はあったものの、立花は軽部の意図を理解。ようやく、開発に成功する。そして“ギアゴースト”社のコンペに挑み、担当する島津(イモトアヤコ)副社長の高評価を得たうえで最大手“大森バルブ...

下町ロケット #02

『15億円をかけた戦 早くも大ピンチ!愛とプライドをかけろ!!』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR