半分、青い。 (第150回・9/22) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第25週『君といたい!』の 『第150回』の感想。


 ネタバレサイトや脚本家等のSNSで知り得た内容を書いたコメントは無視します。
 本作は、2018/8/17 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


ついに鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)はそよ風ファンを完成させるが、資金が足りずに量産することができない。すると津曲(有田哲平)が、投資家たちを集めたお披露目会を開催しようと提案。恵子(小西真奈美)のアドバイスで、スパロウリズムが入っているシェアオフィスで行うことが決まり、扇風機の魅力を伝える動画を上映することになる。鈴愛は、その動画を涼次(間宮祥太朗)に撮影してもらってはどうかと言い出す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

こんなんじゃ、感想を書く気も起こらない!

別に「簡単感想」にするつもりは一切なかったのだが、あまりにもご都合主義でつまらないから、書く気が起こらない。従って、結果的に殴り書きのような簡単感想になってしまった…(謝)

この脚本家は、どこまであざとく浅はかなのか?

残り1週間の土曜日が、突然、鈴愛を “悲劇のヒロイン” に仕立てるなんて、「北川悦吏子」と言う脚本家は、どこまであざとく、浅はかなのか。もう、この一言に尽きる。

24週間を無視して、最後の2週間を「最終回仕様」に改変?

鈴愛と律の今回の言動の全てが、ほぼこれまでの描写と繋がらず、「最終回仕様」に改変されるなんて、25週間毎朝見続けて来た視聴者を馬鹿にするなと言いたい。

「七転び八起き」と「人の褌で相撲を取り三昧」は違う!

劇中で鈴愛が「転んでもただで起きない」と言っていた。公式サイトの番組紹介にも「七転び八起き」の言葉がある。しかし、実際に描かれたヒロインは “努力に無縁” で、失敗して困れば “依存と寄生を繰り返し” ただけ。

こう言うのは、「人の褌(ふんどし)で相撲を取る」と例えることを北川氏は知らないのか。鈴愛の「そよ風の扇風機の発明」なんて、律の思考と津曲の人脈の上にしか成立しない。

鈴愛よ。「母のために…」は、どこ行った?

これね。まだ、鈴愛が「母のためにお願い!」と、律と津曲と涼次ら男3人のケツを叩いた方が、よっぽど「七転び八起き」じゃないの? 病気の母を安心させるために背に腹は代えられぬって感じで。もちろん、鈴愛はそんな人間じゃないが、どうせ改変するなら、何でもアリだから。

それなのに、律には添い寝とキスの色仕掛け、津曲には倒産と盗難の件で恩着せがましく迫り、恵子のパンとアイデアはそのまま頂いて、足元を見られてる涼次はただ働きさせるだけ。涼次に才能があっただの、自分も漫画家の端くれだの言っていたが、何処から見ても「疫病神」じゃないの!

"色仕掛け" と "恩知らず" が、"被害者と発明家面"か…

なのに、劇中の鈴愛は “悲劇のヒロイン” をヤル気満々だ。しかし、少なくとも私には “色仕掛け” と “恩知らず” にしか見えていない。そうだから、“被害者面” や “発明家面” されると、それだけでムカッとする。

あとがき

脚本家がどう言う意図で書き、演出家が映像化しても、毎日観ている視聴者には、あなたたちの期待通りになんて見えていませんから…ってことです。もう、皆さんはお分かりでしょうが、朝ドラに限らず、ドラマの脚本で大切なのは「優れた全体の構成」と「魅力ある主人公の設定」であることが、本作で明らかになりましたね。

最後に。前回の感想に 123回もの Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。震災をプレゼンの山場と土曜日のラストにタイミングに合わせるとは、ご都合主義を超越して、不愉快でした。また、人の命を粗末に扱って、神は「神回」と悦に入るのですね。悪趣味も甚だしい…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

北川悦吏子氏が脚本を手掛けた、社会現象を巻き起こした名作ドラマ『ロング バケーション』が、ついに Blu-rayでリリースされます! 高校生の広末涼子さんも出演していました。今作こそ、全11話が「神回」です。名作は名作として認めますので、ポチッとしました。



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】ロング バケーション Blu-ray BOX (メーカー特典付き)
秋風羽織の教え 人生は半分、青い。
連続テレビ小説「半分、青い。」スピンオフ漫画 「半分、青っぽい。」


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11892/

【これまでの感想】

神予告! 明日7月11日(水)の「半分、青い。」第87回は「DMK(どうしても見てね回)」
北川悦吏子氏 今度は“仕事放棄”を「ドリブ指示」と特異な持論展開
「半分、青い。」に最後の望みか? くりぃむ有田と小西真奈美ら投入
『半分、青い。』また"神"ご乱心!? 放送後にネットの賛否へ自ら解説
『半分、青い。』"神"ご乱心中! "短絡的箇条書き"を"人生の一コマ"と言い訳
"神"錯乱?『半分、青い。』"連ドラ"なのに"一週間つながっている"と予告
『ぎぼむす』で真の神回!『半分、青い。』の"神"は神週なのに沈黙…
悲報『半分、青い。』撮影終了で改善見込み薄し 勝田Pネタバレも(困)
『半分、青い。』まだ神回宣言するか(呆) ついに提灯記事もスルー?

第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』
61 62 63 64 65 66
第12週『結婚したい!』
67 68 69 70 71 72
第13週『仕事が欲しい!』
73 74 75 76 77 78
第14週『羽ばたきたい!』
79 80 81 82 83 84
第15週『すがりたい!』
85 86 87 88 89 90
第16週『抱きしめたい!』
91 92 93 94 95 96
第17週『支えたい!』
97 98 99 100 101 102
第18週『帰りたい!』
103 104 105 106 107 108
第19週『泣きたい!』
109 110 110 111 112 113 114
第20週『始めたい!』
115 116 117 118 119 120
第21週『生きたい!』
121 122 123 124 125 126
第22週『何とかしたい!』
127 128 129 130 131 132
第23週『信じたい!』
133 134 135 136 137 138
第24週『風を知りたい!』
139 140 141 142 143 144
第25週『君といたい!』
145 146 147 148 149

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説『半分、青い。』第150回

内容扇風機を完成させた律(佐藤健)津曲(有田哲平)といろいろあったものの、逆に人脈のある津曲の協力を得ることに。そして鈴愛(永野芽郁)は、涼次(間宮祥太朗)にも。。。。。敬称略とりあげる必要が無いのに、取り上げるんだね(失笑)辞めとけば良いだろうに。そんなもの、放送終了後の“時間”に起きたコトにしておけば。。。。

【半分、青い。】第150回(第25週土曜日) 感想

…恵子(小西真奈美)のアドバイスで、スパロウリズムが入っているシェアオフィスで行うことが決まり、扇風機の魅力を伝える動画を上映することになる。…

お披露目会>『半分、青い。』第150話

​​​​​​​​​​​​​​​涼ちゃん​再登場以前のフワフワして、甘えた感じ、子供っぽい感じ…が薄れて男っぽい感じ、ちょっと暗いけど、大人っぽい感じ…が滲み出ていて外見...

お披露目会>『半分、青い。』第150話

​​​​​​​​​​​​​​​涼ちゃん​再登場 以前のフワフワして、甘えた感じ、子供っぽい感じ …が薄れて 男っぽい感じ、ちょっと暗いけど、大人っぽい感じ …が滲み出ていて 外見的には変わらないし、老けメイクもしていないけど 苦悩も苦労もある日々をちゃんと生きて来た様子になっていて そこは感心したし好感度も増した つまりは役者力ちゅーヤツですね 脚本には...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR