義母と娘のブルース (第10話/最終回・2018/9/18) 感想

義母と娘のブルース

TBS系・火曜ドラマ『義母と娘のブルース』公式
第10話/最終回『完結?さらば義母!!愛が起こす奇跡の果て私は娘を愛してます』の感想。
なお、原作:桜沢鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社)は未読。


麦田(佐藤健)が亜希子(綾瀬はるか)へ思いを告白。同じ頃、亜希子は良一(竹野内豊)の元上司・笠原(浅野和之)から連絡を受けていた。やがて迎えたみゆき(上白石萌歌)の大学受験の日。第1志望の大学を受けるみゆきを送った後、亜希子は笠原と接触する。笠原は、亜希子に引き抜きの話を持ち掛けてきた。それは願ってもない話だったが、勤務地は大阪。みゆきと離れたくない亜希子は申し出を断るが、直後、過労で倒れてしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:桜沢鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社)
脚本:森下佳子(過去作/ごちそうさん、天皇の料理番)
演出:平川雄一朗(過去作/とんび、天皇の料理番) 第1,2,3,5,6,8,9,最終
   中前勇児(過去作/天皇の料理番、銀と金) 第4,7,9
音楽:高見優(過去作/仰げば尊し、BG~身辺警護人~)
主題歌:MISIA 「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」 (アリオラジャパン)

「レシピ1 愛を知ること」で幕開けした秀逸な最終回

冒頭、麦田の父から送られて来たレシピノートに書かれていた「レシピ1 愛を知ること」が、まるで最終回のテーマ宣言のような良き雰囲気で始まった最終回。「いつもお別ればかりのブルース」なんて台詞にもグッと来たし、亜希子の白髪にも泣いた。そして、ちょっと幼いみゆきが亜希子を思って言った、この台詞も良かった。

みゆき「人生なんて いつ終わるか分かんないじゃんって言ってんの。
    お母さんだって 年を取るし いつかは死ぬときが来るんだよ。
    これから時間はどんどん短くなるんだよ。
    だったら やりたこと やってほしいって思うじゃん。
    これ以上 私のためにばっか 時間使わないでって思うじゃん。
    私 もう お母さんから時間取り上げたくないんだよ」

誰もが分かっていることだが、意外と親には素直に言えない言葉だ。それを、(敢えて言う)高校生の割にチョイ幼稚なみゆきだから亜希子に言えた。この辺は如何にもドラマと言う感じだが、連ドラの最終回なんて、どうしてもご都合主義でまとめざるを得ない訳で…

その意味では、森下佳子氏の脚本は、『JIN-仁-』もそうだったように、いつも最終回で裏切られると言うか、最終回がそれまでの雰囲気に頼り過ぎてテーマがぼやけるから、驚かないが。

"全落ち" 用の漫画や "あの家" を手放す設定は気になる…

ただ、気になる点も多々あった。「みゆき宛て」の封筒を亜希子が開けたり、「お互いに思いやるから直接言えない」を理由で、親が払った受験費用の大学受験の解答欄にマンガ描いたり。

今どきの一般私大の受験料の平均は約3.5万円。本命が受かって以降に複数校を受けていたが、経済学部志望で経済観念がないのもどうかと。まあ、だから大学で勉強しようって思うのもあると思うが。いや、これまでのみゆきが親の亜希子に失礼なことをするかなって。

それに良一との思い出が詰まった “あの家” は手放す設定でなくリロケーションして、みゆきと亜希子の生活状況が変わったら、戻って来られる方が良かったような。

とにかくの大団円で終わった本作 お見事!

でも、終盤で。亜希子をクビにした麦田の気遣いにも泣けたし、おでこにキスも笑えた。そして、佐藤健さんの名演技もサイコーだった。また、最後の名刺の渡し方を、みゆきと亜希子で合わせた演出も良かった。とにかくの大団円で終わった本作。続編やスペシャルも視野に入れたエンディングにも好感が持てた。お見事!

あとがき

これだけの高視聴率ですから、CMが多いのはしょうがないですが、もう少し少なければブツ切れ感が薄まったかも知れませんね。その意味では、早速ポチッとした Blu-ray BOX で再確認しようと思います。ラストの切符での “小さな奇跡” も面白かったです。続編よりスペシャルで、亜希子や麦田のその後を見たいです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む





★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】義母と娘のブルース Blu-ray BOX(ポストカード3枚セット付)
【早期購入特典あり】義母と娘のブルース DVD-BOX(ポストカード3枚セット付)
TBS系 火曜ドラマ「義母と娘のブルース」オリジナル・サウンドトラック
義母と娘のブルース コミック 全2巻セット


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11881/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

火曜ドラマ『義母と娘のブルース』第10話(最終回)

内容みゆき(上白石萌歌)に背中を押された章(佐藤健)は、思い切って亜希子(綾瀬はるか)にプロポーズしたが。。。。。玉砕する。みゆきは、少なからず後悔してしまう。2人の関係はギクシャク。ナントカしたいと思うみゆきだったが、受験が迫り、それどころでは無かった。そして受験の日。心配しながらも、みゆきを送り出した亜希子は、亡き夫の上司・笠原(浅野和之)に、会いに行くことに。が。。。。敬称略脚本は、森...

義母と娘のブルース #10 最終回

『完結~さらば義母!!愛が起こす奇跡の果て 私は娘を愛してます』

義母と娘のブルース 最終話

心配して、麦田ベーカリーの前で待っていた、みゆき(上白石萌歌)と大樹(井之脇海)の前に、麦田(佐藤健)が戻って来ます。 告白は成功かと思いきや・・・ そして、みゆきの第一志望の受験当日、亜希子(綾瀬はるか)も見送りに来て、受験票などのチェックを行っていました。 みゆきを見送った後、連絡をくれていた良一(竹野内豊)の上司だった笠原(浅野和之)と喫茶店で待ち合わせをして・・・ ...

義母と娘のブルース 第10話

義母と娘のブルースの第10話を見ました。 麦田は亜希子に告白するも、良一のことを思い出してしまうとフラれてしまう。 このことで亜希子と麦田はお互いに遠慮し合ってズケズケ言い合えなくなってしまう。 そんな中、みゆきは第一希望の大学受験の日を迎えるのだが、亜希子が倒れたと麦田から聞いたみゆきは病院へ急ぐ。 いつも嘘を吐かれていたみゆきは病院の先生からの説明でようやく過労であっ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR