●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

半分、青い。 (第134回・9/4) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第23週『信じたい!』の 『第134回』の感想。


 ネタバレサイトや脚本家等のSNSで知り得た内容を書いたコメントは無視します。
 本作は、2018/8/17 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


鈴愛(永野芽郁)が花野(山崎莉里那)を連れ、引っ越したばかりの律(佐藤健)の家にやってきた。先に来ていた正人(中村倫也)も加わり、鈴愛と律は2年ぶりに話し合う。鈴愛は、津曲(有田哲平)の会社「ヒットエンドラン」に就職して間もなく同社が倒産したことを告白。なぜ今の身の上になったのかを語る。律の身辺にもまた、渡米後に大きな変化が起きていた。久々の再会で話の尽きない中、ふとしたことから花野が…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

冷えてないジョッキに温めの缶ビールを注いで売ってるの?

昼間から屋台で五平餅をつまみにビールなんて悪くないとは思うが、自家発電機も動いていない様子の屋台で、冷えているようには見えなったガラスのビールジョッキに、500ml缶でも横に寝かせて数本しか入らないようなクーラーボックスの中の缶ビールを注いで、更にジョッキの持ち手と底を持って温めて提供する商魂に呆れたしまった前回。

「鈴愛・疫病神説」について、ガッツリ書いてみる

そして、前回は律が「風の谷」に引っ越して来た時系列の奇妙さが気になってしまって、書けなかったことを今回の感想に進む前に書いておきたい。それは、前回でも触れた「鈴愛・疫病神説」についてだ。当blogの常連さんならば、私の「鈴愛・疫病神説」の根拠を提示する必要はないと思うが、経緯を書かずとも前回だけで証明出来る。

前回の終盤での描写から、正人は律にドッキリを仕掛けた訳だから、以前に正人と鈴愛は再会済みとなる。これは想像の域だが、正人が偶然に「風の谷」の近くの川辺で鈴愛の屋台を見つけ、律の引越し先を「風の谷」にした可能性は高い。だって、正人はそんなことを平気で出来る男だから。

だとするとだ。まず、鈴愛と再会して正人に「疫病神」の “呪い” がくっつく。そして、律とずっと連絡を取っていた律に電話やメールを通じて “呪い” が伝わって、律は離婚し、ロボットの仕事も没。上京早々に「疫病神」から直接ビールを浴びせられて “呪い” は健在だ。

正人は保身のため、親友の律を疫病神の "生け贄" に!?

で、この流れで恐ろしいのは、正人に恋人がいて幸せ状態にあることだ。これ、正人が鈴愛が疫病神なのを知っていて別れて行ったのだから、何年振りかの再会で自身が “呪い” を受け取ってしまったのは分かるから、その “呪い” を律へ… そう、律を “身代わり” に “生け贄” に「神」に差し出した可能性があることだ。

もはや、前回の15分だけで、話の展開が滅茶苦茶で、ヒロインが「疫病神」で脇役たちが次々と呪われると言う、ホラー展開になっていたのだ。提灯記事に「最終回まで何が起こるか分からない」とあったが、まさか片耳失聴から漫画家物語を経由して、カフェから屋台、そしてホラーになるとは、「神」は算数で計算済みだったのか…

正人が「疫病神」よりタチの悪い「下衆男」にしか見えない

さて、やっと今回の感想に進もう。もう前述の正人が我が身を守るために律を「疫病神」に捧げたくだりを知ってしまうと、アバンタイトルでの正人のこの台詞↓に、益々信憑性が出ては来ないか。

正人「お~ 鈴愛ちゃん きれい。
   そりゃ そうだよね。久し振りに会った幼馴染に
   あんなふうに言われたら頑張るよね」

もはや、正人が「疫病神」より質(たち)の悪い「下衆男」にしか見えないのだが。それにしても、アバンから面白くなりそうな雰囲気ゼロなのが本当にすごい。

美魔女の鈴愛が、マレフィセント(眠れる森の美女のヴィラン)に見える!

主題歌明け。鈴愛の見た目が、アンジェリーナ・ジョリーが主演した映画『マレフィセント』の主人公に見えてしょうがない。因みに、ご存じでない方のために、Wikipediaをもとに映画『マレフィセント』の主人公の人物像(原作は違う)を書いてみる。

かつては心優しく、強い力と翼を持つ妖精で、妖精の国を守っていた女王。しかし、幼い頃に知り合い恋に落ちたステファンの裏切りによって翼を奪われ、冷たい心を持つようになり、王位に着いたステファンの産まれたばかりのオーロラ姫に呪いをかける。

ネタバレになるから、この先は書かないが。「翼を持つ妖精=スズメ」や「幼馴染と恋に落ち裏切られる」とか類似点は多いと思わないか。



名曲の無駄遣い

話を本作へ戻そう。しかし「疫病神」でない方の「神」と呼ばれる脚本家の “呪い” 、いや “影響力” は流石に凄い。あんな場面で小田和正さんの楽曲を使用を許諾させてしまうのだから。それとも所属事務所とレコード会社が呪いを恐れて許諾したとか。まあいい。名曲の無駄遣いとだけ書いておく。それとギタリストの佐橋佳幸さんを馬鹿にしたくだりにムカッ!

最後は疫病神二世の呪いで、律がケガをするホラーで終了

それにしても、月曜日に合わせて勝手に2年間も時間経過して、その2年間の出来事を火曜日に鈴愛が台詞で説明するなんて、言葉は悪いが「クズ」な脚本だ。因みに私にとってのクズな脚本は、「台詞での説明が多い」のと「無駄に回想シーンが多い」のと「やたらと時間軸を行き来する」ものを言う。まっ、本作ってことだ。

そして、ラストは「疫病神二世」の “呪い” を受けた律が花野を助けるために、身を挺して怪我をするホラー展開で終了。そう言えば、仙吉じいさんが亡くなった時に傍にいたのは…。怖すぎる…

あとがき

相変わらず鈴愛は人と話す時に腕組みはするし、肘をテーブルにつけるし、全く晴の躾がなっていない。だから、娘もがさつのまま。しかし、気になったのは鈴愛の土下座。土下座する性格ではない。前回で律にビールをぶちまけても「ごめん」で済ませた女だから。

それに、鈴愛がいつから東京にいるのかも気になる。学校へ下見に行った直後として、いつ倒産したのか、いつ起業したのかも分からない。でも、一番分からないのは、倒産直後に商品開発をする資金をどこから捻出したのかってこと。まさか仙吉の生命保険とか親の財産を切り崩させてとか、映画監督の涼次にたかったとか…

これ、鈴愛に人生を滅茶苦茶にされた翼君が、呪いの仕返しに花野と結婚をして疫病神一家に復讐を果たすホラー展開にして、最終回は大人になった翼が真夜中の「つくし食堂」の調理場で一人静かに包丁を研ぐなんて展開なら「神最終回」になるかも知れません…

最後に。前回の感想に 130回もの Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。鈴愛が喋ると謎が増えて来て、残りが少なくなればなるほどに訳が分からなくなるのだけは、どうにかして欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

北川悦吏子氏が脚本を手掛けた、社会現象を巻き起こした名作ドラマ『ロング バケーション』が、ついに Blu-rayでリリースされます! 高校生の広末涼子さんも出演していました。今作こそ、全11話が「神回」です。名作は名作として認めますので、ポチッとしました。



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】ロング バケーション Blu-ray BOX (メーカー特典付き)
秋風羽織の教え 人生は半分、青い。
連続テレビ小説「半分、青い。」スピンオフ漫画 「半分、青っぽい。」


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11817/

【これまでの感想】

神予告! 明日7月11日(水)の「半分、青い。」第87回は「DMK(どうしても見てね回)」
北川悦吏子氏 今度は“仕事放棄”を「ドリブ指示」と特異な持論展開
「半分、青い。」に最後の望みか? くりぃむ有田と小西真奈美ら投入
『半分、青い。』また"神"ご乱心!? 放送後にネットの賛否へ自ら解説
『半分、青い。』"神"ご乱心中! "短絡的箇条書き"を"人生の一コマ"と言い訳
"神"錯乱?『半分、青い。』"連ドラ"なのに"一週間つながっている"と予告
『ぎぼむす』で真の神回!『半分、青い。』の"神"は神週なのに沈黙…
悲報『半分、青い。』撮影終了で改善見込み薄し 勝田Pネタバレも(困)
『半分、青い。』まだ神回宣言するか(呆) ついに提灯記事もスルー?

第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』
61 62 63 64 65 66
第12週『結婚したい!』
67 68 69 70 71 72
第13週『仕事が欲しい!』
73 74 75 76 77 78
第14週『羽ばたきたい!』
79 80 81 82 83 84
第15週『すがりたい!』
85 86 87 88 89 90
第16週『抱きしめたい!』
91 92 93 94 95 96
第17週『支えたい!』
97 98 99 100 101 102
第18週『帰りたい!』
103 104 105 106 107 108
第19週『泣きたい!』
109 110 110 111 112 113 114
第20週『始めたい!』
115 116 117 118 119 120
第21週『生きたい!』
121 122 123 124 125 126
第22週『何とかしたい!』
127 128 129 130 131 132
第23週『信じたい!』
133

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まー君>『半分、青い。』第134話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​チュクチューン♪ …と言われても よく分からないのだが>無知でスマソ バブルの時代のトレンディドラマの主題歌? つまりは、その時代の象徴? 鈴愛の「美魔女」が痛いジョークなのと同じで とっくにバブルがハジけて、自分達はアラフォーになっても 気持ちは青春時代のまま…ってことで ​アイタタタ…​な感じを醸し出している? ...

まー君>『半分、青い。』第134話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​チュクチューン♪…と言われてもよく分からないのだが>無知でスマソバブルの時代のトレンディドラマの主題歌?つまりは、その時代の象徴?...

連続テレビ小説『半分、青い。』第134回

内容正人(中村倫也)により、鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)は再会する。鈴愛は、2年間にあったことを。。。律に伝える。敬称略それにしても、相変わらず“上っ面”だけの“薄っぺら”な内容だね。で、センスの無い、くだらないコメディを入れたり。もうすでに価値が落ちきっている“ポエム”っぽいセリフを入れたり。正直、「だから、なに?」。。。って感じである。

【半分、青い。】第134回(第23週火曜日) 感想

…鈴愛は、津曲(有田哲平)の会社「ヒットエンドラン」に就職して間もなく同社が倒産したことを告白。なぜ今の身の上になったのかを語る。律の身辺にも…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR