半分、青い。 (第132回・9/1) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第22週『何とかしたい!』の 『第132回』の感想。


 先のあらすじを読んで、コメント等に書くのはご遠慮下さい。
 本作は、2018/8/17 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


和子(原田知世)が亡くなって2か月。鈴愛(永野芽郁)は、生前、和子から預かっていた記録帳を律(佐藤健)に手渡す。律はそこに挟まっていた手紙を見つけ、和子からのメッセージをひとりかみしめる。そして律は、離れて暮らしているより子(石橋静河)と将来の話をするために、大阪に向かう。その日、弥一(谷原章介)は珍しくひとりでつくし食堂を訪れ、和子が亡くなって以来律を支えてくれたと、感謝の気持ちを鈴愛に伝える。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

飲食業者なら指輪を外さないと気持ちが悪くないのかな?

簡単感想で。

アバンタイトルで、飲食店を営む晴が、いくら家族が食べるからと、指輪をしたままお稲荷さんを作っていたので、唖然としたのだが…

脇役とそのまた脇役の話なんて蛇足でしかない!

もう、本作について言いたいことは、昨日までにほぼ言い尽くしたから、「簡単感想」だから これで終わりでも良いのだが。折角、読みに来て下さった読者さんのために、愚痴を綴ってみる。

劇中の月日がいつであろうと、もうどうでも良い。とにかく、鈴愛は祖父が亡くなっても平気で騒いだり、職探しをたり、金もないのに娘にフィギュアスケートをさせようとしたり、起業まで企み、良くも悪くも主人公については、人生も物語も動いている。しかし、律は仕事もせず、子育てもせず、妻を放置して、亡き母の面影を忍んでいる。

まあ、タイトルの『半分、青い。』を引用すれば、脚本家が描きたい『全部』の内の『半分、鈴愛』と『半分、律』を対比をしているつもりなのだろう。

しかし、脚本家がそう思おうが、私の目には『主人公、鈴愛』と『脇役、律』であり、和子なんか『脇役の脇、和子』にしか見えていないから、どんなに脚本家が思いを入れて描いても、脇役とそのまた脇役の話なんて蛇足でしかない。

今回は、"伏線回収" とは断じて認めない!

また、水辺や糸電話で、今回も “伏線回収” して気になっていそうだが、先日のは “伏線回収” と認めたが、今回は断じて認めない。あんなのは単なる “同じシチュエーションで同じアクション” をしただけ。もう、描くことがないから、苦肉の策で良さげな雰囲気作りに走っただけのこと。本当に馬鹿げてる。

所詮、鈴愛と律の関係が「床の埃レベル」なのか!?

まっ、一番馬鹿げてるのは、ラストの…。なに? 律は妻とやり直すんじゃないの? 5秒だけなら不倫じゃないの? もしかして、食べ物を床に落とした時に適応する「5秒ルール」をもじったの?

そんなことを思い付いたら、鈴愛と律の関係が「床の埃レベル」に見えてきた。パパッと叩けば吹き飛ぶような、質量のない関係。そんなのを、あと1か月も引っ張って一体何を描くつもりなんだろう…

あとがき

脚本家の狙いが稚拙過ぎます。以上

最後に。前回の感想に 110回もの Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

北川悦吏子氏が脚本を手掛けた、社会現象を巻き起こした名作ドラマ『ロング バケーション』が、ついに Blu-rayでリリースされます! 高校生の広末涼子さんも出演していました。今作こそ、全11話が「神回」です。名作は名作として認めますので、ポチッとしました。



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】ロング バケーション Blu-ray BOX (メーカー特典付き)
秋風羽織の教え 人生は半分、青い。
連続テレビ小説「半分、青い。」スピンオフ漫画 「半分、青っぽい。」


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11808/

【これまでの感想】

神予告! 明日7月11日(水)の「半分、青い。」第87回は「DMK(どうしても見てね回)」
北川悦吏子氏 今度は“仕事放棄”を「ドリブ指示」と特異な持論展開
「半分、青い。」に最後の望みか? くりぃむ有田と小西真奈美ら投入
『半分、青い。』また"神"ご乱心!? 放送後にネットの賛否へ自ら解説
『半分、青い。』"神"ご乱心中! "短絡的箇条書き"を"人生の一コマ"と言い訳
"神"錯乱?『半分、青い。』"連ドラ"なのに"一週間つながっている"と予告
『ぎぼむす』で真の神回!『半分、青い。』の"神"は神週なのに沈黙…
悲報『半分、青い。』撮影終了で改善見込み薄し 勝田Pネタバレも(困)
『半分、青い。』まだ神回宣言するか(呆) ついに提灯記事もスルー?

第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』
61 62 63 64 65 66
第12週『結婚したい!』
67 68 69 70 71 72
第13週『仕事が欲しい!』
73 74 75 76 77 78
第14週『羽ばたきたい!』
79 80 81 82 83 84
第15週『すがりたい!』
85 86 87 88 89 90
第16週『抱きしめたい!』
91 92 93 94 95 96
第17週『支えたい!』
97 98 99 100 101 102
第18週『帰りたい!』
103 104 105 106 107 108
第19週『泣きたい!』
109 110 110 111 112 113 114
第20週『始めたい!』
115 116 117 118 119 120
第21週『生きたい!』
121 122 123 124 125 126
第22週『何とかしたい!』
127 128 129 130 131

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【半分、青い。】第132回(第22週土曜日) 感想

…大阪に向かう。その日、弥一(谷原章介)は珍しくひとりでつくし食堂を訪れ、和子が亡くなって以来律を支えてくれたと、感謝の気持ちを鈴愛に伝える。 …

連続テレビ小説『半分、青い。』第132回

内容鈴愛(永野芽郁)から手渡されたモノの中に、母・和子(原田知世)からの手紙に気付いた律(佐藤健)弥一(谷原章介)敬称略2ヶ月だろうが。7月11日だろうが。そんなこと、どうでも良いです。ハッキリ言って、脇役のネタを、いまだに引っ張り続けていることに違和感をおぼえる。ただ、それだけである。

5秒ルール>『半分、青い。』第132話

​​​​​​​​​​聞くところによると 和子さんの手紙の日付は 鈴愛に育児日記を渡した後なんだとか― ももももしや、鈴愛よ 和子さんのふりして書いたのか!? …目的は、律の背中を押すため 結果的に、自分の方にではなく より子さんの方に押してしまったわけだけど …鈴愛、大失敗の図ぅ だだだだから リベンジで律に抱きついたのか? …そして、悦吏子様は...

5秒ルール>『半分、青い。』第132話

​​​​​​​​​​聞くところによると和子さんの手紙の日付は鈴愛に育児日記を渡した後なんだとか―ももももしや、鈴愛よ和子さんのふりして書いたのか!?…目的は、律の背中を...

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR