ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

グッド・ドクター (第8話・2018/8/30) 感想

グッド・ドクター

フジテレビ系・木曜劇場『グッド・ドクター』公式
第8話『大病を患う幼い命…家族が抱えるそれぞれの想い…』の感想。
なお、原作の「グッド・ドクター」(脚本:パク・ジェボム 制作:KBS)は未見。


入院中の陽翔(鳥越壮真)の母・香織は、夫を長野に残したまま中学生の長男・翔太(池田優斗)と共に病院近くに転居し、看病生活を送っている。その香織が、立ちくらみでアパートの階段から転落し、翔太に付き添われて搬送された。湊(山崎賢人)は、陽翔の病室に翔太を案内しようとするが、拒絶されて戸惑う。翌日、日頃から我慢を強いられてきた翔太は、外出したいとだだをこねる陽翔に怒りを爆発させ、香織にも不満をぶちまける。一方、間宮(戸次重幸)は猪口(板尾創路)からのメールにがくぜんとする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:「グッド・ドクター」(脚本:パク・ジェボム 制作:KBS)
脚本:徳永友一(過去作/刑事ゆがみ、海月姫) 第1,2,7
   大北はるか(過去作/刑事ゆがみ、好きな人がいること) 第3,4,5,6,8
脚本協力:LiLy(過去作/恋仲、好きな人がいること)
演出:金井紘(過去作/信長協奏曲) 第1,2,5,8
   相沢秀幸(過去作/隣の家族は青く見える) 第3,4,6
   野田悠介(過去作/コード・ブルー シリーズ) 第7
音楽:得田真裕(過去作/アンナチュラル、正義のセ))
主題歌:androp『Hikari』(image world/ZEN MUSIC)

これまでの問題点の解決策が、別の問題を作ってしまった…

毎回の感想で書いている通り、これまでの本作の問題点はただ1つ。主人公の湊先生がオペ中の緊急事態に、小児外科主任の高山(藤木直人)でも気付かないことにサクッと気付いてお手柄を持って行くことで、湊の優秀さを描く一方で、東郷記念病院小児外科の技術不足を並行して描いてしまっていることなのだ。

だから、恐らく今回は、小児外科主任の高山でなく、小児外科に勤める外科医であり科長の間宮(戸次重幸)を登場させ、これまでの問題点を解消しようとしたのかも知れない。としたら、その意図は伝わった。

しかし、残念ながら、これまでの本作の問題点を解消するがために取った作戦が、また違う問題を生み出してしまった。それは、夏美(上野樹里)を必要以上に画面に登場させ過ぎたことで、ドラマがご都合主義になった上に、病院としての人事管理に問題があるように映ってしまったこと。

夏美が患者の異変に気付かないと、夏美の必然性がない

なぜ、そう考えたのか? まず押さえるべきは入院中の陽翔(鳥越壮真)の主治医が高山であること。そして、その高山を後方支援するのが夏美の役目ってこと。しかし、ドラマはどうなっていただろうか? 主治医の高山が大きな活躍をしないのは、外科医の間宮を前に出すためだからしょうがない。でも、夏美は一体何をしたのだろう。

この脚本家はいつも通りに、主人公特権で、湊に都合良く患者の異変に気付かせたのだが、ここは夏美が異変に気付く設定にしないと、高山の後方支援係としての存在意義がない。要は、大人の事情を最優先して、主人公に見せ場をたくさん作るために、脇役の夏美をぞんざいに扱ったってこと。

流石にここまで見え見えにやっては、折角の子役らの名演技が無駄になってしまうような…

湊が活躍する回と夏美が活躍する回を切り分けるだけで良い

本作の根本的なテーマって、大人の事情とか世間体とか病院のルールに捉われない純粋な主人公が生き生きと活躍する姿を描くことだと思う。そう言うドラマで大人の事情が丸見えになるのは如何だろうか。そう見えなくするのは簡単なこと。欲張らずに、湊先生だけが活躍する回と夏美先生が活躍する回を切り分けるだけ。

今回だったら、夏美は夏季休暇を取っている設定にして最後に合流すれば良いだけのことだと思う。オペ中に間宮の助手として器械出しナースに指示を出す姿なんて、結構鼻についてしまった位だ。他の場面でも、やるべきことをしない夏美が、「まずは私を超えないと」と湊に偉そうにって…

夏美の出番を減らして、湊をもっと前に出せば良い事だらけ

これ、夏美の出番を極力減らしてピンポイントだけにし、湊をもっともっと前に出せば…

湊を推薦した院長・司賀明(柄本明)も、湊の才能を活かして小児外科を立て直せるかもと考える高山も、病院の乗っ取りを企てる副院長・猪口隆之介(板尾創路)も、ついでに副院長に脅されている前理事長の娘・東郷美智(中村ゆり)も一気に、湊の周辺で動き出して面白くなると思うのだが、残り2話では無理か…

あとがき

あれこれ書きましたが、最も正直な感想は、山崎賢人さんが案じる「新堂 湊」をもっと見ていたいってことです。基本的な毎回のドラマ部分、今回で言えば兄弟愛のドラマは大変良く出来ているだけに残念です。残り2話で何とかして頂きたいです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「グッド・ドクター」オリジナルサウンドトラック
Hikari(初回限定盤)(DVD付)
グッド・ドクター コンパクトDVD-BOX(スペシャルプライス版)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11801/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

木曜劇場『グッド・ドクター』第8話

内容患者のひとり森下伊代(松風理咲)は、ある車いすを追いかけていた。そして伊代のあとを一緒について回る湊(山崎賢人)車いすの滝川亮平(萩原利久)に恋をしていたのだ。だが、恥ずかしくて、声をかけることが出来ていなかった。そのころ、夏美(上野樹里)は、高山(藤木直人)が担当する患者・早見陽翔(鳥越壮真)とその母・香織(酒井若菜)を心配していた。陽翔の病気のことだけで無く、看病疲れが目立ちはじめた...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: