●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

半分、青い。 (第124回・8/23) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第21週『生きたい!』の 『第124回』の感想。


 本作は、2018/8/17 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


鈴愛(永野芽郁)、律(佐藤健)、ブッチャー(矢本悠馬)、菜生(奈緒)が協力して、話すぬいぐるみ・岐阜犬が完成した。鈴愛の発案で岐阜犬の声は、和子(原田知世)に任されることになった。センキチカフェに岐阜犬が置かれて以来、多くの人が岐阜犬に悩みを相談に来るようになり、和子は人々の秘密を知るようになるとともに、やりがいを得て体調も安定する。律は、そんな母の姿を見て貴美香(余貴美子)に本音を語り始める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

大の大人たちが、「岐阜犬」であんなに大はしゃぎするか?

う~ん? ここ最近、「う~ん」や「え~と」で始まる私の感想。今回はアバンタイトルから首を傾げてしまったので「う~ん?」としてみた。

確か劇中は、平成16年(2008)で今から僅か10年前の話だ。夏にiPhoneが発売された年。それで、ぬいぐるみとパソコンと携帯電話で、ボイスチェンジャーソフトを使って声色を変えて転送するだけで、37歳以上の大人たちがあんなにこぞって楽しめるものだろうか。

岐阜は田舎だから東京とは文明の速度が違うがあるような時代でもないし。まあ、擁護派は「無邪気な大人たちが可愛かった」なんて「神」にツイートするのだろうが。ごめん。「岐阜犬」の頭を鈴愛が叩いた時点で全てクリア。無し。私、おもちゃの類を大切にしない人間は信用しないので…

野ざらしの「岐阜犬」だから、相談が丸聞こえでしょ?

さて、本編。前2回に花野の出番がほぼ無くてせいせいしていたのだが、「神」は3日連続で夢は見せてくれないようだ。え~と、どうして「話すぬいぐるみ・岐阜犬」が店頭に置かれたら、次々と客が岐阜犬に悩みを相談するの?

確か、私の記憶では仙吉が考案した2号店の店名を、娘を騙して聞き出すためにキツネのぬいぐるみ「ココンタ」に仕掛けたシステムで、2号店に来た客を楽しませたいと言って、客寄せ用として「岐阜犬」の開発を進めたはず。

なのに、今回の店頭に置かれた「岐阜犬」を見ても、屋根も無い場所で直射日光に当たった状態で、台の上にある犬小屋の書き割り風の板の前に置かれているだけ。「岐阜犬」とも書いて無ければ、「この犬に話し掛けてみて下さい」とか「この犬はあなたの悩み相談を聞いてくれます」とかの看板もない。

無いのに次々と客が来て相談していた。当然、相談している声も和子の声も周囲に丸聞こえ。あの~ぉ、アバンで大の大人が「岐阜犬」が喋っただけで大喜びしたのだから、あんな若い客なら相談する前に、キャッキャッと笑って遊ぶ場面があっての、相談じゃないのかな。

ただただ、「センキチカフェに岐阜犬が置かれて以来、多くの人が岐阜犬に悩みを相談に来るようになった」のメモ書きを映像化しただけ。何の工夫も思慮も感じられないお寒い場面だった。

薬の処方は適当だし、不眠症患者にコーヒーを勧めるし…

続いて、ヤブ医者のコーナー。これも「和子は岐阜犬担当で、やりがいを得て体調が安定する」のメモ書きを映像にしただけ。それに、ヤブ医者が明確になった台詞があった。律から和子の病状を聞き、そのあとに律の不眠症の治療に話しが移行する時、貴美香がこんな物言いをする。

貴美香「あんたにも いつもの薬や。少しは眠れとる?」

私も以前に不眠症でかかりつけ医に処方してもらっていた経験があるから、ふと感じたのだ。普通は逆じゃないの? って。まず「少しは眠れとる?」とか「薬は効いとる?」と聞いて、律が「はい」と言ったら「じゃあ あんたにも いつもの薬や」でないのか。

この貴美香の言い方では、患者を “診ず” に(実際に処方箋を書いている時は律を “見て” いなかった)ルーティン作業で処方箋を書いている「手抜き医師」にしか見えなかったが。そして、ヤブ医者を決定づけたのは、不眠症の律にコーヒーを勧めたこと。

医師なら「午後のコーヒーは控えなさい」と言うのが普通では? 貴美香がカフェインレス・コーヒーを準備しているとは到底思えないし。そう言えば、前回では2人で、センキチカフェでアイスコーヒーを飲んでいたから、主治医が許可してると脳内補南すれば良いのか…

和子が住民らの秘密を知ったら、梟町中で一触即発が!?

どうやら、ラスト2か月の悪魔は、晴だけでなく貴美香もそうらしい。診察が終わって律と談話をしている時に、こんなことを言っていた。

貴美香「和子さんは 生きていくのが上手やな」

これね、よ~く考えると貴美香の目には、和子は和子なりに上手く世の中をわたって来たと言っているのと同じだ。脚本家の意図は、和子は人の悩みや相談を聞いては助け、自分の居場所を見つけて “上手に” 生きて来た、と言いたいのだ。だから、今回の岐阜犬の声係も人々の秘密を知り解決する事で体調が安定したと。

これ、マジで怖くないか? 人の秘密で元気になるのも怖いのだが、思い出して欲しい。和子がほんの少し前に、自分が原因となって、鈴愛と律とより子を爆発寸前に追い込んだのを。我が愛する息子とその妻と息子の幼馴染の関係をいや~な感じにした首謀者(言い過ぎか?)なのだ。

そんな和子が梟町の住民らの秘密を知ったら、あちこちの親しい関係の人たちがいや~な雰囲気になりまくったりして。おいおい、笑い事じゃないぞ。とにかく、梟町の人たち、和子とキミカ先生には気を付けろ!

鈴愛が「糸電話」で仙吉から2号店の店名を聞き出せば…

さて、前回の感想のあとがきで「これを “奇跡の伏線回収” なんてアゲる人もいるでしょうが」と書いたが、数名の読者さんから、そう思っている人が多いとの情報を頂いた。でも、どう考えても、鈴愛と律の幼少期の「糸電話」と「岐阜犬」は明らかに違う。

花音の「ココンタ」の時も書いた通り、「糸電話」は “あの世とこの世を繋ぐ道具” のはず。だから、このあと和子が退場したら、律と弥一が「糸電話」で和子と話せば、それが回収になる。もちろん、鈴愛が「糸電話」で仙吉から2号店の店名を聞き出した方が、奇跡の伏線回収と言いたかったが。

本作の初期の頃って、結構こう言うファンタジー要素があって、それに “ポエムな台詞” がハマっていた。しかし、“ポエムな台詞” が大量生産されたことでファンタジーが現実離れしたお話になり、やがて訳の分からぬ物語になった。それが現状だ。

あとがき

今朝の15分間も、一体何を言いたかったんでしょう? 「岐阜犬」の完成と和子の退場フラグだけ? つまらなないだけならまだしも、くだらないのは何とかして欲しいですね。それと、いい加減に鈴愛は働きなさい! と、言いたいです。

最後に。前回の感想に 143回もの Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。土曜日あたりから、無料でお借りしている「忍者ブログ」さんの調子が悪くて、読者さんにはご迷惑をお掛けし、申し訳ございません。どうぞ、『ディレクターの目線blog@FC2』も併用して頂けると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
秋風羽織の教え 人生は半分、青い。
連続テレビ小説「半分、青い。」スピンオフ漫画 「半分、青っぽい。」


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11768/

【これまでの感想】

神予告! 明日7月11日(水)の「半分、青い。」第87回は「DMK(どうしても見てね回)」
北川悦吏子氏 今度は“仕事放棄”を「ドリブ指示」と特異な持論展開
「半分、青い。」に最後の望みか? くりぃむ有田と小西真奈美ら投入
『半分、青い。』また"神"ご乱心!? 放送後にネットの賛否へ自ら解説
『半分、青い。』"神"ご乱心中! "短絡的箇条書き"を"人生の一コマ"と言い訳
"神"錯乱?『半分、青い。』"連ドラ"なのに"一週間つながっている"と予告
『ぎぼむす』で真の神回!『半分、青い。』の"神"は神週なのに沈黙…
悲報『半分、青い。』撮影終了で改善見込み薄し 勝田Pネタバレも(困)

第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』
61 62 63 64 65 66
第12週『結婚したい!』
67 68 69 70 71 72
第13週『仕事が欲しい!』
73 74 75 76 77 78
第14週『羽ばたきたい!』
79 80 81 82 83 84
第15週『すがりたい!』
85 86 87 88 89 90
第16週『抱きしめたい!』
91 92 93 94 95 96
第17週『支えたい!』
97 98 99 100 101 102
第18週『帰りたい!』
103 104 105 106 107 108
第19週『泣きたい!』
109 110 110 111 112 113 114
第20週『始めたい!』
115 116 117 118 119 120
第21週『生きたい!』
121 122 123

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブクブク>『半分、青い。』第124話

​​​​​​​​​​​​夫&息子のことは 貴美香先生に託し 息子の母子手帳や育児日記は 鈴愛に託す 和子さんったら 徹底的により子さんを避けてるなあ… やっぱり怖い​姑​和子 その根性で他人の人生相談とは 怖い…怖過ぎる …ひじゅにですが何か? ​「ブクブクや」​by鈴愛 ↑今迄、五平餅をこう表現したことはなかったよね ...

ブクブク>『半分、青い。』第124話

​​​​​​​​​​​​夫&息子のことは貴美香先生に託し息子の母子手帳や育児日記は鈴愛に託す和子さんったら徹底的により子さんを避けてるなあ…やっぱり怖い​姑​和子その根...

連続テレビ小説『半分、青い。』第124回

内容鈴愛(永野芽郁)律(佐藤健)らは“岐阜犬”を完成させた。声は、和子(原田知世)が担当する事に。。。。敬称略しっかし、主人公。。。働かないね。。。。

【半分、青い。】第124回(第21週木曜日) 感想

…センキチカフェに岐阜犬が置かれて以来、多くの人が岐阜犬に悩みを相談に来るようになり、和子は人々の秘密を知るようになるとともに、やりがいを得て…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR