絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ (第7話・2018/8/20) 感想

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~

フジテレビ系・月9『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』公式
第7話『集合住宅に潜む殺人者』の感想。



今回、システムが危険人物として検知した新谷は、実態のつかめない麻薬密売組織に所属している疑いがあり、2カ月前に警察の取り調べを受けた人物。組織のボス・喜多野の正体は不明で、取り調べはその手掛かりを得るためでもあったが、結局は何も分からないままだ。井沢(沢村一樹)らは新谷の犯行阻止を狙うと同時に、喜多野の正体も追う。一方で、元々ミハン捜査は業務外と考える南(柄本時生)は迷いを深めていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:浜田秀哉(過去作/絶対零度1,2) 第1,2,5,6
  :小山正太(過去作/3人のパパ) 第3,7
  :井上聖司(過去作/せいせいするほど、愛してる) 第4
演出:佐藤祐市(過去作/櫻子さんの足下には死体が埋まっている) 第1,2,5,6
   城宝秀則(過去作/マルモのおきて) 第3,7
   光野道夫(過去作/BOSS1,2) 第4
音楽:横山克(過去作/スペシャリスト、わろてんか)
主題歌:もし君を許せたら/家入レオ

前々回で「ミハン」が田村を真犯人と検出すべきだった

う~ん、やはり前々回で「ミハン」が真犯人を “ミハン捜査の中にいる” で留めずに、 真犯人は田村であると断定し、それを東堂(伊藤淳史)と井沢(沢村一樹)だけが知っていて、井沢が現場に直行するべきだった。それをやらないから、折角の同僚の死も納得できなかった。

そして、今回の序盤で東堂がこの1週間で何人も…なんて言ったって、肝心な時に「ミハン」が正常に動作しないことが証明されている時点で説得力ゼロ。従って、田村の死を描いた前々回と前回を穴だらけで放送した時点で、既に第7話まで放送終了している本作にも説得力が無いと言うことになる。

井沢たちは、一体何のために捜査をしているのか?

そして、本作。前述の件があるから、感想の切り口を変えてみる。で、率直な疑問。これは第1話からずっと感じていたことでもあるが、「未然犯罪捜査班(資料課)」の刑事たちは、一体「何のために捜査をしているのか?」ってこと。

何となく、「ミハン」の完成のためみたいな雰囲気もあるが、ここの刑事を見ると、それよりも、単純に「目の前で起こりそうな事件を未然に防ぎたい」と言うだけに見える。それも、終盤直前まではチームで動いているが、最終的には井沢の単独行動で終了。

殺陣なんてどうでも良いから、物語に整合性と説得力を

言っちゃ悪いが、殺陣やアクションなんてどうでも良い。そんな上っ面のことよりも、まず物語の整合性と説得力を何とかするべき。まっ、ここまで来たら無理だろうが。でも、やれないことはない。脚本家のやる気次第だ。

あとがき

沢村一樹さんがクールと本田翼さんの回し蹴り位しか、ネット上で話題を見かけなくなりました。確かに視聴率は、10%はあるから観ている人は多いのでしょうが、話題になっていません。結局、出演者目当ての数字ってことですかね。天下の『月9』も地に堕ちたものです。物語で、映像で魅せて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
もし君を許せたら (初回限定盤A[CD+DVD])


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11754/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絶対零度-未然犯罪潜入捜査- 第7話

井沢(沢村一樹)たちミハンのメンバーは、田村(平田満)の死に大きなショックを受けます。 東堂(伊藤淳史)は田村の遺志を継いで捜査の再開を指示しますが、南(柄本時生)だけは割り切れず、捜査に連れ出されても拒否して資料課に帰ってしまうのでした。 そんな中、実体の掴めない麻薬密売組織との関りが疑われる新谷啓一(小柳友)という男が危険人物として挙げられます。 新谷は涼子(青野楓)と...

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(Season3)「集合住宅に潜む殺人者」

たしかに社会問題だけど、子供の虐待は、胸が痛みますね。それを、隠そうとするので、なおさら…井沢(沢村一樹)たち“ミハン”チームは、田村(平田満)の死に大きなショック自ら死を選ぶ前に残した最後の言葉は「ミハンを必ず実現させてください」で、東堂(伊藤淳史)は、報告書から田村の名前を削除してミハンとの関わりを消すと、捜査の再開を指示し、山内(横山裕)と小田切(本田翼)はそれに同意しかし、受け止めら...

絶対零度(3)~未然犯罪潜入捜査~第7話

『仲間の死を乗り越え凶悪犯を止めろ!』内容初めから田村(平田満)は“ミハン”にいなかったとして処理し、東堂(伊藤淳史)は、再び捜査をはじめようとする。山内(横山裕)小田切(本田翼)は了承するが、南(柄本時生)は納得出来ず。それでも井沢(沢村一樹)は、再開を促すのだった。そんななか、新谷啓一(小柳友)をシステムが検知する。麻薬密売組織と関わりがあるとされている人物だった。涼子(青野楓)と結婚し...

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ #07

『集合住宅に潜む殺人者』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR