グッド・ドクター (第5話・2018/8/9) 感想

グッド・ドクター

フジテレビ系・木曜劇場『グッド・ドクター』公式
第5話『天才少年の歌声が病魔に!湊、小児外科医をクビ…?』の感想。
なお、原作の「グッド・ドクター」(脚本:パク・ジェボム 制作:KBS)は未見。


天才ボーイソプラノ歌手・響が、激しくせき込み来院。手術しない限り甲状腺の炎症を繰り返し完治は見込めないが、高音が出なくなるリスクも伴う。海外リサイタルを控え、父の徹郎は手術はしない方針だ。入院中の倫太朗(斎藤汰鷹)は、大ファンの響を見つけて大興奮。湊(山崎賢人)と病室を訪ね、院内のお楽しみ会で一緒に合唱しようと誘うが、徹郎が響はプロだと激怒する。そんな中、高山(藤木直人)が湊に転科を告げる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:「グッド・ドクター」(脚本:パク・ジェボム 制作:KBS)
脚本:徳永友一(過去作/刑事ゆがみ、海月姫) 第1,2
   大北はるか(過去作/刑事ゆがみ、好きな人がいること) 第3,4,5
脚本協力:LiLy(過去作/恋仲、好きな人がいること)
演出:金井紘(過去作/信長協奏曲) 第1,2,5
   相沢秀幸(過去作/隣の家族は青く見える) 第3,4
音楽:得田真裕(過去作/アンナチュラル、正義のセ))
主題歌:androp『Hikari』(image world/ZEN MUSIC)

あと、"ここ" さえ改善されれば…

簡単感想で。

今回も、小児科病棟の悲喜交々を、ちょっぴり風変わりな新人小児科医を強調して描くことで、ベタな医療ドラマとは違った風味を醸し出すことに成功している本作。少々 “ありがちな” エピソードではあるが、感動作に仕上がったのは間違いない。そして、誰もが褒めるだろうし感動しただろうから、私は違う目線で感想を書いてみる。

しかし、主人公の小児科医としての能力を描けば描く程、周囲の医師たちの無能さが描かれてしまうと言うジレンマにも陥っているのが本作。ここさえ改善されれば、もっともっと医療ドラマとしてだけでなく、人間ドラマとして面白味を増すのに…

"少しずつ関係が変化する過程" が粗削りなのが残念…

それに、中盤以降は夏美(上野樹里)を筆頭に、高山(藤木直人)ら医師たちが、いつの間にか湊(山崎賢人)を認めていると言う不思議な展開へ。脚本も演出も演技も、細かい部分の描写が丁寧なのは認めるが、連ドラして時間経過と共に描くべき “少しずつ関係が変化していく過程” の描写が粗削りなのが残念過ぎる…

あとがき

確かに、湊先生がいなければ、子どもたちが一致団結もしなかっただろうし、湊先生の医師の才能とは違う “詳細な絵を描く才能” が認められたから、今回の展開が構成されたのは認めるのですが、単純に「感動した!」では済ますことが出来ないのです。

それは、第5話にもなっているのに、山崎賢人さんの演技力と俳優としての魅力に、まだまだ「新藤湊」が頼っているように見えるからなのです。次回の第6話は恐らく折り返しですから、“俳優で魅せる” から脱出して、見応えのある「貴重な小児科が舞台のヒューマンドラマ」に仕上がるのを期待します。出来が良いから、ハードルが高くなる…のです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「グッド・ドクター」オリジナルサウンドトラック
グッド・ドクター コンパクトDVD-BOX(スペシャルプライス版)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11712/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木曜劇場『グッド・ドクター』第5話

内容天才ソプラノ歌手と言われる少年・羽山響(城桧吏)が、喉の不調を訴え、父・徹郎(三浦誠己)に連れられ、病院にやって来る。夏美(上野樹里)が診察。その後、カンファレンスが行われる。画像の状態を見て意見を交わすなか、高山(藤木直人)が、湊(山崎賢人)に意見を求める。湊は画像だけで、適切に診断し、夏美を驚かせる。が、夏美は、引っかかるものも感じていた。湊の能力を見た高山が、画像診断科に転科させよ...

グッド・ドクター 「天才少年の歌声が病魔に!湊、小児外科医をクビ…?」

天才ボーイソプラノ歌手、羽山響(城桧吏)が咳き込み、来院。カンファレンス室で響の造影CT結果を見ながら意見を交わす中、フジッキーは、湊(山崎賢人)に所見を求めます。湊は画像から下咽頭梨状窩瘻と判断。フジッキー、正解だと、湊を評価します。彼には、早急の手術が必要でしたが、父親は、ボーイソプラノの危機、リスクに、反対します。響の早急な手術を求めた湊は、当然のように父親とぶつかってしまい、フジッキ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR