●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

半分、青い。 (第112回・8/9) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第19週『泣きたい!』の 『第112回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


裕子(清野菜名)とボクテ(志尊淳)が突然、岐阜にやってきた。かつてオフィスティンカーベルでしのぎを削った2人との再会に鈴愛(永野芽郁)は大喜び。晴(松雪泰子)ら楡野家のメンバーも歓迎し、茶の間で宴会が始まる。さらに律(佐藤健)も合流し、それぞれの近況報告に盛り上がる。ところが、飲めない酒を飲んで酔っ払ったボクテが、夏虫駅で鈴愛が律からのプロポーズを断ったときの真相を律に伝えたいといい始め…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

もはや何を描いても鈴愛の好感度が下がるだけ…

簡単感想で。

お店閉めちゃう? ボクテとユーコが来たから?こう言うのも、普通は娘思いでほんわかするのに、現在の本作では娘の“自己チュー”の元凶が両親であることが判明しちゃうだけ。ホント、もはや何を描いても鈴愛の好感度が下がるだけってこと。これが一番良くないのだ。

鈴愛が "ストーカー" だったのを劇中でも認めた!

そして、良くないのはコロコロとシーンを変えること。それも脚本家の思い付きであれこれ節操なく場面が変わるから、益々支離滅裂さが倍増。そんな場面転換の中で、背筋が凍るような台詞が…

鈴愛「その事は忘れてたい」

やはり、ストーカー魂は健在だったのだ。いや、劇中でもストーカーとして認めた(怖)

脚本家の思慮不足と下衆なセンスに腹が立つ!

そして、岐阜に帰って来てから、全く子育てするシーンもない。前回があったのに仕事もしない。

そして、話は鈴音と律をくっつけようと強引に話を展開させているだけ。必然性もなく、だいぶ前の放送時にほぼ全員の視聴者が感じた違和感を、こんな第112回にもなってから、辻褄合わせをしようとしている思慮不足な脚本家に実に腹が立つ。更に朝から、ストーカー、不倫、略奪愛を台詞に組み込む脚本家の下衆なセンスにも腹が立つ…

あとがき

ラストはヒステリックにストーカーが本心を暴露して終了。それをまんざらでもなく受け入れそうな律。この脚本家、一体どれだけ無駄なエピソードやシーンを作っては引き延ばしをするつもりなのでしょう。自ら先々のネタバレをしておいて。

最後に。前回の感想に 118回もの Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。全く情緒とかわびさびなんてのがなくて、ボクテの一方的な台詞で進めちゃしましたね。これが一番良くないのに。

なぜ、必然性を保って、主人公の人生を描かず、脇役の台詞でとんとん拍子にドラマを進めちゃうのかなって思います。これでは面白くもなんともないです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
朝ドラの55年 全93作品完全保存版 (教養・文化シリーズ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11706/

【これまでの感想】
第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』
61 62 63 64 65 66
第12週『結婚したい!』
67 68 69 70 71 72
第13週『仕事が欲しい!』
73 74 75 76 77 78
第14週『羽ばたきたい!』
79 80 81 82 83 84
第15週『すがりたい!』
85 86 87 88 89 90
第16週『抱きしめたい!』
91 92 93 94 95 96
第17週『支えたい!』
97 98 99 100 101 102
第18週『帰りたい!』
103 104 105 106 107 108
第19週『泣きたい!』
109 110110 111

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タゲる>『半分、青い。』第112話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​鈴愛がハッキリ化粧をしたのは 涼ちゃんと話すために祥平さんの部屋に行った時 だから、あの時は 『化粧』(中島みゆき)みたいな心境だったのかもね …と少しばかり好意的解釈をしたのだが このところ、ずっと化粧しているみたいだから ただただ単純に 年齢的なことも考慮して“身だしなみ”としてしているだけ …って感じだな 別に何と言うこ...

タゲる>『半分、青い。』第112話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​鈴愛がハッキリ化粧をしたのは涼ちゃんと話すために祥平さんの部屋に行った時だから、あの時は『化粧』(中島みゆき)みたいな心境だったのか...

連続テレビ小説『半分、青い。』第112回

内容ボクテ(志尊淳)裕子(清野菜名)が、鈴愛(永野芽郁)を訪ねてくる。鈴愛は、律(佐藤健)にも連絡を入れ。。。敬称略律が“5分”だという距離。。。。。こここそ。。。今作がこだわり続けた“笛”じゃないの?(笑)あとは、どうでも良いです。あまりに、くだらなすぎ。恥ずかしくないの?というレベルだ。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR