●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

高嶺の花 (第4話・2018/8/1) 感想

高嶺の花

日本テレビ系・新水曜ドラマ『高嶺の花』公式
第4話・ラテ欄『ついにももの正体が…キャバクラ嬢は天才華道家!?本物のキス!妹からの宣戦布告!怒濤の展開今夜激震』の感想。



結婚破談に月島流の関与を疑う吉池(三浦貴大)に対し、もも(石原さとみ)はきっぱりと否定。さらに、好きな人ができそうだと明かす。一方、直人(峯田和伸)はももとの距離感に戸惑いながらも、彼女とは楽に会話ができることに驚いていた。その頃、龍一(千葉雄大)のことが気になるなな(芳根京子)は、市松(小日向文世)に家元を目指すと宣言。そんな中、直人は秋保(高橋ひかる)から、もものアプローチがゲーム感覚かもと言われ落ち込む。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:野島伸司(過去作/お兄ちゃん、ガチャ)
演出:大塚恭司(過去作/女王の教室、左目探偵EYE) 第1,2
   狩山俊輔(過去作/フランケンシュタインの恋) 第3,4
   岩﨑マリエ(過去作/デスノート、正義のセ)
音楽:上野耕路(過去作/逃げる女、空想大河ドラマ 小田信夫)
主題歌:エルヴィス・プレスリー「ラヴ・ミー・テンダー」

何となく "見易い" と思えるようになった…か?

まず、褒めたいこと。それは、これまでで最も各エピソード、いや、各パートと言った方が良いだろうか。それらが、散在していたのが、多少なりとも一塊にされて、まとまって見えたこと。そのお陰で、何となく見易いと思えるようになったこと。それと、僅かに直人に関する描写が増えたこと。この2つ位か。

演出や編集で、全体のバランスを整理する事は不可能なのか?

あとは、相変わらず不可解な内容。悪趣味に見える男性目線の解釈で物語が構成され、俳優の裸体を出したり、キスやベッドシーンを付け足したりして視聴率稼ぎをしている印象が強くて…。

前回の感想にも書いた通り、本作の公式サイトには、『怒濤の純愛エンターテインメント』と書いてある。タイトルは『高嶺の花』。だから、何度も書くが『高嶺の花』と『純愛ドラマ』が描かれなければ意味が無い。だが、実際にそこが描かれていない。

やはり、全体のバランスが悪いと思う。これだけの俳優陣を揃えて、これまでの2人の演出家も悪くない。なのに、面白くない。脚本家の "グセ" が影響していると言ってしまえば、それまでだが、演出や編集でもう少し上手くやりようがあるような気がしてならない。

あとがき

せめてもう少し、ももと直人パートと家元跡継ぎパートのバランスを整理して、更に2つの繋ぎ目を滑らかに出来ないものでしょうか。何か、幾つものドラマのダイジェスト版を見ているような錯覚を覚えます。それと、相変わらず「高嶺の花」が描かれないもどかしさ…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ラヴ・ミー・テンダー
ドラマ「高嶺の花」 オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11675/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高嶺の花 第4話

もも(石原さとみ)は直人(峯田和伸)のことを恋の相手として意識していましたが、直人はももとキスしてからというもの、目も合わせられず挙動不審になります。 みんなで喫茶店にいる時、直人はももにキスをしたことをばらされて、コーヒーを噴き出していましたw 一方、なな(芳根京子)は宇都宮(千葉雄大)への思いから、市松(小日向文世)に「自分にも家元を継ぐチャンスがほしい」と訴えて、市松は申し...

高嶺の花 「ついにももの正体が…キャバクラ嬢は天才華道家!?本物のキス!妹からの宣戦布告!怒濤の展…

あらま、もも(石原さとみ)の本当のお父さんって、実は…?!龍一(千葉雄大)と、なな(芳根京子)も、どうなるんでしょうね。竜一は、月島ルリ子(戸田菜穂)とも関係あるみたいだし…市松(小日向文世)の真の思惑は、どうなんでしょうね。そして、ももに戸惑う直人(峯田和伸)に、対し、ももから二度目のキス。でも、雑誌で着物のお嬢さん姿と、キャバクラのはっちゃけ姿は、なかなかの落差。個人的に、役者、石原さと...

水曜ドラマ『高嶺の花』第4話

内容もも(石原さとみ)にキスをされた直人(峯田和伸)は、それまで以上に、ももを意識するようになる。一方、拓真(三浦貴大)から“仕組まれた”のではと言われ、ももは動揺しつつも、父・市松(小日向文世)の影を感じ取る。が、そのことは、もういいと。人を好きになったことを告白する。「私のことも、直してくれるような気がする。」と。その後、いつものように、佳代子(笛木優子)の店で再会した、直人ともも。直人...

高嶺の花 第4話

高嶺の花の第4話を見ました。 ももは直人を恋の相手と意識していたが、直人はももとキスしてからというもの、目も合わせられず挙動不審になる。 一方、ななは龍一への思いから市松に自分にも家元を継ぐチャンスが欲しいと訴え、申し出を認めてもらうのだった。 ななはももに自分も家元候補になったと伝え、長年抱えてきたコンプレックスを激しくぶつける。 そんな中、直人は幸平と太郎とともにキャバクラへ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR