●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

半分、青い。 (第102回・7/28) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第17週『支えたい!』の 『第102回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


里帰り出産のために鈴愛(永野芽郁)は、涼次(間宮祥太朗)を連れて岐阜の実家に帰省する。映画の仕事をきっぱりと辞めると誓った涼次に晴(松雪泰子)は申し訳なさを感じるが、当の涼次は、未練はないと言い切る。鈴愛も、おなかの赤ちゃんに愛情を注ぐ涼次の姿に温かな気持ちになる。そんな中、いよいよ鈴愛が産気づき貴美香(余貴美子)のいる岡田医院に運ばれる。ところが鈴愛は、明日産むので家に帰るのだと言い出して…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

微笑ましいはずの「里帰り出産」が「寄生出産」に見える

劇中は 2002年12月だそうだ。そんなこと、もうどうでも良いのだが。昨夜放送の『透明なゆりかご』の感想を投稿した直後だと…

避妊を教えなかった晴と避妊をしなかった “お金が無い夫婦” に腹が立って腹が立って。そして、アバンタイトルのたった 1分間を見ただけで、ただ “お金が無い夫婦” が妻の実家に寄生(帰省ではない)して、いつまでも労働拒否を続けたがっている不愉快映像にしか見えない。

微笑ましいはずの「里帰り出産」が「寄生出産」に見えるとは、ついに本作も地に堕ちたか?

鈴愛には、妊婦の "母になるのオーラ" が全く見えない

そして、本編。アバンで更にベッタリと塗りたくられた鈴愛への不快感を、本編に入っても続ける本作。妊婦だから、だるいから。うん、分かる。普通ならサッと電車で席を譲りたくなる。それが妊婦の誰もがが放つ “母になるのオーラ”。なのに、鈴愛を見ると太々しさと図々しさしか感じない。

その上、律の悪口としか思えぬ上から目線。おいおい、ストーカーしたのは鈴愛だろ!ヒロインの言動の1つ1つが不愉快ってどう言う意図でそうしているのだろう。

もう、ギリギリ鈴愛を見ていられるのは、オープニング映像の中の “永野芽郁さん演じる清き頃の鈴愛の神通力” がまだ残っているから。だから、少し前はオープニング映像は早送りしていたが、今週はじっくり見て “清き頃の鈴愛” を目に焼き付けている始末だ。

糸電話は、"生と死後の世界を結ぶコミュニケーション・ツール" でしょ?

前回でも登場した「糸電話」だが、どうも解せない。脚本家が本作の当初の頃のネタを回収して “したり顔” なのは透けて見えるし、確かに好意的に見れば回収していると言える。ただ、やはり解せない。

それは、私の中での本作の「糸電話」とは、「生の世界」と「死後の世界」でやり取りできる “孫の鈴愛と祖母の廉子との愛のコミュニケーション・ツール” なのだ。決して「妊婦のお腹の外と中」でやり取りが出来る “お産お助けツール” ではない。

「糸電話」から「片耳失聴」が想像連鎖できちゃうから…

なのに、本作は後者の意味を強調して、あの薄汚い糸電話で母子の愛の物語を強引に描こうとしている。いや、もっと言えば、鈴愛にとっての「糸電話」は前者の意味合いが強かった。それはのちの描写でもそうなっていた。なのに、今回は自ら母親に「糸電話」を頼んだ。これ、完全におかしくないか。

それに、「糸電話」のイメージから「片耳失聴」と言う想像の連鎖も出来る。いいや、普通なら連想して当然。だから、前回の感想に書いたように、妊娠と聴覚障害を同時に描くなとしたのだが、今回は連想させるようなことをやった。普通に、お金の無い夫婦が里帰り出産して、めでたしめでたしに何故出来ぬ…

鈴愛も、貴美香院長も、脚本家も、嘘つきばかりか…

そして、不快な鈴愛はまだ続く。今度はこんなことを言い出した。

鈴愛「まだ 今日は まだ産みたくない。明日産む。うちへ帰る」

その理由が、12月24日の聖夜に生まれたら素敵だからだって! 破水して入院したのに? その上「この子を 嘘つきにしたない」だって!! 自分が一番嘘つきなのに。

こうなると、本作の放送前の最大の売り文句だった、鈴愛と律が同時刻に生まれたことすら、貴美香院長の「岡田医院」での出来事だから怪しくなる。なぜ、脚本家自ら「嘘つき」になるのか。それにしても、これらの妊婦の鈴愛の言動を『半分、青い。』と受け入れろと言うのだろうか…

あとがき

予告編で、久し振りに笛の音を聞いて、頭が痛くなって気分です。あれ犬笛みたいな効果があるのでしょうか。それにしても、朝ドラのヒロインが漫画家デビューしても、結婚しても、無事に出産しても、なんの感動も共感もありません。育児のあれこれで楽しませてくれると期待も出来ません。

あとは、既に発表されている離婚を待つだけです。それが今の本作。今週のサブタイトルが『支えたい!』。今週もサブタイトルまで「嘘つき」でした。因みに来週は『帰りたい!』だそうです(失笑)

最後に。前回の感想に 93回もの Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。今日の土曜日は、台風12号の影響で、私が担当するはずだった結婚披露宴がキャンセルになって自宅待機しています。折角、1年近くも前から準備をして来た新郎新婦やご家族のことを思うと胸が痛いです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
朝ドラの55年 全93作品完全保存版 (教養・文化シリーズ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11651/

【これまでの感想】
第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』
61 62 63 64 65 66
第12週『結婚したい!』
67 68 69 70 71 72
第13週『仕事が欲しい!』
73 74 75 76 77 78
第14週『羽ばたきたい!』
79 80 81 82 83 84
第15週『すがりたい!』
85 86 87 88 89 90
第16週『抱きしめたい!』
91 92 93 94 95 96
第17週『支えたい!』
97 98 99 100 101

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

出産>『半分、青い。』第102話

​​​​​​​​​​え、ベビー服って退院時にしか着ないの? 身近に赤ちゃんがいないので知らなかったよ 出産祝いにベビー服を選んだのは間違いだったのか…(汗) …ひじゅにですが何か? ​「里帰り出産です」​byお祖母ちゃん 「足を洗って」「堅気になる」と宣言したばかりなのに 鈴愛の実家にいる涼ちゃん。 「働いて働いて」と自分の苦労ばかり前面に出...

出産>『半分、青い。』第102話

​​​​​​​​​​え、ベビー服って退院時にしか着ないの?身近に赤ちゃんがいないので知らなかったよ出産祝いにベビー服を選んだのは間違いだったのか…(汗)…ひじゅにですが...

【半分、青い。】第102回(第17週土曜日) 感想

…映画の仕事をきっぱりと辞めると誓った涼次に晴(松雪泰子)は申し訳なさを感じるが、当の涼次は、未練はないと言い切る。鈴愛も、おなかの赤ちゃ…

連続テレビ小説『半分、青い。』第102回

内容妊娠した鈴愛(永野芽郁)は、実家へと。。。敬称略アバンから、もの凄く不快。そのあとも。。。。あの============どこまで、主人公を下げれば気が済むんですか????え?妊婦だから、当然?確かに、その考えは、ひとつの考えとして、間違っていない。それを、否定するつもりは、全く無い。ただね。問題が、2点。ひとつは、主人公の好感度は、限りなく低いと言うこと。永野芽郁さんのイメージで、なんと...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR