半分、青い。 (第100回・7/26) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第17週『支えたい!』の 『第100回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


涼次(間宮祥太朗)を裏切ってしまった祥平(斎藤工)は、良心の呵責(かしゃく)に耐えかねて自殺を図るが、麦(麻生祐未)に救われ一命を取り留める。日が替わり、ことの経緯を知った鈴愛(永野芽郁)は、夫の努力を踏みにじった祥平に対する怒りを光江(キムラ緑子)らにぶちまける。その後、祥平は謝罪のために藤村家を訪れ、あることを告げるが、その決意は大いに波紋を呼ぶ。涼次はそんな祥平に対して、思わぬ言葉をかける…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

一体、祥平と麦ってどんな関係なの?

主題歌明け、麦が祥平のアパートを訪れていたが、あれって偶然? ドアを開ける麦の表情から察すると、祥平の電話に危険を感じた涼次が麦に電話して行かせたようには見えないし、そもそも夜遅くに叔母を差し向けるなんておかしいし。

で、麦は中から返事が無いことを不穏に思ってドアを開けていたから、夜遅くに祥平の部屋へ行く約束でもあったってこと? 雨降りにカバンや紙袋にも入れないで資料らしきものを持って来て。一体、祥平と麦ってどんな関係なの?

えっ!? そう言う展開だったっけ?

そして、ヒロインの最初の登場シーンが怒ってると言う、朝から嫌なシーンで、鈴愛がこんなことを言う。

鈴愛「許せない。最初 佐野弓子先生は
   涼ちゃんに撮らせるつもりだった」

えっ!? そう言う展開だったっけ? そもそも、原作者の許諾を受けずに勝手に脚本化して、勝手に絵コンテを書いていただけの “妄想監督” だったのでは? それを、祥平が自分が監督をやりたいと言い出した辺りから、弓子の言い分がおかしくなって…。

前回も書いたが、脚本家と映画監督の才能は全く別のもの。そんなの弓子も承知のはず。なのに、涼次の映像を何にも見ずに監督をさせるなんておかしいでしょ? でも、どうやら弓子は涼次の脚本を読んで監督もさせようとしていたことになっちゃった。これじゃあ、まともに毎日見てる視聴者を裏切っているようなものじゃないのかな。

本作ってまともな人が少ないなぁ

でも、中盤でプロデューサー・斑目が、弓子がこんなこと言っていたと話すシーンがあった。

斑目「今 元住吉監督が降りて 無名の新人監督と組んだら
   私の名前に傷がつく!」

弟子のような涼次の仕事を横取りする祥平も祥平だが、手のひら返しの弓子も人でなしってこと。本当、本作ってまともな人が少ないなぁ

大納言の話は、必ずお金の匂いが漂っておかしくなる

自分がどれだけ「内助の功」を発揮したのか自慢しているのか知らないが、この2年間って涼次が映画監督デビューするための2年間だったの?

鈴愛「私が大納言で残業して 働いて働いて。
   みんな… みんなみんなデビューのためですよ」

前回も書いたが、そもそも涼次が映画監督になることに対しての本気度がほぼ描かれていないし、2年間をスパッと時間経過させてしまったから、私には涼次が原作者に無断でも、とにかく脚本だけは完成させようと頑張った…としてしか映っていない。

それに、ここ最近の鈴愛が自分が大納言で働いて来たことを偉そうに恨み節で語る機会が多いが、単純に「内助の功」ならまだしも、文脈の中に「監督デビューすればお金が儲かる」みたいなものを感じるのが違和感。

だって、世界的な賞を貰った祥平ですら、1本しか監督はしていないし、経済的に豊かでないのは鈴愛も見て知っているはず。だから、ここは “愛する夫の夢を応援する妻” を描けば良かっただけの話。涼次の夢の話に、いつも大納言を入れるから、お金の匂いが漂っておかしくなるのだ。

どうして、明るく前向きな展開を発想しないの?

なぜ、このまま鈴愛が「涼ちゃん、脚本家の才能あるんだよ。あの元住吉監督も佐野弓子先生も認めてくれたんだから」と、涼次の気持ちを上手に切り替えたり、いっそ以前に書いたように「涼ちゃんを見て、私も漫画を描きたくなった。私と一緒に一から漫画を描かない?」って誘ったりとか。

どうして、明るく前向きな展開を発想しないんだろう。だから、いつまで経っても物語の中に鈴愛の存在感が無いのだ。今回の一連の話だって、涼次と祥平と弓子だけで成立しちゃう。そこへ強引に大納言を言わせながら鈴愛を加えるから、支離滅裂になっただけなのに…

涼次は「壊れた」より前から "ダメンズ" だったはず…

演出家もズレてる。この作品で細心の注意を払って使うべきなのが「青空と雲」なのに、あろうことか、鈴愛のこんなモノローグを重ねた。

鈴愛(M)「そして 涼ちゃんは壊れた」

この「壊れた」がイマイチ分からない。鈴愛は涼次の何をもって「壊れた」と判断したのかが。そもそも、三叔母からは「ダメなやつ」と言われていたし、鈴愛自身も第95回で「私 ダメンズと結婚した」と言っていた。ってことは、新たに「壊れた」基準が鈴愛に出来たってこと?

それが昼間から働かず家でゴロゴロしてること? おいおい、2年の時間経過の前(脚本を書く以前)は、ろくに仕事もせず、鈴愛の収入に頼っていたように記憶しているが。もう、どうでもいいや。

鈴愛がボクテと裕子に愚痴るのは大納言のバックヤードが良かった

そして終盤。相変わらず雁首を揃えると、まるで暗黒の時代だったように漫画家時代を語り出すボクテと裕子が登場。鈴愛が誘ったのか誘われたのか知らないが、呑気にカフェで談笑している場合かなって。

ここは、鈴愛が「壊れた涼ちゃん」のために必死に働く姿を描く絶好のチャンスでないだろうか。だとしたら、大納言で鈴愛が働く画を入れてから、休憩時間にバックヤードで鈴愛がボクテと裕子に愚痴を聞いてもらうシーンで良かったと思う。

いつもの漫画家時代の苦労話から自慢話になるのを聞いて、ニコニコしている鈴愛を見ると、夫が「壊れた」のに全く危機感がないおバカさんに見えてしまうのだが。もう、取り返しがつかない位に、脚本と演出が噛み合っていないことが分かった、キリ番の第100回だった。

あとがき

生活に危機感が無い上に、女性として計画性もなく妊娠ですか。もちろん、計画性がないのは涼次も同じですが、30歳ですよね。う~ん。

最後に。前回の感想に 88回もの Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。ついに鈴愛の妊娠が発覚して、物語の前面に出て来そうですね。でも、これで子の親になるのですから『半分、青い。』なんて言ってる場合では無くなります…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
朝ドラの55年 全93作品完全保存版 (教養・文化シリーズ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11640/

【これまでの感想】
第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』
61 62 63 64 65 66
第12週『結婚したい!』
67 68 69 70 71 72
第13週『仕事が欲しい!』
73 74 75 76 77 78
第14週『羽ばたきたい!』
79 80 81 82 83 84
第15週『すがりたい!』
85 86 87 88 89 90
第16週『抱きしめたい!』
91 92 93 94 95 96
第17週『支えたい!』
97 98 99

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こわれた>『半分、青い。』第100話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​こわれた …というと たま『こわれた』という曲が好き (Gさん@滝本晃司氏の曲) だから何? っちゅー話ですが …ひじゅにですが何か? ​「私、支えるよ」​by鈴愛 え~っと… アレですか? これは祥平さんと佐野さんによる​​茶番劇?​​ 祥平さんが監督することを 涼ちゃんから...

こわれた>『半分、青い。』第100話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​こわれた…というとたま『こわれた』という曲が好き(Gさん@滝本晃司氏の曲)だから何?っちゅー話ですが…ひじゅにですが何か?​「私、...

連続テレビ小説『半分、青い。』第100回

内容祥平(斎藤工)から妙な電話を受けた涼次(間宮祥太朗)麦(麻生祐未)により、祥平は。。。。敬称略“佐野弓子先生は、涼ちゃんに撮らせるつもりだった”。。。。の?????もう、ここまで来たら、夢、妄想じゃ無いよね。そもそも、許可を得て脚本にしたわけでも無いし。そのうえ、“大納言”云々と。。。恨み節。って、また、金の話かい!あの==========成功は決まっていたんですか?。。。。どういう、妄...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR