●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

半分、青い。 (第99回・7/25) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第17週『支えたい!』の 『第99回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


涼次(間宮祥太朗)の脚本を絶賛する弓子(若村麻由美)に、思いもよらないことを申し出た祥平(斎藤工)。後日、祥平は弓子に前言撤回を願い出るが認められない。斑目(矢島健一)から、その結果を聞かされた涼次は、落胆しながらも祥平を後押ししようと気持ちを切り替えようとする。一方、この2年間の涼次の苦労を目の当たりにし、支えてきた鈴愛(永野芽郁)は祥平を許すことができない。そんな中、祥平から涼次に電話が…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「神」が一押しの若村麻由美さんをアゲ過ぎ!

まあ、実際にもあるだろう。原作者が自身の実写映画の監督を指名するってことは。でも、映画化を認めないことで有名な人気作家・弓子が、いくらプロデューサー・斑目がその場にいるとは言え、監督を祥平に決められるのかってこと。もちろん、ドラマ的に展開が速く、メリハリを付けるためとは思うが…

あまりにも弓子を演じる「神」が一押しの若村麻由美さんをアゲ過ぎでないかなと。まっ、いいか…

鈴愛が "2つの原因" に怒ってと映っているが…

さて、本編。以外にも涼次が祥平が監督に指名されたことを、おとなしく受け止めたと思ったら、またこれだ。朝から、鈴愛の怒鳴り声を聞くのもうんざりなのだが…

鈴愛「何で それ!? 信じられない。えっ 涼ちゃんのホンじゃん!
   涼ちゃんが2年かけて書いた脚本じゃない!」
涼次「うん… ごめんね 鈴愛ちゃん。せっかく応援してくれてたのに。
   この2年 鈴愛ちゃんに大納言で働いてもらって
   僕はほとんどホンばかり書いてて」
鈴愛「そんな事はいいんだよ!」

この場面で鈴愛が怒るのは分かる。ただ、上に引用した鈴愛と涼次の会話をよ~く読んで欲しい。鈴愛の怒りは、「涼次が監督で無いこと」と「涼次が2年間働かなかったこと」の2つに怒っていることになっている。いや、正確に言えば、2つの原因に対して怒っているように聞こえてしまった。

涼次が「大納言」を口にするのも、鈴愛が怒るのもおかしい

前者の「涼次が監督で無いこと」に怒るのは理解出来る。元漫画家であり、元クリエーター職であり、夫の2年間を支えた妻として、監督を横取りされた気持ちになって怒るのは。でも、後者の「涼次が2年間働かなかったこと」で怒るのはおかしくないか。うん、分かってる。鈴愛はそう言うつもりで「大納言」で働いて来たことに憤慨してのでないことは。

でも、この台詞の並べ方では、既に好意的に見ることの出来ない本作では、涼次がこの場面で「大納言」を持ち出すことも、それに怒っているように見えるような台詞を書くことも、不可思議なこと以外にないのだ。脚本家がクリエーターの心理をまともに描けないとは呆れる限りだ。

涼次は、どこまで本気で映画監督になりたかったのか?

さて、いつまで面白くない三叔母の食事シーンを描くのか。また、どこまで若村麻由美さんと斎藤工さんの出番を増やすのか知らないが。この15分間を見てイライラし続けたことがある。それは、涼次がどこまで本気で映画監督になりたかったのかってこと。

まず、私の記憶では大して描かれて覚えが無い。そこが描かれていないから、前述の鈴愛の「前者の怒り」が、こちらの心に響かない。何とか好意的に見ても「監督を横取りされた」程度。そこへ「大納言」を場違いに持ち出すから、鈴愛も涼次も「監督業で一儲けしたかった」ように映っちゃう。

妻が脚本家として夫が成功するのを応援する話はダメかな?

でもね。私はこう思う。監督と言うか演出家と言う職業のスキルと、脚本家と言う職業のスキルは全く違うモノってこと。これは、古今東西で証明済みだ。

だから、今回、涼次は「脚本家としての才能」を認められたって事なのだから(職業としてのスキルを持ち合わせているかは別の話だが)、むしろ涼次が「絶対に映画監督になりたい」と描かれていないのを利用して…

鈴愛が「涼ちゃん、プロの脚本家になれるよ。それで、お金を稼いで、私を楽にしてよ。それならこの2年間なんて何でもないよ」と笑って励ませば良かった。元漫画家なのだから、脚本の才能に言及するのもギリギリ許容範囲だ。

そして、夫婦でカレーライスを食べながら、次回作の構想を練り始めるとか、それこそ大金持ちになった妄想を映像化するとか。そう言う「夫婦がお互いに助け合って生きて行く」姿を描くのも、朝ドラの醍醐味で無いのか?

15分間、主人公不在…

なのに、妻は「横取りされた」と怒り、夫は「妻だけ働かせた」と反省し、自分勝手な行動に出た祥平は自殺を図る…って、どんな朝ドラなの? 登場人物の多くが普通では理解できない言動ばかりで、挙句の果てには「15分間、主人公不在」と言う失態では、この先の展開に望みなどある訳が無い…

あとがき

強引に2年時間経過させたのですから、鈴愛はずっと「大納言」に勤めていたのを利用して、店の売り上げに貢献したポップを書いて給料が上がったとか、イケメンバイトを雇って近所の女性たちに人気の百均店になって給料アップしたとか、そんなエピソードを入れれば良いのにって思います。

と言っても、明日は祥平の自殺未遂の尻拭いをやって、金曜日に陣痛、土曜日に里帰り出産を描く中で、映画の話はフェードアウトしちゃうと思いますがね。

最後に。前回の感想に 98回もの Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。今回も完全に、鈴愛が脇役でしたね(失笑)。それにして、朝ドラがヒロインから脇役たちに乗っ取られてしまいましたね。明日は今回で中途半端に終わった鈴愛の怒りが三叔母に向けられて、また怒ってる鈴愛を見せられるのでしょう。もう、毎日怒ってばかりのヒロインなんて見たくない…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
朝ドラの55年 全93作品完全保存版 (教養・文化シリーズ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11637/

【これまでの感想】
第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』
61 62 63 64 65 66
第12週『結婚したい!』
67 68 69 70 71 72
第13週『仕事が欲しい!』
73 74 75 76 77 78
第14週『羽ばたきたい!』
79 80 81 82 83 84
第15週『すがりたい!』
85 86 87 88 89 90
第16週『抱きしめたい!』
91 92 93 94 95 96
第17週『支えたい!』
97 98

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【半分、青い。】第99回(第17週水曜日) 感想

……後日、祥平は弓子に前言撤回を願い出るが認められない。斑目(矢島健一)から、その結果を聞かされた涼次は、落胆しながらも祥平を後押ししよう…

見苦しい>『半分、青い。』第99話

​​​​​​​​​​​​​​祥平さんったら 意外に豆腐メンタル(酷 …ひじゅにですが何か? ​「悪い人にならなきゃ」​by佐野弓子 ↑これって自己紹介ですか、北川様? 出版社の近くの店でバイトしたり 顔を覚えてもらえるよう接近したり …って 別に「悪い」ことでもない様な? いわゆる枕営業のことを NHKらしくオブラートに包んで表現し...

見苦しい>『半分、青い。』第99話

​​​​​​​​​​​​​​祥平さんったら意外に豆腐メンタル(酷…ひじゅにですが何か?​「悪い人にならなきゃ」​by佐野弓子↑これって自己紹介ですか、北川様?出版社の近く...

連続テレビ小説『半分、青い。』第99回

内容涼次(間宮祥太朗)の脚本を、原作者の弓子(若村麻由美)は絶賛する。すると、祥平(斎藤工)が、自分に監督をさせて欲しいと言ってしまう。祥平の作品が好きな弓子は快諾。話を聞いた涼次は、それを了承するが。。。敬称略う~~~んん。。。。。いやね。かなり好意的に見てだよ。主人公が怒るのは理解するが。。。。。“大納言”を口にするのは???

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR