●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

半分、青い。 (第98回・7/24) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第17週『支えたい!』の 『第98回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


2年の歳月をかけて、涼次(間宮祥太朗)はようやく映画の脚本を書上げた。苦労に苦労を重ねた作品の完成に、内助の功に徹した鈴愛(永野芽郁)も我がことのように喜ぶ。涼次が脚本を祥平(斎藤工)に見せると、祥平は早速、映画化に向け原作者の許諾を得ようと動き出す。そして打ち合わせの日、プロデューサー・斑目(矢島健一)とともに、映画化を認めないことで有名な人気作家・佐野弓子(若村麻由美)がやってきて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

脚本は「右綴じ、左開き」でしょ?

私だけの違和感だと思うが…と、断っておく。映像の脚本は、多くが「右上から左に向かって縦書き」で印刷される。だから基本的に「右綴じ、左開き」で「縦A4判」。でも、アバンタイトルで涼次がプリントアウトして、祥平が添削をしていた脚本は「A4横、左上綴じ、右開き」だった。これって、企業とかのPPTの資料を印刷配布する時の仕様じゃないの?

それにアバンの終盤直前に山積みされた脚本は「A3(B4か?)横」だった。当時、一般的な家に「A3(B4)対応」のプリンターは無かったと思う。まっ、いいか。それよりも個人的には、祥平は一応ちゃんとした映画監督なら、添削する以前に脚本の体裁、装丁を教えるべきでは? って思う。

お金が無いなら、A4用紙を横にして、2ページ分を縮小印刷するとかして、節約を描くのが順当じゃないだろうか。どうして、こんな部分を演出家は手抜きするのか、私は本気で分からない…。窓枠に年号を嵌め入れて “したり顔” で2年の時間経過を表現する前に、やるべきことをやって欲しい…

本気で脚本家は「鈴愛の倹約エピソード」と思って書いたのか?

しっかし、裕子とボクテが登場すると、途端に雰囲気が悪くなる。つい先日までは、ほぼ愚痴と嫌味ばかり言っていたのに、今回は異常な鈴愛アゲ。それだけで気持ち悪いのに、倹約していた鈴愛の工夫が、喫茶店で水だけとか、お一人様1パック限りの卵を変装して二度並ぶとか…

ただただ普通に考えたら “非常識な言動” をまるで “武勇伝” のようにして祭り上げるって。これ、本気で脚本家は「鈴愛の倹約エピソード」だと思って書いたのか?

2年の時間経過こそ「亡き祖母の語り」が最善だったのに…

でもって、今回を見て、私がこの脚本家にアイデアもセンスも無くなったと思うのは、これまでも良くやって来た「唐突な時間経過の表現」に工夫と思慮が無くなったことだ。

例えば、今回の「2年経過」。脚本家はわざわざ裕子とボクテを登場させて「鈴愛の倹約エピソード」と共に、裕子に時間経過を言わせた。でも、描かれなかった2年間に裕子がどのように、鈴愛と関わっていたかも同時に描かれていないのだから、ここは鈴愛の祖母・廉子(風吹ジュン)の「語り」が最適だ。

だって、天国からずっと孫の鈴愛を見ている唯一の登場人物なのだから「鈴愛はこの2年間…」と始まれば良いし、卵の不正購入も「皆さんは真似しちゃいけません」と釘を刺すことも出来る。そう言う普通のこと、もう思いつかないのか。

2年間添削した祥平の、まるで初見のような歓喜に違和感…

祥平「すげえな。すげえよ これ! いけるよ これ!」

え~と、祥平は2年間ずっと涼次の原稿の添削をして来たんじゃないの? アバンの描写ではそう受け止めるしかなかったのだが。でも、7分過ぎの祥平のリアクションは、明らかに初見の人の感動になっていた。ここは普通に「最後まで良く書いたな。最高の仕上がりだよ」位で良かったのに。

結局、1シーン1シーンを思い付きで書くから、「驚く祥平」が言う台詞だから、前後の繋がりを無視した、「歓喜に湧く祥平」になっちゃった。15分の脚本を頭から読み返せば、この祥平の台詞がおかしいことに気付くのがプロだと思う…

あとがき

サッカーのくだりが無駄に長かったり、世の中の盛況ぶりが事実と違っていたり、生活が厳しい割に涼次のパジャマが新品に見えたり、新キャラの有名な人気作家・佐野弓子(若村麻由美)が、またただのハイテンションな設定だったりと、良いところを見つけることが出来なかった15分間でした。

最後に。前回の感想に 76回もの Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。完全に、鈴愛が脇役になってしまいました。そして、曲りなりにも本作の主人公は、ここ最近朝からパジャマ姿での登場が多い。せめて、朝からパリッとしましょうよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
朝ドラの55年 全93作品完全保存版 (教養・文化シリーズ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11633/

【これまでの感想】
第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』
61 62 63 64 65 66
第12週『結婚したい!』
67 68 69 70 71 72
第13週『仕事が欲しい!』
73 74 75 76 77 78
第14週『羽ばたきたい!』
79 80 81 82 83 84
第15週『すがりたい!』
85 86 87 88 89 90
第16週『抱きしめたい!』
91 92 93 94 95 96
第17週『支えたい!』
97

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2002年>『半分、青い。』第98話

​​​​​​​​​​​​あー ​​2年​​も経過しちゃったよ… 光江さんの野望(?)は昨日のアレでオシマイ? 草太の結婚話はどうなったの? ブッチャー&菜生は? 後出しで何とか辻褄を合わせる予定? それともネタ振りしたことを忘れてる? …ひじゅにですが何か? ​「集中したい」​by佐野弓子 涼ちゃんの脚本を読むのに 集中したいとTV...

2002年>『半分、青い。』第98話

​​​​​​​​​​​​​あー​​2年​​も経過しちゃったよ…光江さんの野望(?)は昨日のアレでオシマイ?草太の結婚話はどうなったの?ブッチャー&菜生は?後出しで何とか辻...

【半分、青い。】第98回(第17週火曜日) 感想

……2年の歳月をかけて、涼次(間宮祥太朗)はようやく映画の脚本を書上げた。苦労に苦労を重ねた作品の完成に、内助の功に徹した鈴愛(永野芽郁)も…

連続テレビ小説『半分、青い。』第98回

内容祥平(斎藤工)のアドバイスで、佐野真弓の原作を利用した脚本を執筆し始めた涼次(間宮祥太朗)2年後、ようやく完成する。祥平にも読んでもらって、好感触。祥平は原作者の許諾を得るため、斑目(矢島健一)とやってきた佐野真弓(若村麻由美)に。。。敬称略また、時間経過ですか。それも、2年。でもなぁ。。登場人物が、ワザワザ説明しなきゃならないことか?そらね、説明すること自体を否定しませんが。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR