半分、青い。 (第95回・7/20) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第16週『抱きしめたい!』の 『第95回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


涼次(間宮祥太朗)から、開けてはいけないと言われた箱の中身が気になって仕方がない鈴愛(永野芽郁)。光江(キムラ緑子)たちの元にその箱を持ち込み、相談する。箱を開けると、中には涼次が書いたと見られる映画の脚本がたくさん入っている。その完成度に光江たちは感心するが、鈴愛はすべてが途中で終わっていることに気がつき指摘する。すると叔母たちが、何事も長続きしなかった涼次の性格を語りだし、鈴愛は不安を覚える。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「神」は "鉄の心臓に札束の羽" の持ち主らしい…

個人的には、早朝から3本の連ドラの感想を投稿し終えて、やっと本作に取り掛かると言う状況で、前回のラストで鈴愛が涼次の箱に興味を持ち、予告編で光江らと開けるのが分かっているのに、光江らの会話から始まり、まずガッカリ感でスタート。しかし、光江のこの台詞に引っ掛かった。

光江「まともな生徒さん おらへん。
   みんな 何ちゅうか 片手間 遊び。本気やないんや」

これ脚本家の自虐ネタとの解釈をした。「まともな脚本家 おらへんし、まともな登場人物も おらへん」って。「脚本家も 登場人物たちも みんな 何ちゅうか 片手間 遊び。本気やないんな」と受け取った。

やはり「神」はお見通しだったのだ、確信犯なのだ。適当に書いてツイートで炎上商法、これで視聴率 21%前後を確保出来れば、ギャラ分は働いたアリバイが作れるって算段なんだ。よく、アバンタイトルの最初の台詞で自虐出来ると思う。やはり、「神」は “鉄の心臓に札束の羽” の持ち主らしい…

夫婦愛や家族愛の欠片も感じないアバンのまま主題歌へ…

で、個人的には犯罪と言うものに抵抗感の無い鈴愛だから、「開けるな」と言われたら開けるのは分かる。開けるに決まっている。しかし、せめて、せめて、自分の部屋で1人で蓋を開けて欲しかった。「涼ちゃん、ごめん」と詫びながら開けて欲しかった。

なのに、光江に食事の世話になりながら、単純に4人の女性が興味本位で身内の持ち物の中身を見ると言う、夫婦愛や家族愛の欠片も感じないアバンのまま主題歌へ… 本当にガッカリだ。

15分で "自己チューで無神経な主人公ここにあり" を描いたの?

さて、本編。これ、情熱的? に出会いから6日間程で結婚したのは良いが、脚本を書く才能があって監督になるのを夢見ている男性だと勝手に思い込んで結婚した自分への怒りと涼次への憤りを、相手の涼次と、ついでに元住吉にまでぶつけて発散している “自己チューで無神経な主人公ここにあり” を描いたってことで良いのだろうか。

演出家の勘違いと手抜きの「笑う所アピール」が連続し過ぎ!

それにしても、つまらないにも程がある。内容が無いのは、北川悦吏子氏が連ドラの中盤で迷走し始めたら、いつもそうだから驚きはしない。また、面白い脚本を書けないのも、重鎮にも間違いはあるってことで許容しよう。しかし、特に「人生・怒涛編」になってからの演出が酷過ぎる。

今回なんて、脚本のト書きや台詞に「視聴者を笑わせる箇所」を意味する「ニッコリマーク」が付いている箇所の全てに、効果音やBGMを付けて、演出家の勘違いと手抜きの「笑う所ですよアピール」が連続し過ぎて、笑えるなら許せるが、悉く笑えないから腹は立つし、気分まで悪くなる。

ホント、 "笑いの押し付け" や "コメディの押し売り" が不快!

先にも書いたが、つまらないとか内容が無いのは許容出来るが、“笑いの押し付け” や “コメディの押し売り” ほど不快なものはない。演出家は、本気で面白いと思って作っているのか? 本気で面白くしようとしているのか? 演出家が面白くしなければ、既に脱稿している本作に、残り2か月と少しの明るい未来は無いと思う。

あとがき

「開けるな」と言われた箱を妻が叔母たちと一緒になって開けて、中身を読んだり、酔って帰宅した夫らに水を掛けたり、元住吉らが話しているのに…

鈴愛「私 明日 大納言なんで 寝てもいいですか」

と大声で会話を遮ったり、夫が世話になっている元住吉に自分の思い通りにならないからって…

鈴愛「それもこれも 全部 元住吉さんのせいですよ」

と宣ったり。最近は、永野芽郁さんが演技が上手いのか分からなくなってしまった鈴愛の相手を睨みつける眼差しとか横柄な態度が本当に不愉快です。それに、今さら…

鈴愛「私 ダメンズと結婚したって事ですか?」

って何様? そして、岐阜弁を使うタイミングも最悪。このままでは、岐阜が嫌いになりそうですよ。打ち切りが無いのは承知していますが、せめて夕方にお口直しの『カーネーション』の再放送を再開して欲しいです。

最後に。投稿が放送翌日になってしまった前々回の感想に 81回の、前回の感想に 79回もの Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。私は未見ですが、世間では「駄作度では『純と愛』を超えた」なんて言う人が増えていますが、そうなんですかね。だとしたら、駄作度の更新記録に立ち会ってるってことですか? 全く嬉しくないです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
朝ドラの55年 全93作品完全保存版 (教養・文化シリーズ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11617/

【これまでの感想】
第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』
61 62 63 64 65 66
第12週『結婚したい!』
67 68 69 70 71 72
第13週『仕事が欲しい!』
73 74 75 76 77 78
第14週『羽ばたきたい!』
79 80 81 82 83 84
第15週『すがりたい!』
85 86 87 88 89 90
第16週『抱きしめたい!』
91 92 93 94

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【半分、青い。】第95回(第16週金曜日) 感想

…箱を開けると、中には涼次が書いたと見られる映画の脚本がたくさん入っている。その完成度に光江たちは感心するが、鈴愛はすべてが途中で終わって…

秘密の箱>『半分、青い。』第95話

​​​​​​​​​​​​何かやたらと ​涼ちゃん=犬や猫​ に例えているけど 犬を助けたために 人生がちょこっと変わってしまった 律や、まー君の様に あるいは 犬を愛し心の拠り所としていたけれど死んでしまって 今は思い出を抱いているのみの 秋風の様に 鈴愛がなり始めている…ということ? いわば…「回り道」? …ひじゅにですが何か? ...

秘密の箱>『半分、青い。』第95話

​​​​​​​​​​​​何かやたらと​涼ちゃん=犬や猫​に例えているけど犬を助けたために人生がちょこっと変わってしまった律や、まー君の様にあるいは犬を愛し心の拠り所とし...

連続テレビ小説『半分、青い。』第95回

内容涼次(間宮祥太朗)が開けるなと言った箱が気になる鈴愛(永野芽郁)光江(キムラ緑子)麦(麻生祐未)めあり(須藤理彩)に相談し、開けると。。。敬称略主人公に対しては、不快感が消えない状態で。なんとなく、良い人っぽい涼次を投入。だからといって、興味を抱けるほどでも無く。実際、劇中の時間でも、出会って1週間で結婚と言っているように。描いている時間も、極端に短く。馴染んでいるほどでも無く、興味を抱...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR