限界団地 (第5話・2018/7/7) 感想

限界団地

東海テレビ制作・フジテレビ系・オトナの土ドラ『限界団地』公式
第5話(全8話)『行け!ダンチマン!』の感想。



47年前、寺内(佐野史郎)が加代子(江波杏子)の夫を殺害したことを江理子(足立梨花)に手紙で告発したのは仁(山谷初男)だった。口外しないと約束した仁の裏切りに、寺内は激怒する。仁は、団地で起きた不審な事件の数々は悪魔の心が蘇った寺内の仕業と気付き、悪行を止めようと江理子の家に手紙を投函したのだ。警察に自首することを望む仁に対し、寺内は不敵な笑みを浮かべ、団地住人で作る文集に名作を書くよう脅迫する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:香坂隆史(過去作/火の粉、真昼の悪魔)
演出:湯浅典子(過去作/映画・狂い華) 第1,2,4
   千葉行利(過去作/僕とスターの99日) 第3,5
音楽:中村巴奈重、田渕夏海、櫻井美希
主題歌:majiko「ひび割れた世界」(ユニバーサル ミュージック)

最終章に向かうための新たな種(ネタ)蒔きが、面白く描かれた

サスペンス要素が強い演出の千葉行利氏だが、今回は第2話以上に「アップ」の使い方と、巧みなカメラアングルのカットを使った編集が、より効果的に使われ、全体的に「最終章に向かうための新たな種(ネタ)蒔き」が面白く描かれた…そんな印象が強かった第5話。

寺内に加えて、団地全体の謎も深まって面白くなった

本編は、前回までの「団地の事件の裏に必ず寺内あり」と言う展開だったが、今回はそれを止めて、自治会長まで暗躍に加わって、寺内に加えて、団地全体の謎も深まって面白くなった。それにしても「ダンチマン」のお面を作った美術さん、怪しさ溢れる良いのを作ってくれた。

あとがき

佐野史郎の存在感と演技力が、回を重ねる毎に「寺内」と重なって、怖さが増してますね。配役したスタッフの勝利ですね。スタッフと言えば、今回を見て、改めて本作の劇伴が良いなと思ったら、サントラ盤が 2018年7月18日に発売予定になっていました。これは買いですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
東海テレビ オトナの土ドラ「限界団地」オリジナル・サウンドトラック
【早期購入特典あり】ひび割れた世界【特典:缶バッジ】


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11572/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オトナの土ドラ『限界団地』第5話

『行け!ダンチマン!』内容加代子(江波杏子)の夫を殺した事実を唯一知るのは父・仁(山谷初男)そのことに気付いた寺内(佐野史郎)は、激怒する。誰にも言わないと約束したはずなのに。。と。寺内が息子夫婦のことをきっかけに、暴走し始めたと思い、身の危険を感じた仁は、体が不自由なふりをしていたのだった。なんとか、止めようと、江理子(足立梨花)に告発文を送っていたという。自首を勧める仁に、寺内は、言うと...

限界団地 第5話 『行け!ダンチマン!』

    JUGEMテーマ:今日見たテレビの話          寺内仁が寺内誠司の暴走を止めるために   桜井江理子に寺内誠司が行った悪行を手紙で知らせた   ことが寺内誠司にばれてし...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR