半分、青い。 (第77回・6/29) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第13週『仕事が欲しい!』の 『第77回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


突然届いたはがきで、律(佐藤健)の近況を知った鈴愛(永野芽郁)。実家に電話をかけ、それが本当か晴(松雪泰子)に確かめる。鈴愛の心の内が痛いほどわかる晴は言葉を失うが、娘の問いかけに明るく答える。同じころ、同じ知らせを受けていた秋風(豊川悦司)も動揺し、裕子(清野菜名)、ボクテ(志尊淳)に相談していた。秋風は律の会社に電話をかけ、事実を確かめようとする。そこで三人は、律から真相を聞くことに…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

結婚出来ない理由に「理系オタクやし」は、頂けない…

主題歌明けから、どうしてあんな表情をしているのか良く分からないが、まっ、演技指導と演技力の生み出したものだから、これ以上言ってもしょうがないだろう。しかし、また今回も余計な台詞を加えたお蔭で、簡単に鈴愛の好感度が、また1段階下がってしまった。それが、鈴愛が母・晴との電話の会話の中にあった。

鈴愛「理系オタクやし」

どんな根拠から、鈴愛は律が「結婚なんてできへんと思ったわ」と考えたのか分からないが、問題はそこじゃない。「あいつは 小さい頃から変わりもんで」が理由なのは分かる。私の30年以上の友人でも「あいつは 高校生の頃から女っ気がなかったから」なんて、本人を相手に笑い話さえすることはあるから。

しかし、「理系オタクやし」は頂けない。「理系オタクや=結婚できない」なんて、どう考えても前回と同様の “見下し” だ。いや、“差別” と言っても良いかも知れない。脚本家は軽い気持ちで律の特徴として書いたと想像するが、「理系オタクやし」が無くても成立する会話に、“見下し” や “差別的” な表現を入れてはダメだと思う。

この一言で、「鈴愛は何様なの?」となってしまうではないか。主人公の台詞は、もっと細心の注意を払って書いて頂きたい。素人の私が「神」に言う事ではないが、これは受信料を支払っている人からの “お願い” と受け止めて欲しいと思う…

鈴愛と清が衝突してから、9年間が経過しているのに…

さて、秋風先生のおかしな言動や、未だお節介なボクテと裕子、過保護を超越した鈴愛の両親など、異論や違和感があるが、1つ1つ挙げるのが面倒だから今回は止めておく。で、今回の感想の結論に行きたいのだが、その前にちょっと復習と言うか、思い出してみたい。

第60回で鈴愛と清が衝突したのは、1990年で鈴愛19歳の時。第73と74回で鈴愛が律からのプロポーズを断ったのは、1995年で鈴愛24歳の時。そして今回が1999年で鈴愛28歳。

何を言いたいのかと言うと、上記の3つのエピソードでは、全体で約9年間の時間経過があるが、清と衝突した時は鈴愛がストーカーのように見えたし、今回のラストもストーカーに見えた。ストーカー規制法の発令が2000年だから、犯罪行為となってもおかしくない時代なのに…

一日も早く鈴愛を応援したくなるヒロインにすべき…

では、なぜ脚本家は鈴愛をストーカーのように描くのか? 本作の主人公・鈴愛に限らず、人間は9年間で人間性が大きく変わることはないかも知れない。脚本家は、そう言う人間の不変的な部分とか、純粋で一途な思いを描いた “つもり” かも知れない。

しかし、9年前の事件の時も、今回も、残念ながら鈴愛の言動は、単純に一方的な思いでストーカー行為をしているようにしか見えないのだ。だから、鈴愛に共感出来ない。鈴愛に共感出来ないから、鈴愛に共感したり鈴愛を応援する、その他の登場人物たちにも共感が出来ない。

いや、共感するしない以前に、鈴愛への不快感や、鈴愛を慕う人たちへ気味の悪ささえ感じてしまうのだ。とにかく、小手先の “ポエムな台詞” でなく、抜本的なストーリーの修正をして、一日も早く鈴愛を応援したくなるヒロインにすべきと思う。

あとがき

百歩譲って、鈴愛が、仕事が上手く行かなくて精神状態が不安定となり、それで奇行をしているとするなら、そのように描くべきです。また、律への変わらぬ思いを上手く表現できない子(28歳ですが)なら、そう見えるように描くべきと思います。それとも、今週の鈴愛を見て、上記の2つのいずれかと好意的に見ている視聴者の方が多いのでしょうか?

最後に。前回の感想に、133回の Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。コメントを読ませて頂くと、朝ドラが好きで毎日見るのが習慣で楽しみにしているのに、どんどん毎朝が憂鬱になっていくのが堪らなくイヤだから、何とかしたい! と思っている方が多いように思います。でなければ、とっくに視聴を止めていると思うので。何とかならないでしょうか…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 半分、青い。 Part1 (NHKドラマ・ガイド)
【Amazon.co.jp 限定特典/クリアファイル付き】「永野芽郁 in 半分、青い。」PHOTO BOOK
「永野芽郁in半分、青い。」PHOTO BOOK―2018年度前期連続テレビ小説 (Tokyo news mook)
半分、青い。 上 (文春文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11539/

【これまでの感想】
第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』
61 62 63 64 65 66
第12週『結婚したい!』
67 68 69 70 71 72
第13週『仕事が欲しい!』
73 74 75 76

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無理>『半分、青い。』第77話

​​​​​​​​​​​​里芋が半分残ったのは 律をもぎ取られて半分になった鈴愛を象徴? より子さんとの出逢いは 清の時と同じく律の住居のベランダ超し より子さんも多分 清と同じく、逢う前から鈴愛に攻撃的 清さんとの時は、取っ組み合いになって フクロウ会の思い出の写真を鈴愛が破った形になったけど 今回は、有無を言わせず より子さんを刺す鈴愛! …なんて展...

無理>『半分、青い。』第77話

​​​​​​​​​​​​里芋が半分残ったのは律をもぎ取られて半分になった鈴愛を象徴?より子さんとの出逢いは清の時と同じく律の住居のベランダ超しより子さんも多分清と同じく...

連続テレビ小説『半分、青い。』第77回

内容仕事が進まない中、鈴愛(永野芽郁)は、律(佐藤健)が結婚したと知る。実家に電話し、母・晴(松雪泰子)に。。。。一方、秋風(豊川悦司)は、ボクテ(志尊淳)裕子(清野菜名)に相談し。。。敬称略その1。 3週ほど前の第60回で、清と騒動を起こした主人公。その2。 で、1週ほど前の第73回で、律からプロポーズされた主人公。その3。 今回の第77回これら、それぞれの“間”には、劇中で“時間経過”が...

【半分、青い。】第77回(第13週金曜日) 感想

…同じころ、同じ知らせを受けていた秋風(豊川悦司)も動揺し、裕子(清野菜名)、ボクテ(志尊淳)に相談していた。 秋風は律の会社に電話をかけ、事……

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR