半分、青い。 (第75回・6/27) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第13週『仕事が欲しい!』の 『第75回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


秋風(豊川悦司)から突然、見合いを勧められた鈴愛(永野芽郁)。そんな秋風の言葉を意に介さず、チャンスは絶対に逃さないと次の作品へ意欲を見せる。漫画家としてなんとか踏み止まろうとする鈴愛の姿を見た秋風は、ボクテ(志尊淳)とともに大手出版社の編集長に会い、自分が漫画を描く交換条件として、鈴愛の漫画を掲載してほしいと頼む。こうして鈴愛の新作掲載が決定するが、やはり鈴愛はストーリーが思いつかず…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「アバンタイトル無し」を既定路線にしたら?

もう、「アバンタイトル無し」を既定路線にしたらどうだろう? その方が、リセットして見られるから。どうせ、本作に連続性なんて、もはや求めていないから、「一話完結」っぽさを強調するためにも。

今回は、脚本家が試行錯誤している姿が見えた!

さて、いくらオーナーとは言え、28歳の女性の部屋に入って来て喋ってる秋風のシーンも違和感があるが、結局、アトリエで喋ると、これまたいつものコピペに見えるから、脚本家が工夫したのだろう。いや、今回は脚本家が試行錯誤している姿が少し見えた。

例えば、序盤の鈴愛と裕子の “どんぶらこっこ” のくだり。裕子の台詞は相変わらず “ポエムな台詞” をやり過ぎて、何を言いたのか全く伝わって来なかったが、その言葉を受けた鈴愛の台詞には、頑張って “ポエムな台詞” を使わない選択をしたように見えた。

だから、結局2人の会話がぎくしゃくして、鈴愛が今回がラストチャンスと思っていることしか伝わらなかったが。8分間も尺を割いてだ。

才能を信じて思い付きで書くから、ポエムしか浮かばない…

その後の秋風と菱本との会話も、これまでよりは秋風の台詞がギリギリ “ポエムな台詞” にならないように書き換えたように感じた。それは「語り」にも同様のことが言える。これね、きっと “神” だから分かっているのだ。劇中が “ポエムな台詞” ばかりになると、話が進まず焦点がぼやけることを。

しかし、“神” だから自然と湧いてきてしまうのだ。ペンが止まると “ポエム” や “亡霊” が。で、書いては消すが上手くまとまらない。その理由は、自分の感性を信じ、思い付きこそ才能と信じて書いているから。

ならば「ポエムは鈴愛だけに使う」と決めれば良いだけ

その悩みを解決するのって、“神” なら簡単だと思う。「“ポエム” は鈴愛だけに使う」と決めれば良いのだ。そうすれば、鈴愛の主人公としての特徴にもなるし、今後に個性的な発想をしても納得し易い。もちろん、“ポエム” が増えると話は停滞する。だって、雰囲気重視になるから。

でも、何が何でも話を前進させることよりも、まずはヒロインの好感度を上げて、毎朝見るのが楽しみな明るい朝ドラにする方が先決。だって、本作は全156回の予定で、今回が第75回だから、もう半分しか残っていないのだ。残りの3か月は『半分以下、ポエム。』程度を目指すべきでは?

あとがき

ついに、具体的なドラマの内容について感想を書けない状態になりましたね。今回の15分なんて本当に必要だったのかって思いました。ただただ、アイデア不足で、浮かんでくるのは “ポエム” ばかりなのでしょう。誰か “神” に手を貸すことは出来ないのかなって思った15分間でした。

最後に。前回の感想に、94回の Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。前回も書いた通り、相次いで視聴離脱の読者さんが増えています。その一方で、Web拍手やコメントはたくさん頂きます。今朝も「どうせ今回も…」と言う思いと「何とか、今回だけでも…」と言う2つの心境で見たものの、やはり前者になってがっかりした読者さんが多いと思います。私も、その1人です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 半分、青い。 Part1 (NHKドラマ・ガイド)
【Amazon.co.jp 限定特典/クリアファイル付き】「永野芽郁 in 半分、青い。」PHOTO BOOK
「永野芽郁in半分、青い。」PHOTO BOOK―2018年度前期連続テレビ小説 (Tokyo news mook)
半分、青い。 上 (文春文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11532/

【これまでの感想】
第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』
61 62 63 64 65 66
第12週『結婚したい!』
67 68 69 70 71 72
第13週『仕事が欲しい!』
73 74

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

どんぶらこ>『半分、青い。』第75話

​​​​​​​アイディアか… 手塚治虫と(当時の)若手マンガ家達との対談で 「一番苦労するのはアイディアを考える段階」 という点で全員の意見が一致したのに、その後の会話が噛み合わず 司会者が一人一人に意味するところを聞いてみたところ 手塚以外の全員 =文字通りアイディアを考え出すのが一番大変 なのに対し 手塚治虫 =次々と湧き上がるアイディアのどれを採用する...

どんぶらこ>『半分、青い。』第75話

​​​​​​​アイディアか…手塚治虫と(当時の)若手マンガ家達との対談で「一番苦労するのはアイディアを考える段階」という点で全員の意見が一致したのに、その後の会話が噛み...

連続テレビ小説『半分、青い。』第75回

内容突然、秋風(豊川悦司)から、見合いを勧められる鈴愛(永野芽郁)漫画家を辞めろと言うことかと問い正してきた鈴愛に、秋風は、イラストの仕事がある事を伝える。即決する鈴愛に、秋風は、“秋風塾”の再開を提案するのだった。そして秋風とボクテ(志尊淳)は。。。。敬称略“半分、自虐。”なのだろうけど。。。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR