半分、青い。 (第72回・6/23) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第12週『結婚したい!』の 『第72回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


貴美香(余貴美子)の還暦パーティーに律(佐藤健)も出席すると聞いた鈴愛(永野芽郁)は、久しぶりに岐阜の実家に帰ってくる。晴(松雪泰子)や宇太郎(滝藤賢一)、仙吉(中村雅俊)は鈴愛の帰省に大喜び。しかし翌朝、パーティーに参加するため、とっておきのドレスを準備してきた鈴愛に、思わぬ悲劇が襲いかかる。パーティーに行きたくても行けない鈴愛。刻々と時間は過ぎていく。ついに鈴愛はパーティー会場に向かうが…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

"作風" を、全面的に否定するつもりはない!

脚本家は、斬新だしキャラも立っており、丁寧に描いているつもりなのだ。演出家も、笑えて泣けて感動的なドラマを作っているつもりなのだ。そして、好き嫌いは別にして、そう言う物語の綴り方や描写のお約束などが、一般的には “作風” と言うものだから、全面的に否定するつもりはない。ただ…

既視感ばかりでは、私には「またか」の連続でしかない…

ただ、私には、例えば今回のドレスのくだりは、つい先日の裕子の結婚式の衣装の話と似たように見えた。

また、細かく拾い上げるのは面倒だからやらないが、ここ最近の話は、いずれもこの2か月半の中で既視感のあるエピソードや、はたまた人が入れ替わっているだけとか、古き良き時代のトレンディドラマの焼き直しにしか見えないものばかり。だから、子役時代ほどの面白さは感じない。ただただ、私には「またか」の連続でしかない。

"ポエムな台詞" が"本作らしさ" なのも大いに認める!

“ポエムな台詞” が、本作の唯一の特徴であり、“本作らしさ” を醸し出しているのは認める。何となく耳障りは良いし、劇伴と合わされば、感動的なことでも言っているように感じる。でも…

全ての台詞が "ポエム" では、雰囲気だけで不明瞭過ぎる…

でも、最初の頃は “ポエム” は主人公と「語り」くらいだったのに、最近では、ほぼ全員が “ポエム” を口にし、主人公は今回のような感情的な台詞以外は、ほぼ全て “ポエム” と言う、私にとっては異常事態と言いたくなるほど、言ってることが不明瞭な “ポエムな台詞” ばかりになった。

だから、話の内容なんて、バカな私の頭には入って来ない。もっと、誰にでも理解出来る分かり易い台詞にして欲しい。世界中でいろんな立場の人が見るのが、朝ドラなのだから。

また、脚本家による「神回宣言」か…

更に、北川悦吏子氏を著名なプロの脚本家として認めた上で言いたい。視聴者たちから自然発生的に「神回!」と称賛されてこその「神回」でないのか…って。しかし、一度でもウンザリなのに、また脚本家による「神回宣言」が発令された。もうお好きにどうぞレベルの愚行としか思えないのだが。

「半分、青い。」北川悦吏子氏 2度目の「神回」予告!鈴愛と律は再会?再び激動の週明けに
     https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/22/kiji/20180622s00041000370000c.html

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)の脚本を手掛ける北川悦吏子氏(56)が22日夜、自身のツイッターを更新。週明け25日に放送される第73話は「神回」と予告した。永野芽郁(18)演じるヒロイン・鈴愛と佐藤健(29)演じる“運命”の幼なじみ・律の別れを描いた第61話(11日)に続く2度目の“神回予告”。鈴愛と律は5年ぶりの再会を果たすのか。中盤最大のクライマックスになりそうだ。

朝ドラは、誰のお金で作られているのか?

ここで何を書こうが届かないことは分かっているが、敢えて言う。脚本家を始め作り手たちは、朝ドラが、脚本家の自腹でも、CMスポンサーからの制作費でもなく、誰のお金で作られているのか、今一度考えるべきだ、と。

あとがき

最近、ストーリーに触れる感想を書いていません。相変わらずストーリー展開に興味関心がわかないからです。そして今回や予告編を見ても、漫画編に一区切りつかないと物語は大きく進みそうにないので、さて、感想は続けるか。でも、週明けの月曜日は「神回」らしいので、見てみます。

最後に。前回の感想に、85回の Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。今週、裕子でやっていた仕事がなくなるみたいなのを、来週は鈴愛でやるのかな? 『わろてんか』も脚本家のアイデア不足が目に付きましたが、本作の方が自作や過去の有名作品を持ち出している時点で『わろてんか』以上のアイデア不足に陥っているのではないでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 半分、青い。 Part1 (NHKドラマ・ガイド)
【Amazon.co.jp 限定特典/クリアファイル付き】「永野芽郁 in 半分、青い。」PHOTO BOOK
「永野芽郁in半分、青い。」PHOTO BOOK―2018年度前期連続テレビ小説 (Tokyo news mook)
半分、青い。 上 (文春文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11519/

【これまでの感想】
第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』
61 62 63 64 65 66
第12週『結婚したい!』
67 68 69 70 71

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プレ神回>『半分、青い。』第72話

​​​​​​​​​​​​​​タイトルバックに 「群馬県みどり市」 とあったので えっ 東京と岐阜の話じゃなかったの? と思ったら 律との再会場所となる 架空の「夏虫」駅のロケ地が ​わたらせ峡谷鉄道​だ! …と そこだけ、ちょいと興奮(笑) …ひじゅにですが何か? ​「片耳しか聞こえなくても私に必ず届くのだ」​by鈴愛 ↑左耳...

プレ神回>『半分、青い。』第72話

​​​​​​​​​​​​​​タイトルバックに「群馬県みどり市」とあったのでえっ東京と岐阜の話じゃなかったの?と思ったら律との再会場所となる架空の「夏虫」駅のロケ地が​わ...

連続テレビ小説『半分、青い。』第72回

内容菜生(奈緒)に貴美香(余貴美子)の還暦パーティーの話を聞く鈴愛(永野芽郁)締め切りがあると断りを入れる鈴愛だったが、律(佐藤健)もやってくると知らされ。。。。久々に、実家に帰ってきた鈴愛。敬称略きっと。。。。してやったり。。。と思っているのだ。まあね、いろいろと重ねたりしているのも分かるけど。正直、“この程度”で、そんなコトを言われても。。。。。恥ずかしげもなく、よく言えるよ、ってのが本...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR