半分、青い。 (第63回・6/13) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第11週『デビューしたい!』の 『第63回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


律(佐藤健)との一件で傷心の鈴愛(永野芽郁)だったが、秋風(豊川悦司)にたきつけられ、デビューを目指して一心不乱に漫画を描き始める。アシスタント仲間の裕子(清野菜名)とボクテ(志尊淳)は、鬼気迫る鈴愛の姿に圧倒されつつも、負けられないと闘志を燃やす。三人は、秋風からダメだしを受けながら作品を描き続け、アシスタントとしても精進を重ね、やがて2年近くが経(た)つころ、最初にデビューを果たしたのは…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

秋風を罵倒する人に、人を感動させる漫画を描けるのかな?

「笛を捨てて」と言った人の気持ちを察して、笛を捨ててくれた人に対して、「人の心が無い」と罵倒する。こんな人が、人の心を動かすような漫画を描けるのだろうか?

時間だけ経過させずに、時代の変化も描かないと意味が無い

そんなことを考えていたら、ラストで2年間も時間経過して、1992年になってしまった。これ、どうしてありきたりな表現で時間だけ経過させちゃったんだろう? 式サイトに「高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け」って書いてあるのにね。

だって、1990年はバブル景気最後の年で、翌年から土地バブルが弾けて平成不況に突入する、謂わば日本の高度成長期の本当の意味でも終わりを告げた時代。だから、時間を経過させるだけでなく、時代もちゃんと経過させないと、バブル期に時代設定した意味が無いような。ホント、この脚本家のやりたいことは良く分からん…

あとがき

自虐ネタ的な台詞やら、笛などの不愉快なネタも満遍なく散りばめられて、ネット炎上やマスコミの話題づくりに必死なようですね。あとは、脚本家自身のネタ発信もありました。もう、そう言うやり方でないと世間の注目度を挙げられないと承知しているのでしょうか。良くも悪くも、視聴率位しか話題の無い本作。

最後に。前回の感想に、76回の Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。1回分を使って、2年の時間を経過させただけで、登場人物らの成長や変化も中途半端に終わってしまって残念。それに、師匠に「ロボット」って言えちゃうヒロインにもがっかり…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 半分、青い。 Part1 (NHKドラマ・ガイド)
【Amazon.co.jp 限定特典/クリアファイル付き】「永野芽郁 in 半分、青い。」PHOTO BOOK
「永野芽郁in半分、青い。」PHOTO BOOK―2018年度前期連続テレビ小説 (Tokyo news mook)
半分、青い。 上 (文春文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11481/

【これまでの感想】
第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』 61 62

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カラス>『半分、青い。』第61話

​​​​​​​​​​​​​今日一日で二年が過ぎちゃったよ(笑) 鈴愛が成人になったとこも バブルの崩壊もスルー ここ、結構、重要な年だと思ってたのに― バブルと共に鈴愛の ハチャメチャな「子供」時代も終了するかと期待してたけど 素っ飛ばしちゃったってことは 21歳になってもまだまだ… ってこと?(愕然) …ひじゅにですが何か? ​「台詞...

カラス>『半分、青い。』第61話

​​​​​​​​​​​​​今日一日で二年が過ぎちゃったよ(笑)鈴愛が成人になったとこもバブルの崩壊もスルーここ、結構、重要な年だと思ってたのに―バブルと共に鈴愛のハチャ...

連続テレビ小説『半分、青い。』第63回

内容秋風(豊川悦司)に促され、漫画を描き始めた鈴愛(永野芽郁)敬称略で。ツッコミを入れて欲しいんだろうから、書いてあげますが。 秋風“セリフに溺れるな”自虐?(失笑)

【半分、青い。】第63回(第11週水曜日) 感想

アシスタント仲間の裕子(清野菜名)とボクテ(志尊淳)は、鬼気迫る鈴愛の姿に圧倒されつつも、負けられないと闘志を燃やす。三人は、秋風からダメ…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR