半分、青い。 (第61回・6/11) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第11週『デビューしたい!』の 『第61回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


律(佐藤健)から呼び出され、おもかげで話をすることになった鈴愛(永野芽郁)。律は昼間にあった鈴愛と清(古畑星夏)の衝突について話を切り出す。とっさに「律は私のものだ」と口走ってしまった鈴愛に対し、もう子供のころのままではいられないと言う律。一方の鈴愛は、誰よりも近い存在だった律から突きつけられる現実に、気持ちの整理がつかないでいる。そして律はついに、鈴愛に対し後戻りができないひと言を伝える。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

朝ドラのヒロインを "ストーカー" にしちゃだめでしょ!?

折角、週の始まりの月曜日なのに、序盤でこんな台詞↓を鈴愛に言わせたら、予告編で「今週は、やっと漫画家物語に戻るかも?」との細やかな期待と願いが一瞬で崩壊してしまったではないか?

鈴愛「取られると思うと 返せって言っとった。
   いつも 私は 律の隣に おった。
   小学校のお誕生日会でも 梟会でも 教室でも
   律の隣は 私の場所やった」

脚本家がやろうとしていることは、ほぼ分かってる。同じ日に同じ病院で隣同士のベッドで生まれた男女の不思議な因縁で結ばれた恋の物語…的な雰囲気を醸し出して、ひと昔前の月9みたいな恋バナを描いて自己陶酔の真っ最中だってことは。でも、この鈴愛の台詞↑は、ストーカーの理屈とほぼ一緒。

流石に、「赤ちゃんの頃から一緒にいたから、つい自分の所有物のように思っちゃって…」なんて、可愛い恋心ににた初心(うぶ)な感情には見えない。いや、こう言う “一方的な思い込み” がストーカーじゃないのかな? ついに、朝ドラのヒロインをストーカーに見せちゃうのはよろしくないにも程があると思うが。

脚本家が、「今回を神回」と言ったらしいが…

さて、ちょくちょく読者さんからも「脚本担当の北川悦吏子氏がネタバレをしている」との情報提供があるが、今回は私のアンテナにもこんな恐ろしい話題が飛び込んで来た。

「半分、青い。」北川悦吏子氏 明日11日は「神回」視聴者と異例の直接交流 鈴愛と律の絆に変化
     https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/10/kiji/20180610s00041000370000c.html

脚本を手掛ける北川悦吏子氏(56)が9日夜、自身のツイッターを更新。週明け11日に放送される第61話は「神回」と予告した。“運命”の幼なじみ、鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)の関係に変化が訪れようとしており、序盤最大のヤマ場になりそうだ。

「あ、あの、来週月曜の『半分、青い。』は神回の中の1回です。私の中では。神回って自分で言っちゃダメか。私なりの、です。私の中のマックス。書いてて、2回、こういう回がありました。そのうちの1回です。ぜひ、お見逃しなく」

うーん、こう言っちゃ悪いが、脚本家としてそれなりの実績のある、それも50歳代後半の立派な大人の女性が、自らの作品を「神回」と拡散するのって、恥ずかしくないのだろうか。そこまで自信家であり自己陶酔しまくっていると言うことか。どうか、今一度冷静になって頂きたい。「神回」と言うのは周囲が認めることだってことを…

そして、どうやら、今回の15分間に散りばめられた律の “ポエムな台詞” の数々が、その「神回」の理由らしい。確かに “ポエム” が満載な15分間だったのは認めるが、この15分間を私は「神回」とは思えない。そして、このニュースの文末にある、「北川氏のつぶやきは、ドラマ視聴の楽しみを確実に増やしている」なんてことを書いている記者も信用出来ない…

相変わらず、物語の節目の部分がやたらと長過ぎる!

それにしても、脚本家の良くないところがぎゅうぎゅうに詰まった第61回。鈴愛の片耳視聴が発覚したくだりや、「ぎふサンバランド」の建設のくだり、鈴愛が上京するくだりなど、物語の節目の部分がやたらと長い。必要なら良いのだが、こちらには意味不明な位に引き延ばして、終わってみるとなんてことはないことばかり。

今回はそれが顕著だった。だって、要は、今回に必要なことって、律のこの台詞↓だけでしょ?

律「でも ルールを破ったの そっちじゃん」

回想シーンを重ねたって、見ているこちらは子役時代と別物の作品しか見えていないのだから、やっても無駄なだけ。むしろ、印象の良かった子役時代を入れちゃったから、余計に今の “律に対しての思考回路がストーカーもどきで、謝ることを知らなくて、自己中心的過ぎるヒロイン” が強調されちゃった。

物語はどうでも良いから、清々しく楽しい朝を迎えさせて!

もう、どんなエピソードでも良いから、鈴愛を公式サイトに書いてある「ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロイン」にして欲しい。そして、毎朝そんなヒロインを応援できるような清々しく楽しい朝を迎えさせて欲しい。もう、この先のストーリーなんて、どうでも良いから!

あとがき

せめて、せめて、今回を先週の金曜日にして、土曜日にオクテや裕子たちに励まされて、秋風が「その気持ちを漫画にしろ!」で終わっていたら、かなりドラマとしては好印象になったと思いますが、これが月曜日だと先が思いやられますね。脚本家、自己陶酔し過ぎで、物語が上っ面で滑っていることに気付いていないのかな?

最後に。前回の感想に、62回の Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。いやぁ、今回の15分は長かった…の、一言。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 半分、青い。 Part1 (NHKドラマ・ガイド)
【Amazon.co.jp 限定特典/クリアファイル付き】「永野芽郁 in 半分、青い。」PHOTO BOOK
「永野芽郁in半分、青い。」PHOTO BOOK―2018年度前期連続テレビ小説 (Tokyo news mook)
半分、青い。 上 (文春文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11472/

【これまでの感想】
第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【半分、青い。】第61回(第11週月曜日) 感想

とっさに「律は私のものだ」と口走ってしまった鈴愛に対し、もう子供のころのままではいられないと言う律。一方の鈴愛は、誰よりも近い存在だった…

デビューしたい!>『半分、青い。』第61話

​​​​​​​​​​今日は​「神回」​(by北川悦吏子) だそうですわよ、奥様! …ひじゅにですが何か? ​「僕たちは、記憶のお手玉をする」​by律 酔ってますなあ… 清に突き飛ばされた弾みとはいえ 思い出の写真を破ってしまったのは鈴愛。 清に触発されたからとはいえ 「ルール」を破ってしまったのも鈴愛。 だから 何よりも大切...

デビューしたい!>『半分、青い。』第61話

​​​​​​​​​​今日は​「神回」​(by北川悦吏子)だそうですわよ、奥様!…ひじゅにですが何か?​「僕たちは、記憶のお手玉をする」​by律酔ってますなあ…清に突き飛ばさ...

連続テレビ小説『半分、青い。』第61回

『デビューしたい!』内容律(佐藤健)に話がしたいと呼ばれた鈴愛(永野芽郁)鈴愛と清(古畑星夏)とのことについて。。。敬称略いくらなんでも、長すぎだよ。先週末で、終わらせておけば良いのに。週またぎになった瞬間。“また?”という印象になってしまい、さすがに、食傷気味だ。で。こんなマイナスの印象を、週頭に見せられると。“朝ドラ”にとって致命的なのは。よっぽどの展開が無い限り、週末まで、印象を引きず...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR