Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 (第9話・2018/6/9) 感想

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子

日本テレビ系・土10ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』公式
第9話『悪魔が容疑者!?運命の罠と戦え!』の感想。


出社した博史(佐藤勝利)は、調査会社の縣(大高洋夫)が殺され、警視庁の刑事・一之瀬らが聞き込みに来ていると知る。前夜、自身の父親の件を博史に明かした眞子(菜々緒)は、直後、ナイフを手に襲い掛かった縣に反撃。博史には帰るよう促した。眞子の事件への関与を疑い、博史は動揺を隠せない。一方、一之瀬らは縣を知る千紘(木村佳乃)、大沢(船越英一郎)、喜多村(西田敏行)、そして修(鶴見辰吾)にも事情聴取を行う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:山浦雅大(過去作/銭形警部シリーズ、都庁爆破!) 第1,2,3,5,7,8,9
   藤平久子(過去作/ミラクルちゅーんず♪) 第4,6
演出:佐久間紀佳(過去作/相棒シリーズ、おみやさんシリーズ) 第1,2,3,79
   小室直子(過去作/ウチの夫は仕事ができない) 第4,6,8
   本多繁勝(過去作/今からあなたを脅迫します) 第5
音楽:井筒昭雄(過去作/99.9 -刑事専門弁護士-シリーズ)

博史の使い方、もう少し工夫を出来なかったのかな?

流石に「最終章」と言うだけあって、「ホテルの保険金の謎」の部分は、それなりに面白くなって来たのは認める。しかし、前回以上に博史はもちろんのこと、「人材活用ラボ」がそのくだりに全く関わっていない、ただの第三者。もはや、菜々緒さんの美脚目当ての視聴者頼みのような作品。もう少し、眞子とラボを絡めれば良かったのに…

あとがき

やっと、次回が最終回。謎は解決しそうですが、博史の必然性についても納得できる展開に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」 オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11468/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

土曜ドラマ『Missデビル~人事の悪魔・椿眞子~』第9話

内容眞子(菜々緒)から、ホテルアックスの火災事故で、保険金が支払われなかったことを聞く博史(佐藤勝利)当時、社長だった喜多村(西田敏行)、担当の大沢(船越英一郎)そして新人の千紘(木村佳乃)、調査会社社長の縣(大高洋夫)が関わり、それらの事実を、博史の父・修(鶴見辰吾)も知っているという。そのため、博史の家族にも危険が及ぶ可能性があると言う事だった。そんななか、警視庁の刑事・一之瀬(小市慢太...

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 第9話

眞子(菜々緒)の父親が経営していたホテルアックスの火災事故で保険金が支払われなかったのは、当時担当していた大沢(船越英一郎)と保険調査会社の縣(大高洋夫)が偽装工作をしたせいでした。 そして、喜多村(西田敏行)が千紘(木村佳乃)を捨てた父親だったことも明らかになってしまい・・・ 次々と衝撃の事実が判明する中、縣が何者かに殺害されます。 大沢や喜多村たち共亜火災保険の関係者は...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR