ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

まるで見た目は学校な 宿泊施設・自然の家「くすの木」

先日、私が副理事長を務める千葉県内のとあるNPO法人の総会と懇親会に参加してきました。今年は、じっくりと腰を据え、且つ、楽しくやろうと言うことで、宿泊込みで実施しました。

実際に利用した会議・宿泊施設は、房総半島の真ん中、南房総市にある、和田町営の体験交流型宿泊施設・自然の家「くすの木」(公式サイト)。一番上の写真を見ると、ロッジ風の宿の玄関みたいに見えますが、下の写真を見て下さい。

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

学校と校庭のように見えませんか? 実はこの「くすの木」は、122年の歴史を誇り、惜しまれつつも平成7年に廃校になった旧・和田町立 上三原小学校をリノベーションされて出来た施設です。校舎は消防法等に適するために「木」の温もりを活かした建物に建て替えられています。

また、6つある客室には写真のように「一学年」~「六学年」の名が付けられています。

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

客室内はきれいで、テレビとエアコンがあります。冷蔵庫はありません。また、トイレと風呂は共同ですが、とても清掃が行き届いて気分が良かったです。

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

地元主婦が作る地元の食材を活かした素朴なお料理

夕方から「食堂兼会議室」で総会を終え、そのまま懇親会がスタート。食事は、地元の主婦のスタッフが、地元の食材を活かしたシンプルな料理です。豪華ではありませんが、素材の味を活かした素朴な味で美味しかったです。

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

この日は宿泊客が我々NPOの数名だけでしたので、全館貸し切りで飲み会が始まりました。たくさん頂いた中でも、日本酒の酒蔵が作ったレモンとびわのリキュールは美味しかったです。

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

朝食もシンプルですが、美味しかったです。

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

元講堂の「多目的ホール」には122年の歴史が刻まれる

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

帰る前に、宿泊棟に隣接して建っている「多目的ホール」は、元の講堂をそのまま残してありました。壁に122年に亘る歴史を感じさせる、歴代の校長先生の顔写真が飾られていました。

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

事前に申し込めば、酪農体験や野菜収穫などの体験も出来るので、お子さん連れで泊まりに行くのにも最適です。

調査捕鯨の町らしい「クジラの資料館」

自然の家「くすの木」から車で約20分のところに、南房総市和田町「道の駅」の「WA・O!(ワオ)」(公式サイト)があります。

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

和田町は今でも調査捕鯨が行われている場所なので(くじらのお話 | 南房総市朝夷商工会)、施設内にはクジラの資料を集めた展示室があり、屋外の「クジラ広場」には、地球史上最大の動物「シロナガスクジラの全身骨格」が展示(公式の解説)されています。

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

また、小さな公園があり、遊具がクジラ、シャチ、イルカになっているのが可愛いですよね。

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

管理人御用達の地魚と地酒の鮨屋「大徳家」

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

帰路は、南房総市の千倉にある、私の御用達のお寿司屋さん「大徳家」(公式サイト)(大将が管理人のブログ『南房総を愛する男の日記』)に寄りました。

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

地元でとれ立ての小ぶりな「生ガキ」と「のれそれのポン酢和え」を頂きました。生ガキはご存知の方が多いでしょうが、「のれそれ」はアナゴの稚魚で夏の風物詩(大徳家さんの “のれそれ”の解説)。良く見ると、黒い目が見えますよ。

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

房州名物の飾り巻き寿司

最後は、道の駅「富楽里(ふらり)とみやま」(公式サイト)に立ち寄り、房州名物の飾り巻き寿司を買って帰って来ました。これからも、NPO活動を通して、南房総の活性化に力を注ごうと思った2日間でした。

廃校をリノベーションした南房総の体験型宿泊施設・自然の家「くすの木」に行って来た

可愛い!美味しい!房総の伝統郷土料理「太巻き祭りずし」作り│観光・旅行ガイド - ぐるたび

あとがき

実母の親戚がある理由から、生まれた年の夏から毎年、既に50余年も通い続けているのが千葉県の南房総。2009年には、千葉県館山市の公式観光プロモーションビデオの制作まで請け負いました。今は同じ千葉県に住んでいますが、南房総には独特の魅力が詰まっています。もし良かったら行ってみて下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
まっぷる 千葉・房総 '17 (まっぷるマガジン)
廃校遺産 the ruins of a school
亀田酒造 れもん酒 300ml リキュール
亀田酒造 房州富浦町特産びわ使用 びわ酒300ml リキュール
巻きずし (ブティックムックno.1055)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11442/

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: