半分、青い。 (第53回・6/1) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第9週『会いたい!』 『第53回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


鈴愛(永野芽郁)の案内でオフィス・ティンカーベルに晴(松雪泰子)がやってきた。久々の再会となる秋風(豊川悦司)らは、晴を歓迎する。晴は、菱本(井川遥)の案内で豪華なオフィスを見て回った後、鈴愛が住んでいる秋風ハウスを訪れるが、あまりの落差に言葉を失う。そのころ梟(ふくろう)町では、残された楡野家の男三代、仙吉(中村雅俊)、宇太郎(滝藤賢一)、草太(上村海成)が思い思いに羽を伸ばしていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

『ひよっこ』では久々の「奥茨城編」が楽しみだったが…

『ひよっこ』では、たまに描かれる「奥茨城編」が楽しみだったが、本作で「岐阜編」が挿入されると、また鈴愛の話が一時停止するのかとがっかりしかない。なのに、晴が鈴愛の部屋に行くだけなのに菱本を使ってダラダラと描くし…

斬新な朝ドラなら『うたコン』とコレボでもしたら?

もう、今回で一番記憶に残ったのは、中村雅俊さんの弾き語りだけ。だったら、喫茶「ともしび」で谷原章介さんがいる時に、谷原さんが司会を務める歌番組『うたコン』のパロディーで歌わせたら良かったのにって思ってしまった。斬新とか革命的な朝ドラを作ると言うのは、NHKだからこそ出来る新しさじゃないのかな。

朝ドラの第1週が胎児時代から始まるなんて、これまで誰も必然性を感じずにやらないことをやっただけでしょ。仙吉が祖母ちゃんに思いをはせるってのも、分からなくもないが、中村雅俊さんの完全に無駄遣い。谷原さんと雅俊さんの掛け合いで、笑いあり涙ありで魅せるべきだった。全く、主人公の話が進まないならね…と言う条件付きだが。

完全に脚本家の自己満足に、演出家が飲み込まれてる!

これ、完全に脚本家の自己満足に演出家が飲み込まれた状態のようだ。脚本の文字をただ映像化しているだけ。これでは、益々何を描こうとしているのか分からなくなるはず。演出家はもっと脚本家に「演出はこうする!」って主張すべき。

でないと、今回みたいに、ヒロインが、主人公が、アバンタイトルで “出オチ” で終わるなんて、ふざけた15分が続くことになる。本気で演出家は脚本家と向き合った方が良いと思う。

あとがき

『うたコン』と朝ドラのコラボをした方が、御用記者による御用記事より、余程話題性が高くなったのに。寸止めのキスとか、晴が持参したほうきとか、いろいろやりたいことは分かりますが、全てが空回りしていますね。やはり、まずは鈴愛の人生を描く中で、いろいろやってもらわないと困ります。

最後に。前回の感想に、70回の Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。皆さん、鬱憤を抱えつつ見ているのも過ぎて、「ながら見」や「週末にまとめて見る」スタイルに変更している人も多いようです。そりゃ、今回の15分間を見たら、そうしたくもなります…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 半分、青い。 Part1 (NHKドラマ・ガイド)
【Amazon.co.jp 限定特典/クリアファイル付き】「永野芽郁 in 半分、青い。」PHOTO BOOK
「永野芽郁in半分、青い。」PHOTO BOOK―2018年度前期連続テレビ小説 (Tokyo news mook)
半分、青い。 上 (文春文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11431/

【これまでの感想】
第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏の前日>『半分、青い。』第53話

​​​​​​​​​​​​​​​​今日から6月 それを記念して(?) ​晴さんを介して鈴愛の現状を再確認​ + ​中村雅俊ワンマンショー​ ジェットコースター展開の中でこうした回が挟まれると ホッとする&次に備えられる…と思うけど 多少、形は違っても 似た様な“ゆるふわ”展開が続いている今作なので 良く言えば違和感がないんだけど 悪く言えば「だから何?」感(笑)...

夏の前日>『半分、青い。』第53話

​​​​​​​​​​​​​​​​今日から6月それを記念して(?)​晴さんを介して鈴愛の現状を再確認​+​中村雅俊ワンマンショー​ジェットコースター展開の中でこうした回が...

連続テレビ小説『半分、青い。』第53回

内容鈴愛(永野芽郁)の母・晴(松雪泰子)が上京。秋風(豊川悦司)の“ティンカーベル”にやってくる。事務所を菱本(井川遥)に案内された後、鈴愛が住まう“秋風ハウス”へ。。敬称略ほんと。。。。何をやりたいんだろ。。。(苦笑)中村雅俊さんの歌しか、印象に残ってないよ。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR