●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

家政夫のミタゾノ(第2シリーズ) (第6話・2018/5/25) 感想

家政夫のミタゾノ(第2シリーズ)

MMJ/テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ(第2シリーズ)』公式
第6話の感想。
なお、2016年に放送された連ドラ『家政婦のミタゾノ』は鑑賞済み(感想)。


三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)は、高い恋愛成就率で人気のスピリチュアリスト・ルナの屋敷へ。折しも、依頼客のめぐみ(小野寺ずる)が帰るところで、後をつけた2人は、めぐみがルナのお告げどおりの出会いをするのを目撃する。そこで、麻琴は家族の生活費を削ってかき集めた金で、結婚相手との出会いを見てもらう。そして、お告げに従って商店街に立ち寄ると、ジャーナリストの洋子(東風万智子)から声を掛けられ…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:八津弘幸(過去作/家政夫のミタゾノ、下町ロケット、陸王)) 第1,4
   小峯裕之(過去作/家政夫のミタゾノ) 第2
   山岡潤平(過去作/家政夫のミタゾノ) 第3,5
   林誠人(過去作/ドクターX~外科医・大門未知子~ season2~5) 6
演出:七髙剛(過去作/家政夫のミタゾノ、遺留捜査シリーズ、スペシャリストシリーズ) 第1,6
   片山修(過去作/家政夫のミタゾノ) 第2,4
   小松隆志(過去作/家政夫のミタゾノ) 第3,5
音楽:ワンミュージック(過去作/世界一難しい恋、家政夫のミタゾノ、監獄のお姫さま)
主題歌:島茂子「戯言」(ジェイ・ストーム)

家政夫と言うより『探偵のミタゾノ』になっちゃった…

話が動き出すまで20分と展開は遅いし、あの少女が歩けたってことはそれ以前から美田園が仕込んだって事なのかなぁとか、殆ど家政婦の仕事はやって無いし、結局のところ、美田園がほぼ探偵、マルサになっていた第6話。なんか、美田園がいろいろやり過ぎちゃって違和感しかなかった…

流石に、これまでの5話とも、更に言えば、第1シリーズともほぼ別物になったのはどうかと思う。なんて思っていたら、脚本家が刑事ドラマや探偵ものも多い、今作初担当の林誠人氏だった。全話、ちゃんと見てから書いたのだろうか…

あとがき

回を重ねる毎に、麻琴(剛力彩芽)の存在がウザいし存在する意味すら感じなくなってます。美田園自身もマンネリ化と空回りばかりでパワー不足。これなら、第2シリーズは作らずに、第1シリーズの伝説だけの方が良かったかも。第1シリーズが大好きだっただけに残念…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
戯言(初回生産限定盤) [DVD]
戯言(通常盤)(CD付き) [DVD]
テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」オリジナル・サウンドトラック
家政夫のミタゾノBlu-ray BOX
家政夫のミタゾノDVD BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11407/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家政夫のミタゾノ 第6話

恋愛成就率99.9%の人気占い師・望月ルナ(鳥居みゆき)からの依頼でやって来た三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)は、彼女の自宅前で立ち往生している車椅子の少女を助けます。 少女は、望月ルナに足を治してもらうのだと言っていましたが・・・ ルナのところにやって来た三田園と麻琴は、客の女性に予言を与えているところを目にします。 彼女に言われて、女性の跡を着いて行ってみると、予言...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR