●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花のち晴れ~花男 Next Season~ (第6話・2018/5/22) 感想

花のち晴れ~花男 Next Season~

TBS系・火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』公式
第6話『運命のWデート!!涙の告白、そして初めてのキス!』の感想。
なお、原作:神尾葉子「花のち晴れ~花男 Next Season~」(集英社)は未読。


音(杉咲花)が天馬(中川大志)に「私と付き合ってください」と告げ、2人は恋人同士に。その様子を見た晴(平野紫耀)は、天馬に勝てる気がせず打ちのめされる。晴に好意を持つめぐみ(飯豊まりえ)は、そんな晴を元気づけようとする。さらに彼女は英徳学園に転入。海斗(濱田龍臣)は晴に、英徳のためにめぐみと付き合えと告げる。一方、音はめぐみから、晴と付き合ってもいいかと聞かれ、「関係ない」と答えながらも動揺する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:吉田恵里香(過去作/恋するイヴ、男水!)
演出:石井康晴(過去作/花より男子シリーズ、逃げるは恥だが役に立つ) 第1,2,3,6
   坪井敏雄(過去作/カルテット、わにとかげきす、監獄のお姫さま) 第4
   岡本伸吾(過去作/隠蔽捜査、TAKEFIVE、ナポレオンの村、99.9) 第5
音楽:大間々昂(過去作/家族ノカタチ、地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子)
   平野義久(過去作/ゆとりですがなにか、先に生まれただけの僕)
主題歌:King & Prince「シンデレラガール」

演出家が石井康晴氏に戻って、良くなった!

前回、3人目の演出家に交代したせいで、演出家ごとの統一感の無さが露呈してしまった本作。しかし、前回の予想通りに(僅かな尺の予告編でも演出家の違いが分かる程に差があると言うことだ)、今回は第1~3話を担当した石井康晴氏に戻った。そのお陰で、各登場人物のキャラのブレも無くなり、個性も際立ち…

"走り出したら止まらない恋" が丁寧に描かれた!

特に、モノローグの使い方がとても適切だったから、「心の声」と「発した声」のギャップが明瞭になり、中でも終盤の天馬が感情的になるくだりに、観覧車での晴の回想シーンを入れた構成も見事だった。KinKi Kidsに「ジェットコースター ロマンス」と言う歌があるが、正に “走り出したら止まらない恋” が丁寧に描かれた。

着実に "自分らしく生きる" をテーマに痛快青春ラブコメディへ…

また、本作が秀逸なのは、今回のようにダブルデートを描いても、しっかりと主人公だけを必要以上に目立たせずに、4人を均等に魅せたこと。それと、きちんと連ドラとしてのエピソードの連続性も盛り込んで来たこと。

視聴率も世間の話題性もイマイチな本作だが、完成度の高い “自分らしく生きる” をテーマに痛快青春ラブコメディーに一歩ずつ近づいているのは間違いない。

もっと「C5」が物語に絡ませた方が良い

ただ、惜しい部分もある。これまでも何度も書いて来たが、もっと「C5」が物語に絡ませた方が良いこと。序盤に晴を煽って位で終わらずに、ダブルデートが成立するまで応援したり妨害したり、デート中もいろいろできたと思うのだが。それをやってこその舞台が学園である必然性が表現できるのに…

あとがき

超名作映画『戦艦ポチョムキン』をオマージュした名作映画『ゴッドファーザー』の階段乳母車の名シーンを模して、晴の魅力を大いに描いた部分は、名画大好き世代のオジサンたちにも訴求したと思います。それにしても、平野紫耀さんの演技力、ドラマ『SHARK』の時も称賛しましたが、本作でまた昇華しましたね。次回にも期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
花のち晴れ ~花男 Next Season~ 1 (ジャンプコミックス)
【早期購入特典あり】 シンデレラガール(初回限定盤A)(DVD付)【特典:A2サイズポスター(Aタイプ)付】
SHARK Blu-ray BOX(初回限定生産豪華版) 平野紫耀(関西ジャニーズJr.)
SHARK ~2nd Season~ Blu-ray BOX 豪華版(初回限定生産) 重岡大毅(ジャニーズWEST)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11398/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

火曜ドラマ『花のち晴れ~花男NextSeason~』第6話

内容音(杉咲花)への告白を決意した晴(平野紫耀)だったが。晴は、目前で、音が天馬(中川大志)に告白する場面を目撃してしまう。ショックを受けている晴に、メグリン(飯豊まりえ)は話しかけるが。。。翌日、晴とは目をあわせることが出来なかったが、どれだけ苦しいことがあっても、音は天馬を思い浮かべ、楽しさを感じていた。そんなとき、教室にメグリンが現れる。英徳に転校してきたという。海斗(濱田龍臣)が転入...

花のち晴れ~花男 Next Season~ 第6話

花のち晴れ~花男 Next Season~の第6話を見ました。 音が婚約者である天馬に改めて"告白”している場面に遭遇した晴はひどく落ち込む。 翌日、晴を追って転校してきためぐみの存在が校内では大騒ぎとなっておた。 「もしかして同じクラス?」 「…え?」 「仲良くしてね」 めぐみが転校してきたおかげで英徳への転入希望者が増えたことを知った海斗は晴にめぐみと付き合うよう...

花のち晴れ~花男 Next Season~ #06

『運命のWデート!涙の告白…そして初めてのキス』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR