未解決の女 警視庁文書捜査官 (第5話・2018/5/17) 感想

未解決の女 警視庁文書捜査官

テレビ朝日系・『未解決の女 警視庁文書捜査官』公式
第5話の感想。
なお、原作の麻見和史「警視庁文書捜査官」(角川文庫/KADOKAWA)は既読。
[読書] 警視庁文書捜査官 (麻見 和史/著・KADOKAWA) 感想


急死した官僚・須賀(児玉頼信)の体内から手術用鉗子(かんし)が見つかり、5年前の手術の医療ミス疑惑が浮上。理沙(鈴木京香)はその手術の1週間後、同病院の放射線技師・中尾(町井祥真)が刺殺された未解決事件に気付き、第6係の面々は関連を疑う。朋(波瑠)は古賀(沢村一樹)に中尾の件の再捜査を願い出るが、偶然にも、須賀の執刀医の弟で同手術の第一助手が、数カ月前銃撃されて生死の境をさまよった朋の主治医で…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:麻見和史「警視庁文書捜査官」(角川文庫/KADOKAWA)
脚本:大森美香(過去作/聖女、妻たちの新幹線、あさが来た)
演出:田村直己(過去作/ドクターX~外科医・大門未知子~[1~5]) 第1,2,5
   樹下直美(過去作/不機嫌な果実、奪い愛、冬) 第3,4
主題歌:知らないんでしょ?/平井堅

今回の話って、法医学の話じゃないの?

全てが空回りとは言わないが、波瑠さんが演じる朋の違和感と存在理由の無さが気になって気になって。

で、あれこれ書くのも馬鹿馬鹿しいのだが、こんな事件は鑑識で解決出来るでしょ。これ以上、あれこれ書くのも面倒な位。これ、特命捜査対策室第6係だけで良いじゃ無いの?

タイトルを考えると、もっと「文書捜査官」ならではの、事件解決方法を描かないと、『科捜研の女』と『アンナチュラル』の主人公なら、とっくに解決済みだと思う。

あとがき

原作の悪い部分と、原作と改変した部分が前面に出ちゃってますね。これから巻返しが出来るのかなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
警視庁文書捜査官 (角川文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11380/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

未解決の女 警視庁文書捜査官 第5話

厚生労働省の官僚・須賀勇蔵(児玉頼信)が突然、腹部大動脈瘤破裂で死亡します。 原因は体内から見つかった「モスキートペアン」と呼ばれる小型鉗子でした。 実は、須賀は5年前に「松河総合病院」で大腸がんの手術を受けていて、その時にモスキートペアンが放置されてしまったものだとみなされます。 思わぬ形であぶり出された5年前の医療ミスが、ある未解決事件にも光を当てることになります。 ...

木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第5話

内容厚生労働省官僚・須賀勇蔵(児玉頼信)が突然死した。解剖により、体内からモスキートペアンが発見される。5年前に手術を行っていることから、そのときに放置されたモノと思われた。川奈部(光石研)らは、5年前に手術が行われた松河総合病院へ。当時、執刀をした松河正一(植草克秀)院長から話を聞き始める。そのころ、倉庫の資料により、手術の1週間後に、放射線技師・中尾勲(町井祥真)が刺殺されていたことが分...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR