正義のセ (第5話・2018/5/9) 感想

正義のセ

日本テレビ系・水曜ドラマ『正義のセ』公式
第5話『不倫の末の殺人!?先輩検事と突然のキス!!』の感想。
なお、原作の阿川佐和子「正義のセ」(角川文庫)は既読。
[読書] 正義のセ [第1~4巻] (阿川 佐和子/著・角川書店) 感想


凜々子(吉高由里子)と相原(安田顕)は、医大の助手・香織(佐藤めぐみ)の転落死現場に臨場する。香織と最後に会った教授・高嶋(原田龍二)は、彼女と不倫関係で別れ話をしたと告白。高嶋は香織の殺害容疑で逮捕されるが、医療機器メーカーの茂木(木下隆行)と一緒にいたとアリバイを主張し、容疑を否認する。その後、この件は医大を巡る贈収賄も絡んだ大事件に発展。凜々子は大塚(三浦翔平)と組んで捜査をすることになる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:阿川佐和子「正義のセ」(角川文庫)
脚本:松田裕子(過去作/花咲舞が黙ってない、東京タラレバ娘) 第1,2
   松田美弥子(過去作/不明) 第2,4
   梅田みか(過去作/37.5℃の涙、ゴーストママ捜査線) 第3,5
演出:南雲聖一(過去作/花咲舞が黙ってない、東京タラレバ娘) 第1,2,5
   明石広人(過去作/過保護のカホコ、トドメの接吻) 第4
   岩﨑マリエ(過去作/銭形警部 真紅の捜査ファイル、雨が降ると君は優しい) 第3
音楽:得田真裕(過去作/きょうは会社休みます。、アンナチュラル)

検事の捜査シーンもどうかと思うが、主人公の正義感が…

完全に実家のくだりが、主人公の検事の仕事と乖離してしまっているのが、本当に残念。まっ、本筋が穴だらけだから、芸達者な俳優さんたちの演技で良き息抜きにはなっているが、それで良いとは思えない…

さて、冒頭で、犯行発覚直後の殺人現場に検事らが行っていたが、起訴後に検証に行くならともかく、これでは刑事ドラマみたいに見えてしまった。そして、こんな検事たちに捜査されて送検される被疑者が気の毒なような…

とにかく、タイトルが『正義のセ』なのだから、もっともっと主人公の正義感を描くべきなのに、肝心の描写が欠落しているから、痛快さもないし、ほっこりすることもないし。第5話で、これだけ芯が描かれていないのはどうかと思う。

あとがき

原作は面白いのになぁ。折角の実写ドラマ化なのに勿体ないです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ「正義のセ」 オリジナル・サウンドトラック
正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い! (角川文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11351/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

正義のセ 第5話

凛々子(吉高由里子)の妹・温子(広瀬アリス)が、恋人の後藤(渡部秀)を竹村家に連れて来ます。 温子は、後藤と結婚して竹村豆腐店を継ぐ気だと言います。 しかし、頑固親父・浩市(生瀬勝久)は突然のことに猛反対し、いつものごとく竹村家は大混乱に陥ってしまいます。 凛々子がプロポーズされた後に振られたこともバレちゃったし・・・ 一方、医科大学で女性職員の転落死事件が発生し、単...

水曜ドラマ『正義のセ』第5話

内容ある日、妹・温子(広瀬アリス)から、婚約者・後藤公一を紹介され、凜々子(吉高由里子)は、困惑する。だが、それ以上に、父・浩市(生瀬勝久)母・芳子(宮崎美子)は、豆腐屋を一緒に継ぐと聞き、驚きを隠せず。その温子の告白により、凜々子は、彼氏と別れたことがバレてしまい。。。。そんななか、凜々子は、医大で起きた転落死事件を担当する事に。警察から臨場要請があったということだった。亡くなったのは、臨...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR