●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― (第1話/初回15分拡大・2018/4/19) 感想

モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―

フジテレビ系・木曜劇場『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』公式
第1話/初回15分拡大『冤罪で地獄に落とされた男』の感想。
なお、原作のアレクサンドル・デュマ「モンテ・クリスト伯」(小説)は未読。


恋人のすみれ(山本美月)との結婚を間近に控えた漁師の暖(ディーン・フジオカ)らが乗り込んだ遠洋漁船が遭難。数週間後、けがで亡くなった船長のバラジ(ベヘナム)に代わって、暖が船員を率いて奇跡的に帰港する。退院した暖は、その技術と人柄を認められ、先輩の神楽(新井浩文)を差し置いて次期船長に選ばれる。数日後、バラジに託された手紙を届けるため東京に向かう予定だった暖を、刑事の入間(高橋克典)が訪ねてくる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:アレクサンドル・デュマ「モンテ・クリスト伯」(小説)
脚本:黒岩勉(過去作/僕のヤバイ妻、ようこそ、わが家へ、ストロベリーナイト)
演出:西谷弘(過去作/昼顔、ガリレオ、刑事ゆがみ) 1
   髙野舞(過去作/昼顔、いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう)
   野田悠介(過去作/超限定能力、突然ですが、明日結婚します)
主題歌:DEAN FUJIOKA 『Echo』(A-Sketch)
音楽:眞鍋昭大(過去作/わにとかげぎす、明日の約束)

現実離れした世界観を少し抑え気味にしたら良かったのに…

何て言うのかな? 前期で放送された坂元裕二脚本の連ドラ『anone』みたいな雰囲気。かなり非現実的な、テレビドラマの中だからこそ成立する独特の世界観。

原作は未読だが、どんな物語なのかは知っている。だから、現実離れした展開となるのは良しとして、物語はともかく脚本や演出で醸し出される世界観の独特さは、もう少し抑え気味にした方が見易いし、「木曜劇場」枠らしい仕上がりになったような。

第1話であれこれ動き過ぎ。もっと日常を描いてから…

それに、どこにでもありそうな田舎の漁港、闇のテロ組織、無実の罪で異国で獄中生活などなど、結構第1話の中盤から次々と動き出しちゃったのが早急過ぎだったのかも? 折角15分も拡大したのなら、もっと前半で登場人物らの日常をしっかり描いてから、あれこれ動き出した方が良かったのに…

あとがき

第1話だけ見るつもりでしたが、ちょっとだけ先が気になるし、脚本家と演出家を考えると、もしかすると「木曜劇場」らしい作品になりそうな気もするので、第2話まで見てみようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
モンテ・クリスト伯 7冊美装ケースセット (岩波文庫)
Echo DEAN FUJIOKA


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11264/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-「冤罪で地獄に落とされた男」

原作は、アレクサンドル・デュマの超有名な、復讐痛快劇珍しく、高橋克典がブラックな役柄結婚式という人生の晴れ舞台から、ハメられて、奈落の底へ。願わくば、もう少し、地団駄、のち痛快ワクワク要素が予感できればなぁ、と、ちょっと原作から離れすぎてる気がしたのでした。     (ストーリー)2003年春。小さな漁師町で漁業を営む柴門暖(ディーン・フジオカ)は同じ町で喫茶店『シンドバッド』を経営する目黒...

モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー 第1話

恋人のすみれ(山本美月)との結婚を間近に控えた漁師の暖(ディーン・フジオカ)らが乗り込んだ遠洋漁船が遭難。数週間後、けがで亡くなった船長のバラジ(ベヘナム)に代わって、暖が船員を率いて奇跡的に帰港する。退院した暖は、その技術と人柄を認められ、先輩の神楽(新井浩文)を差し置いて次期船長に選ばれる。数日後、バラジに託された手紙を届けるため東京に向かう予定だった暖を、刑事の入間(高橋克典)が訪ねて...

モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 第1話

2003年の春、小さな漁師町の水産業社に就職し、遠洋漁業の船員として働く柴門暖(ディーン・フジオカ)は、同じ町で喫茶店を経営する、目黒すみれ(山本美月)と結婚することになります。 幸せの絶頂にいましたが、暖の乗る船が遭難してしまい、すみれは暖の帰還を信じて、水産業社の社長・守尾英一朗(木下ほうか)や、怪我で漁に出られなかった船員・神楽清(新井浩文)たちも無事を願っていました。 そ...

木曜劇場『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』第1話

『男たちの嫉妬と罠』内容目黒すみれ(山本美月)にプロポーズした柴門暖(ディーン・フジオカ)ふたりは結婚する事になるが、その直後、暖が乗った遠洋漁船が遭難する。すみれや、社長の森尾英一朗(木下ほうか)たちは、心配するが。。。。数週間後、船が帰ってくる。しかし船長だけが死亡。暖たちの生還に、喜ぶすみれたち。するとそこに刑事の入間(高橋克典)が現れ。。。敬称略脚本は、黒岩勉さん演出は、西谷弘さん原...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR