●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

孤独のグルメ Season7 (第2話・2018/4/13) 感想

孤独のグルメ Season7

テレビ東京系・ドラマ24『孤独のグルメ Season7』公式
第2話『東京都世田谷区 経堂の一人バイキング』の感想。
なお、過去の全シリーズとスペシャルドラマは鑑賞済み。



五郎(松重豊)はテニスを楽しむ中西(大和田獏)をコートで待っていた。この後、商談をするためだ。中西は球技が苦手な五郎にテニスを勧める。商談後、五郎は中西に最寄りの東京・経堂駅までの地図を描いてもらうが、分かりづらい。目印の坂道を見つけ安心した五郎は、急に空腹を感じる。住宅街で偶然発見した一軒家にしか見えない店は、メニューがバイキング一択。五郎は、女将(いしのようこ)の料理を堪能する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:久住昌之、作画:谷口ジロー「孤独のグルメ」(週刊SPA!)
脚本:田口佳宏(過去作/孤独のグルメシリーズ) 第1,2
   児玉頼子(過去作/孤独のグルメシリーズ) 
演出:溝口憲司(過去作/孤独のグルメシリーズ) 2
   井川尊史(過去作/孤独のグルメシリーズ) 第1
   北畑龍(過去作/孤独のグルメシリーズ) 

広い店内を十分に活用したカット割りが新鮮だった!

一軒家を活用したお店と言うことで、いつものような厨房からのカットが殆どなく、それなりに広い店内を十分に活用したカット割りが新鮮だった第2話。五郎さんが料理カウンターと自席を行ったり来たりする姿が面白くて、更に五郎さんの淡い恋心まで描かれるとは!「胃袋の実家」とは、上手く言ったものだ。

あとがき

帰路の道端に雪が残っていたから、1月23日過ぎロケだったのでしょうか。それにしても、いつもは狭苦しい店内でのロケが多い本作にしては、広めの店内をふんだんに活かした演出含めて、面白かったです。次回にも期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
孤独のグルメ Season6 Blu-ray BOX
孤独のグルメ Season6 DVD-BOX
「孤独のグルメSeason6」O.S.T


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11238/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR