●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

正義のセ (第1話/初回10分拡大・2018/4/11) 感想

正義のセ

日本テレビ系・水曜ドラマ『正義のセ』公式
第1話/初回10分拡大 ラテ欄『阿川佐和子原作!!恋に仕事に真っすぐな新米検事の初事件』の感想。
なお、原作の阿川佐和子「正義のセ」(角川文庫)は既読。


横浜地検港南支部に赴任した2年目の駆け出し検事・凜々子(吉高由里子)。早速、担当事務官の相原(安田顕)と被疑者を取り調べるが、気合が空回りして被疑者からなめられ、相原や先輩検事・大塚(三浦翔平)らにもあきれられる。そんな中、凜々子は会社員・向井(浅利陽介)が上司・恩田(石黒賢)に殴る蹴るの暴行を受けたという事件の取り調べを行う。だが、被疑者の恩田は暴行を全面的に否認。凜々子は自ら事件の真相を探る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:阿川佐和子「正義のセ」(角川文庫) 脚本:松田裕子(過去作/花咲舞が黙ってない、東京タラレバ娘)
演出:南雲聖一(過去作/花咲舞が黙ってない、学校のカイダン、東京タラレバ娘) 1
   明石広人(過去作/過保護のカホコ、トドメの接吻)
   岩﨑マリエ(過去作/銭形警部 真紅の捜査ファイル、雨が降ると君は優しい) 音楽:得田真裕(過去作/きょうは会社休みます。、アンナチュラル)

星★4つは、流石に期待し過ぎたか?

原作は既読。以前から言うように、原則として原作と映像化作品は比較しない立場だが、流石に原作の良きところを、ここまで削ってしまっては原作を用いた意味が無いように思った第1話。

何せ『2018年4月期 / 春ドラマの期待度』で星★4つを付けた期待作で、脚本家、演出家、俳優が良かったから、急いで小説を読んだほどに期待していたのだ。それだけに落胆の色を隠すことは出来ない。

事務官を前に出して『HERO』風に仕上げて来たのは意外!

全体的に、『花咲舞が黙ってない』や『東京タラレバ娘』のお仕事ドラマのノリになるのは想像の範囲だったのだが、まさか主人公よりも担当事務官の相原(安田顕)の面白さを引き出して、『HERO』風に仕上げて来たのは意外。

まっ、良い意味で捉えるなら、主人公1人に荷物を負わせずに、主人公を “おっちょこちょい” とか “稚拙” に描くことで、事務官を活かしたバディものにしたってことか? ストーリーとしては、普通かな? ちょっと盛り上がりに欠けるし、既視感もあるし、脚本・演出に雑さも伺えるし…

主人公が検事になった理由や実家の描き方には不満が残る…

原作と比較しないと言っておいて恐縮だが、原作既読者として、どうして第1巻から描かなかったんだろうって思う。これでは、主人公がどうして検事と言う職業を選んだのかを描かぬまま進んじゃった。

それに、原作では大変重要なファクターである主人公の実家の豆腐屋が、40分過ぎにやっと登場したかと思いきや、単なる寝泊まりする実家で終了。ちょっと拍子抜けした第1話だった。

あとがき

原作を読んだ後だと辛いですね。主人公の芯の強さの根拠が描かれないまま進んじゃったから。このままでは『HERO』や『99.9』の二番煎じになっちゃいそう。ただ、脚本家や演出家の過去を考えれば、そんなことは百も承知なはず。今後の右上がりの面白さに期待します。

なお、原作の感想もありますので、ご参考まで。
[読書] 正義のセ [第1~4巻] (阿川 佐和子/著・角川書店) 感想

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ「正義のセ」 オリジナル・サウンドトラック
正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い! (角川文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11229/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

正義のセ 第1話

横浜地検港南支部に赴任した2年目の駆け出し検事・凜々子(吉高由里子)。早速、担当事務官の相原(安田顕)と被疑者を取り調べるが、気合が空回りして被疑者からなめられ、相原や先輩検事・大塚(三浦翔平)らにもあきれられる。そんな中、凜々子は会社員・向井(浅利陽介)が上司・恩田(石黒賢)に殴る蹴るの暴行を受けたという事件の取り調べを行う。だが、被疑者の恩田は暴行を全面的に否認。凜々子は自ら事件の真相を...

正義のセ 第1話

竹村凛々子(吉高由里子)は、この春、横浜地方検察庁の支部に赴任します。 彼女は2年目の検事で、まだまだ新米です。 正義感が強く喜怒哀楽がすぐに出てしまう性格のため、ついつい取り調べでは失敗してしまうようです。 その度に、担当事務官・相原勉(安田顕)から小言を言われてしまうのでした。 そんな凛々子が、ある傷害事件を担当することになります。 被害者で建設会社に勤める...

正義のセ 「阿川佐和子原作!!恋に仕事に真っすぐな新米検事の初事件」

意外や意外。阿川佐和子による小説および小説のシリーズ、だったのですね。でも、痛快・成長物語になっていて、こういうドラマがあるとホッとしますね。竹村凜々子(吉高由里子)は、この春、横浜地方検察庁港南支部に赴任した2年目の検事。正義感が強く、明るい性格で家族思い。東京の下町で豆腐屋を営む父の浩市(生瀬勝久)、母の芳子(宮崎美子)、妹の温子(広瀬アリス)と暮らしている、ってプロフィールも楽しいです...

水曜ドラマ『正義のセ』第1話

内容横浜地検港南支部に赴任してきた竹村凜々子(吉高由里子)翌朝、地検に行くと、昨夜、ひったくられたバッグが!?届け出を出していたため、警察が届けてくれたと、事務官の相原勉(安田顕)が説明してくれる。その後、支部長の梅宮護(寺脇康文)から、書類の束を手渡され。資料を読んだ後、被疑者が送検されてくるのだった。早速、恐喝容疑の林和志の取り調べをはじめる凜々子。そして。。。。次々と。。。。相原の注意...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR