●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~ (2018/3/30) 感想

東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~ (2018/3/30) 感想

テレ東系・『東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~』公式
『現代版・寅さん再び!和菓子職人・久留里卓三の日常と恋を描くドラマ…待望の三角関係スペシャル!団子か花か!?美しき料理教室の先生をめぐり若いイケメンと火花散る!!』の感想。
なお、2016年1月~4月に放送された連ドラ版『東京センチメンタル』(感想)と、2017年1月に放送された『東京センチメンタルSP~千住の恋~』(感想)は鑑賞済み。


東京・下町の和菓子屋「くるりや」三代目の久留里卓三(吉田鋼太郎)はバツ3独身56歳。惚れっぽく気ままな性格で、バイトのあかね(高畑充希)に日々叱られている。それでも出会いを求めて御茶ノ水の料理教室に通い出した卓三は、美貌の先生・秋本楓(吉瀬美智子)に心を打ち抜かれる。だが楓には不倫のトラウマが…。そして独身のイケメン生徒・増田(青柳翔)と楓の間には微妙な雰囲気。波乱含みの三角関係、一体どうなる!?
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:松本哲也(過去作/東京センチメンタル #1/2/4/5/12、東京センチメンタルSP~千住の恋~」)
演出:松本佳奈(過去作/東京センチメンタルSP~千住の恋~、東京オアシス、娘の結婚)
主題歌:MACO『君のシアワセ』 (ユニバーサル ミュージック)

これまでの集大成的な面白さ!

今回が初見の視聴者にはどう映ったのか分からないが、連ドラ版とSP版と見続けている私としては、これまで描かれて来たレギュラーの登場人物たちの個性が最も活かされた作品に仕上がっていた。特に卓三(吉田鋼太郎)の惚れっぽくて気ままなところや、卓三とバイトのあかね(高畑充希)との相変わらずの関係は、面白さが増した。

高畑充希さんが "あかね" と一体化してる!

もちろん、近所の理容店店主・柴田(片桐仁)は出番も増えて、完全に本作には無くてはならない登場人物に昇格した。それにしても、高畑充希さんは他のいろいろな役を演じているが、本作のあかねが一番似合ってる。おじさんを手玉にするしたたかさや、ちょっと見せる少女の笑顔も、あかねでしか見られない…

一捻りある展開で、本作らしさも溢れてた!

さて本編。吉田鋼太郎さんと吉瀬美智子さんがお茶の水の街を歩くと、石畳の街並みが何となくイタリアの街並みに見えてくるから不思議だ。そして、物語はいつもと違って一捻りあって、年上の男と年下の男から慕われる女性がどちらを選ぶかって話。それに決着をつけるのが卓三の決断。今回も “本作らしさ” が溢れる作品で良かった。

あとがき

今回も「平成版・寅さん」が大活躍で面白かったです。定期的に放送してくれると良いですね。次回があることを願ってます…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
東京センチメンタル Blu-ray BOX
東京センチメンタル DVD-BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11190/


【2018年のスペシャルドラマの感想】
テレビ東京 春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」 (2018/3/30) 感想
アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル 第二夜「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」 (2018/3/25) 感想
アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル 第一夜「パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~」 (2018/3/24) 感想
特集ドラマ「スニッファー 嗅覚捜査官 スペシャル」 (2018/3/21) 感想
日曜ワイド「越後純情刑事・早乙女真子」 (2018/2/28) 感想
NHKスペシャル 未解決事件「File06 赤報隊事件 戦慄の銃弾 知られざる闇 1夜目:実録ドラマ編」 (2018/1/27) 感想
ドラマスペシャル 白日の鴉 (2018/1/11) 感想
新春ドラマスペシャル 娘の結婚 (2018/1/8) 感想
DOCTORS 最強の名医 新春スペシャル (2018/1/4) 感想
新春ドラマスペシャル「都庁爆破!」 (2018/1/2) 感想

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~

今回のゲストは、吉瀬美智子で、お料理教室の先生。男性陣は、ほぼ、彼女狙いで、時によっては、親睦会が変な雰囲気に。東京・下町の和菓子屋「くるりや」三代目の久留里卓三(吉田鋼太郎)は、現代の寅さん。バイトのあかね(高畑充希)には、毎回、叱られてるけれど、けっこうマドンナとも、いい雰囲気で食事もしてたし、背景となった御茶ノ水が風情でした。結局、彼女の気持ちを察し、花屋のイケメン生徒・増田(青柳翔)...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR