●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

わろてんか (第147回・3/27) 感想

連続テレビ小説「わろてんか」

NHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』公式
第26(最終)週『みんなでわろてんか』 『第147回』の感想。


 本作は、2018/2/27 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


空襲で大阪が焼け野原になったことを知ったトキ(徳永えり)は、風太(濱田岳)を心配して大阪へ戻ろうとするが、てん(葵わかな)は危険だと引き留める。何日経っても風太や芸人たちの消息は不明のまま、不安を募らせるトキや子供たちの気を紛らわせようと、てんはいつにも増して笑顔を心がける。だが、そのことが気に食わない治平(西川きよし)はてんたちに、「わろたらアカン」と真顔で怒り出す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

視聴者が分からなくて知りたいことを描きなさいよ

ちょっと褒めるとすぐ付け上がるのが本作のスタッフ。空襲シーンを美術スタッフが頑張ったのは前回で認めたのだから、もうそれで十分なのに、わざわざ翌日のアバンタイトルにまでちょこっと切り刻んで入れて来た。こう言うのがやらなくていいってやつ。もう、前回を見てりゃ嫌って程に視聴者は分かってるんだから、クドいだけ。

だったら、視聴者が知りたくて分からないことを描きなさいよ。身内であるしずとかハツとか琢子や、お世話になりっぱなしの団吾師匠や団真夫婦や文鳥師匠のその後とか。それが半年間番組を見て支えて来た視聴者への恩返しじゃないの? いや、そう言うのを描くのもエピローグじゃないの? あの『ひよっこ』ですら出来ていたのに…

「笑いの神さん」と「うちらの笑い」は根本的に違う

主題歌明け、またやらなく良いことをやる本作。それも、今度は完全な確信犯の上に、視聴者を欺こうとするからたちが悪い。それが主人公とおトキのやり取り。旦那の風太から1週間便りが無いのを心配するトキを主人公が元気づけるくだりだ。そもそも、あんな山奥に1週間で届くと考えるのが図々しい…

てん「俺には笑いの神さんがついているから大丈夫やて
   その笑いの神さんへのお供えもんは 何え?」
トキ「うちらの笑いです」
てん「どんな時でも わろて暮らせば また会える」

これね。何がやらなくて良かったかと言うと、「笑いの神さん」と「うちらの笑い」は根本的に似て非なる価値観だから同列に描いちゃいけないの。

「笑いの神さん」が登場した時は、どちらかと言えば、芸や芸人(この2つをきっちり描き分けていない大問題も未解決だが)を大切にすると良いことがあるみたいなのを「笑いの神さん」と言っていた。

一方「うちらの笑い」はあくまでも「登場人物たちの笑顔」の意味。だって、主人公やトキは芸人じゃないのだから「笑い=芸」でなく「笑い=笑顔」でしょ? でも、このやりとりで、2つの異なる意味の言葉を “強引に” 1つにした。

「強引に」は、2つ目の主人公の台詞の直前から薄っすら劇伴が流れることが証明してる。最終週でやるべきことではない。

主人公は、福が来るように福笑いをした訳じゃない!

さて、子供たちが不自然に「福笑い」をしているから、またやらなくてよいものをと心配していたら、予想通りにまた要らぬことを言い出した主人公。子供たちと一緒に「福笑い」をしてキャッキャ騒いでいるところへやって来た治平に怒られたのに反論する主人公の台詞がこれ。

治平「大阪が どないな事になったか 知ってるやろ!」
てん「はい。そやから こうやって福が来るように…」

「福が来る」ってどう言うこと? 先程「笑いの神さん」と「うちらの笑い」の違いを書いたが、「福が来る」のも完全に違うよね。確かに「笑う門には福来る」と言う諺があるが、意味は「いつもにこやかに笑っている人の家には、自然に幸福がやって来る」と言う “家族の希望” を現した諺。

でも、この場面で「福笑い」をしている理由は、「福を呼ぶ」ためじゃないよね。最初は「子供たちの暇つぶし」、それが主人公らが加わった途端に、「笑うことでトキやつばきの心配を少しでも取り除こうと言う主人公の気遣い」になっただけ。なのに、主人公は「福が来るように」と言った。もう、完全に意味が分からない。

せめて「良い知らせが届くように笑いたい…」だろ?

これ、万策尽きた脚本家が、「笑い」「笑顔」「希望」「福」など似たような言葉を単純に並べて台詞を書いているのが見え見え。全然言葉同士の意味が違うのに並列に並べるから、全く意味が通らない。特に「福が来るように…」は丸ごとアウト。せめて許されて「良い知らせが届くように笑いたいんです…」じゃないのかな?

新一は「笑えば きっと幸せになれる」とまで言ってない!

なのに、中盤で治平まで「笑う門には福来る」に納得しちゃう。これもアウト。この前段で主人公が亡き兄・新一の「つらい時こそ 笑うんや。みんなで笑うんや」を引用するが、むしろ新一の言葉の意味が「笑う門には福来る」に近いんだよね。

それをこれまで本作が「笑うこと」を「芸としての笑い」や「お笑い芸」にまで拡大解釈させたのが大失敗のもと。その上、今回は新一が「笑えば きっと幸せになれる」と言う新解釈まで後付しちゃった。

余命僅かな新一が言った台詞だ。意味はそんなに広か無いでしょ? もしもそうだったら、父親の首吊りコントなんて書けるはずがない。本当にこの脚本家は無責任だよなぁ。

「笑い」や「笑顔」をごちゃ混ぜにしたのが失敗のもと

でも、まだ新一が生きていた頃の本作はまともだった。新一が「つらい時こそ 笑うんや。みんなで笑うんや」と言った時も、この言葉が『わろてんか』のテーマと深く関わって行くのだと期待もしていた。しかし、例の父親の首吊りコントから本作はおかしくなった。要は「笑い」や「笑顔」をごちゃ混ぜにして、言葉の意味の使い分けを止めた。

お蔭で、新一の死後から本作はどんどん台詞の意味が中途半端になり、台詞そのものの説得力を失い、結果として登場人物の誰1人として信用できる人間がいなくなった。そんな朝ドラの最終週だから、風太が命がけで火事の中から看板を持ち帰っても、「そんなもののために馬鹿じゃないの?」にしか映らないって訳だ。

ここへ来て、完全に自己崩壊しちゃったね!

これ脚本家と演出家の自業自得だからね。このシーンでグッと来ないのが当然だから。感動したとしたら、それはドラマの表面にあちこち散りばめられた、あちこちのドラマで使い古された “泣かせるためのアイコン” に刺激を受けてるだけだから。もう、そんな作戦しか策がないのが本作なのだ。要は自己崩壊と言うことだ。

あとがき

脚本家の吉田智子さんには、最終週位は、もう少し精密に厳密に正確に言葉選びをして欲しかったです。今回のなし崩し的な15分間を見て、こんな歌の一節を思い出しました…

苦しいことも あるだろさ
悲しいことも あるだろさ
だけど ぼくらは くじけない
泣くのはいやだ 笑っちゃおう

ご存知の「ひょっこりひょうたん島」の歌詞の一節ですが、もはや本作ってこう言うことを言いたかったようになっていませんか? 違いますよね。「芸人」や「芸人が生み出す笑い」が世の中を変えるって話もあったはずですよね。やはり自己崩壊してますよ。

最後に。前回の感想に、62回もの Web拍手やコメントを頂き、ありがとうございました。物語を強引に進めるにも程がある15分間でした。でも、あと4回。もはや頑張らないと朝から見る気力も感想を書く意欲もわきません…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
新版 女興行師 吉本せい: 浪花演藝史譚 (ちくま文庫)
NHK連続テレビ小説 “わろてんか” 吉本せいの生涯 (時空旅人 別冊)
「わろてんか」を商いにした街 大阪
朝ドラ「わろてんか」のヒロインモデル・吉本せい 吉本興業創業物語~NHK連続テレビ小説非公式ガイド~ 三才ムック vol.967
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 わろてんか 完全版 Blu-ray-BOX1(全3巻購入特典[わろてんか特製 夫婦茶碗]引換シリアルコード付)
わろてんか メモリアルブック (ステラMOOK)
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 わろてんか 完全版 Blu-ray-BOX2(全3巻購入特典[わろてんか特製 夫婦茶碗]引換シリアルコード付)
anan (アンアン)2018/01/31[選択の技術(テクニック)]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11175/


★「北村(藤岡)てん」のモデル「吉本せい」のについて書かれた本の感想
[読書] 笑いを愛した吉本せい - 吉本興業創業者の波乱万丈記 (洋泉社) 感想
[読書] 吉本せいと林正之助 愛と勇気の言葉 (坂本 優二/著・イースト・プレス) 感想

【これまでの感想】
「わろてんか」なぜ視聴者を “場違いの笑いと置いてけぼり” を続けるのか?(2017/10/15)

第1週『わろたらアカン』
1 2 3 4 5 6
第2週『父の笑い』
7 8 9 10 11 12
第3週『一生笑わしたる』
13 14 15 16 17 18
第4週『始末屋のごりょんさん』
19 20 21 22 23 24
第5週『笑いを商売に』
25 26 27 28 29 30
第6週『ふたりの夢の寄席』
31 32 33 34 35 36
第7週『風鳥亭、羽ばたく』
37 38 39 40 41 42
第8週『笑売の道』
43 44 45 46 47 48
第9週『女のかんにん袋』
49 50 51 52 53 54
第10週『笑いの神様』
55 56 57 58 59 60
第11週『われても末に』
61 62 63 64 65 66
第12週『お笑い大阪 春の陣』
67 68 69 70 71 72
第13週『エッサッサ乙女組』
73 74 75 76
第14週『みんなの夢』
77 78 79
第15週『泣いたらあかん』
80 81 82 83 84 85
第16週『笑いの新時代』
86 87 88 89 90 91
第17週『ずっと、わろてんか』
92 93 94 95 96 97
第18週『女興行師てん』
98 99 100 101 102 103
第19週『最高のコンビ』
104 105 106 107 108 109
第20週『ボンのご乱心』
110 111 112 113 114 115
第21週『ちっちゃな恋の物語』
116 117 118 119 120 121
第22週『夢を継ぐ者』
122 123 124 125 126 127
第23週『わろてんか隊がゆく』
128 129 130 131 132 133
第24週『見果てぬ夢』
134 135 136 137 138 139
第25週『さらば北村笑店』
140 141 142 143 144 145
第26(最終)週『みんなでわろてんか』
146

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【わろてんか】第147回(第26週火曜日) 感想

連続テレビ小説「わろてんか」。あの吉本興業の創業者・吉本…「てん」を演じるのは葵わかなさん。他、松坂桃李、濱田岳、高橋一…んか】第147回(第26…

笑いがお供え>『わろてんか』第146話

​​​​​​​​​​​​​​あらら きよしがもうデレちゃいましたぜ …ひじゅにですが何か? ​​「辛い時こそ笑うんや」​​by新一 う~ん… 新一兄さんの言う「笑い」と 福笑いでバカ笑いするのは 別物だと思うんだけど… 大阪空襲から一週間は経ったらしい― 心配でイッパイ(シャレではない)トキに 「わろて暮らせばまた逢える」 ...

笑いがお供え>『わろてんか』第146話

​​​​​​​​​​​​​​あららきよしがもうデレちゃいましたぜ…ひじゅにですが何か?​​「辛い時こそ笑うんや」​​by新一う~ん…新一兄さんの言う「笑い」と福笑いでバカ...

連続テレビ小説『わろてんか』第147回

内容りん(堀田真由)から、大阪で空襲があったと聞き、てん(葵わかな)トキ(徳永えり)は、風太(濱田岳)らの身を案じる。敬称略これ、描けば描くほど、どうにもならない状態のような気がする。自滅だね(失笑)

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR