●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル 第一夜「パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~」 (2018/3/24) 感想

アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル 第一夜「パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~」 (2018/3/24) 感想

テレ朝系・アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル 第一夜『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』公式
『天海祐希がアガサ・クリスティ作品初挑戦!和製“ミス・マープル"を熱演!列車の中で起きた殺人の謎を追う!!』の感想。
なお、原作小説、アガサ・クリスティ『パディントン発4時50分』(ハヤカワ文庫刊)は既読。


天乃瞳子(天海祐希)は『寝台特急朝霧』に乗り込んだ。彼女の目的は、消えた死体を探すこと。義母・天乃雀(草笛光子)は、列車内の殺人を目撃し通報するが、無視されてしまう。その訴えを聞き憤慨した瞳子は、義母の汚名返上のため、捜査に乗り出す。犯人が列車の窓から死体を投棄したと推理し、知人の家政婦・中村彩(前田敦子)と製菓会社会長・富沢信介(西田敏行)邸の敷地を調べ始める。果たして列車ミステリーの真相は…!?
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:アガサ・クリスティ『パディントン発4時50分』
脚本:竹山洋(過去作/松本清張ドラマスペシャル・鬼畜)
演出:和泉聖治(過去作/松本清張ドラマスペシャル・鬼畜、相棒シリーズ)
音楽:吉川清之(過去作/遺留捜査、刑事7人)

スマホと蒸気機関車、富沢家の豪邸がミスマッチ過ぎて…

原作は既読のため、私の興味関心は日本のドラマとして、アガサ・クリスティーの原作をどうドラマとして面白く魅せるか? のその一点。で、結論から言うと、期待外れの一言だ。とにかく、スマホと蒸気機関車、富沢家の豪邸がミスマッチで時代背景が分かり難くて、最初の10分間ほどで期待外れの黄色信号が点滅し始めた。

ミス・マープルに草笛さん、スーパー家政婦に天海さんでしょ!?

でもって、事件がどうこう言う前に配役に違和感アリアリ。とにかく草笛光子さんが列車中で読書をしているカットを見た瞬間、「なぜ “和製ミス・マープル” を草笛光子さんに配役しなかったの!?」と思ってしまった。

更に前田敦子さんがしゃべりだした瞬間に「なぜ “スーパー家政婦” を天海祐希にしなかったの!?」と声に出してしまった。

脚本は間延びでつらまないし、演出もキレ無く退屈…

そして、その違和感を最後まで引き摺りつつ、ラストで「西田敏行さんと石黒賢さんの無駄遣い」を感じて終了。脚本も間延びしてつまらないし、演出もキレが無く似たようなカットの連続で退屈だった。

アガサのスペシャルドラマ化には過度な期待は初めからしていないが、天海祐希さんと草笛光子さんをキャスティング出来たなら、配役の大失敗と言わざるを得ない。

あとがき

天海祐希さんの所属事務所「研音」から原沙知絵さんが出演しているからそれ以上の枠は難しいかも知れませんが、志田未来さんが家政婦をやったら違った作品に仕上がった可能性はありますね。第二夜も期待せずに見てみます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
パディントン発4時50分 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11168/


【2018年のスペシャルドラマの感想】
NHK 土曜ドラマ「スニッファー 嗅覚捜査官 スペシャル」 (2018/3/21) 感想
日曜ワイド「越後純情刑事・早乙女真子」 (2018/2/28) 感想
NHKスペシャル 未解決事件「File06 赤報隊事件 戦慄の銃弾 知られざる闇 1夜目:実録ドラマ編」 (2018/1/27) 感想
ドラマスペシャル 白日の鴉 (2018/1/11) 感想
新春ドラマスペシャル 娘の結婚 (2018/1/8) 感想
DOCTORS 最強の名医 新春スペシャル (2018/1/4) 感想
新春ドラマスペシャル「都庁爆破!」 (2018/1/2) 感想

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アガサクリスティー2夜連続ドラマスペシャル パディントン発4時50分寝台特急殺人事件

ある日の午後、サングラス姿のひとりの女性が『寝台特急朝霧』に乗りこんだ。彼女の目的は、“消えた死体を捜す”こと――。  その女性の名は、天乃瞳子(天海祐希)。瞳子はかつて敏腕刑事だったが、がんを患った夫の看病のために退職。夫が他界した後、その優秀さを買われて危機管理のプロとなり、民間企業の顧問に就任していた。  実は3日前、瞳子の亡夫の母・天乃雀(草笛光子)が『特急オリオン』に乗っていた...

アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル。『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』

天乃瞳子(天海)の亡き夫の母・(草笛光子)が、すれ違いざまの列車で目撃した殺人事件から始まる、連続殺人を追うミステリーやや、ツッコミどころはありましたが、キャスティングが豪華で目の保養。前田敦子もイイ味だしてたし、天海祐希、和製“ミス・マープル”を、“元敏腕刑事にして危機管理のプロとするとは、大胆アレンジだったけれど、なかなかのハマり役でした。二夜目で登場する沢村一樹と、列車内で、ちょっとす...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR