●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ (第9話/最終回 2時間スペシャル・2018/3/18) 感想

99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ

TBSテレビ系・日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ』公式
第9話/最終回 2時間スペシャル『深山、最後の闘い!!絶対不可能の再審請求無実を信じる息子の涙最強の敵…手負いの裁判官の秘策!!0.1%の逆転なるか』の感想。
なお、2016年4~6月に放送された『99.9‐刑事専門弁護士‐』は全話鑑賞済み。※最終回の感想


深山(松本潤)らは、依頼人・亮平(中島裕翔)およびその祖母・トキ子(茅島成美)と接見する。亮平の父・久世(小林隆)は8年前、妻を殺して経営する店舗兼アパートに放火したとされ、死刑判決を受けていた。父が母を殺すはずがないという亮平は、容疑を晴らしてほしいと訴える。深山や舞子(木村文乃)は、佐田(香川照之)も巻き込み、再審請求に向けて新たな証拠探しに奔走。やがて、検察側の主張を覆す証拠を発見し、再審請求を行うが、裁判長の川上(笑福亭鶴瓶)が難題を突き付けてくる。同事件の一審の裁判長は、現事務総長・岡田(榎木孝明)で…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:宇田学(過去作/TOKYOエアポート、ORANGE ~1.17、99.9[1]、4号警備)
演出:木村☺ひさし(過去作/民王、99.9[1]、IQ246) 第1,2,3,4,6,7,最終
   岡本伸吾(過去作/隠蔽捜査、ナポレオンの村、99.9[1]) 第5,8
音楽:井筒昭雄(過去作/死神くん、民王、99.9[1]、民衆の敵)
主題歌嵐「Find The Answer」(ジェイ・ストーム)
プロデュース:瀬戸口克陽(過去作/99年の愛、運命の人、99.9[1]、A LIFE)
     東仲恵吾(過去作/まっしろ、重版出来!、死幣、99.9[1]、A LIFE)

法曹三者をしっかりと描いたのは『2』の新鮮さだ

『SEASON II』と言うことで、良かったのは『1』との違い。要は川上(笑福亭鶴瓶)が加わったことにより、法曹三者(裁判官・検察官・弁護士)の違いを全9話の後半で描いたこと。特に斑目法律事務所の深山と舞子と斑目所長の3人で川上を対峙する構造を作り上げたのはお見事。

あとは、正直やっていることは『1』と同じ。最終回に限って言えば、母親の死因究明が曖昧で消化不良。死因は焼死で放火犯が殺人犯をもっと分かりやすく描いても良かった。でも、全体的には引き延ばし感が薄く、結局「つまらない」と言い切れやしないが「面白い」と言う訳にもいかない。そんな中途半端な仕上がりだった。

木村氏のあの独特な演出が薄まったのが残念

私が残念だったのは、チーフ・ディレクターの木村☺ひさし氏が、中盤から作風を変えてきたこと。確かに、細かいカット割りや小ネタの過多なギャグの散りばめなど、若年層にも中高年にも評判が良いとは言えない。しかし、私はそれが好きだった。「えっ!?」と思われる人も多いだろうが、好きなものは好きだ。

あとは、続編ありきのエンディングだったから、次に木村氏の演出がどこまで削られるかが心配。ここは、ドラマのTBSとして踏ん張って頂きたい。

あとがき

2時間もあった割に、小ネタや大声がやたらと多過ぎて、“最中のあんこ” はどんだけ~って感じ。もう少しタイトな演出を編集でも良かったような。それと、裁判シーンが『アンナチュラル』の最終回視聴後では、迫力や臨場感で明らかに劣っているように映ったのは運命のいたずらでしょうかね。

続編もあれば見ますが、作風がもっと今の視聴率システムを支える高齢者向けや新たな視聴者確保のために落ち着いた路線を選ぶのか。そこが一番気になります。まっ、何だかんだ言っていますが、続編のことを考えていると言うことは、基本的に本作が好きってことです。そして、松本潤さんが演じる深山はドラマの主人公としては、大変魅力的な登場人物なのは間違いありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】99.9-刑事専門弁護士- SEASONII Blu-ray BOX(「御名糖」飴ストラップ付)
【早期購入特典あり】99.9-刑事専門弁護士- SEASONII DVD-BOX(「御名糖」飴ストラップ付)
TBS系 日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASON II」オリジナル・サウンドトラック
日曜劇場 99.9-刑事専門弁護士-SEASON II(上) (扶桑社BOOKS)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11146/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

99.9-刑事専門弁護士- SEASON II 最終回

サブタイトル、「深山、最後の闘い!!絶対不可能の再審請求無実を信じる息子の涙最強の敵…手負いの裁判官の秘策!!0.1%の逆転なるか」って長っ! 2時間スペシャルだったしね。それこそ、サービス精神てんこ盛りで、ダジャレを筆頭にネタの収集がつかないほど、でした。プロレス・ゲストまで登場したし深山(松本潤)たちのもとに、死刑囚・久世貴弘(小林隆)の再審請求の依頼依頼人は、久世の息子・亮平(中島裕翔...

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ 最終話

最近は最終回になると、2時間スペシャルになるのねw 深山(松本潤)たちの元に、久世亮平(中島裕翔)と彼の祖母・トキ子(茅島成美)が弁護の依頼にやって来ます。 8年前、建造物放火及び殺人事件で、亮平の父・貴弘(小林隆)が死刑判決を受けたのですが、どうしても父の犯行には思えないと言います。 深山たちは、その事件で母親を殺害された被害者でありながら、犯人の息子として世間から疎外さ...

日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-SEASONII』第9話(最終回)

「深山、最後の闘いー再審請求」「深山、最後の闘い!!絶対不可能の再審請求無実を信じる息子の涙最強の敵…手負いの裁判官の秘策!!0.1%の逆転なるか」内容ある日、斑目(岸部一徳)の法律事務所に、死刑囚・久世貴弘(小林隆)の再審請求の依頼が来る。依頼者は、久世の息子・亮平(中島裕翔)と久世の母・トキ子(茅島成美)2人が弁護士(山口良一)とともにやってくる。8年前、久世は、妻・直美(竹内都子)を殺...

99.9 ―刑事専門弁護士― SEASON II #09 最終回

『深山、最後の闘い!!絶対不可能の再審請求 無実を信じる息子の涙   最強の敵…手負いの裁判官の秘策!!0.1%の逆転なるか』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR