映画「リメンバー・ミー(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「リメンバー・ミー(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『リメンバー・ミー(日本語字幕版)』公式)を本日 公開初日に、シネマイクスピアリにて劇場鑑賞。採点は、★★★★(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら70点にします。

私の評価基準(映画用)


ディレクター目線のざっくりストーリー

本年度アカデミー賞R 2部門受賞(歌曲賞、長編アニメ映画賞受賞)
とある理由で家族に音楽を禁止されながらも、ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。ある日、彼はガイコツ姿の死者たちが楽しく暮らす「死者の国」に迷い込んでしまう。日の出までに「生者の世界」に帰らないと、ミゲルの体は消えて永遠に家族と会えないことになる。

唯一の頼りは、孤独だが陽気なガイコツのヘクターだが、彼もまた生きている家族に忘れられると死者の国から存在か消えてしまうという運命を抱えている。絶体絶命のミゲルとヘクターの中には、ミゲルが大好きな名曲『リメンバー・ミー』の中にあった…

冒頭数分の完成度も、全体の音楽と映像も素晴らしい!

日本の「お盆」に似たような、メキシコの年に1度だけ死んだ家族と再会できるとされる祝祭を基礎に、音楽を通して先祖や家族の繋がりや絆を描く本作。とにかく映像と音楽が素晴らしい。アコースティックギターの音色を中心としたラテン音楽の陽気さと切なさ、きらびやかな色彩と本物と見違えるようなテクスチャーの表現にも魅了される。

もちろん、ディズニー&ピクサー作品ならお約束の、冒頭の主人公のこれまでを振り返る映像は、これだけでも数分間の短編映画として楽しめる完成度。見終えた感想を一言で言えば「なるほど。良く出来てるなぁ」となる訳だが、全編を見ると、やはりメキシコの世界観は字幕版だからこそ表現できたような。吹替え版は未見だが。

また、日々進歩するCGの世界ではあるが、本作もギターを弾く指の動きなど、よくぞここまで詳細にCGで再現し、音楽とシンクロ出来るものかと感心した。また、蛍光色に光るクリーチャーたちも本当に良く出来ていた。

物語の細かい部分の面白さに対して、大筋が説得力不足…

映像が良いだけに、残念なのがストーリー。お子様向けに単純明快になっていると言えばそれまでだが、やはりもう少し頑張って欲しかった。いや、全面否定するつもりはない。名曲『リメンバー・ミー』に隠された秘話や、生者と死者の世界の違いなど、細かい部分はどんな人が見ても楽しめるように工夫されているのだ。

しかし、音楽で壊れた家族が音楽で仲直りすると言う展開に、あまり説得力が無いこと。それと、死者側の “偲んで欲しい気持ち” が強過ぎるのが、私にはちょっと合わなかった。この辺は “個人的な死生観” に関わる解釈だから何とも言い難いが。「先祖は尊い」と思うが、ちとやり過ぎたような気もする…

あとがき

メキシコの年に1度だけ死んだ家族と再会できるとされる祝祭は、日本の「お盆」に似ていますが死者のノリが少し違います。でも、全体的には「なるほど。良く出来てるなぁ」と言う感じ。音楽も映像も描かれるメキシコ世界観もとても心地良く表現されていますが、脚本の説得直がイマイチ。ラストでグッと来るのは間違いありませんが、過度な期待は禁物かな?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック
Premium Style Store リメンバー・ミー デザイン iPhone8/7/6s/6対応ハードケースPG-DCS336REM
Premium Style Store リメンバー・ミー デザイン iPhone8/7/6s/6対応フリップカバーPG-DFP421REM
リメンバーミー デラクルスのギター 【劇中アイテム、光って音が鳴る】並行輸入品 coco


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11138/

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ネタバレ】「リメンバー・ミー」@よみうりホール

 「モーニング」さんからのご招待。客入りは1階席多分満席、2階席9割位。CGアニメ作品なので、小さなお子さんから年配の方まで幅広い客層だ。日本語吹き替え版が上映された。「アナ雪」の短編は上映無し。

リメンバー・ミー・・・・・評価額1750円

家族は、永遠にひとつ。 ピクサー・アニメーション・スタジオの最新作は、メキシコの重要な祝日である”死者の日(Día de Los Muertos)"をモチーフにした、ファミリーファンタジー。 音楽に憧れる靴屋のせがれが、ひょんなことから死者の国へソウルスリップ、家族の歴史にまつわる秘密を解き明かし、何世代にも渡る誤解を解くべく冒険を繰り広げる。 脚本はエイドリアン・モリーナとマシュ...

リメンバー・ミー

「トイ・ストーリー3」でアカデミー賞を受賞したリー・アンクリッチ監督が、陽気でカラフルな「死者たちの世界」を舞台に描いたピクサー・アニメーションの長編作品。日本におけるお盆の風習にあたるメキシコの祝日「死者の日」を題材に、音楽を禁じられたギター少年ミゲルの冒険や家族との強い絆を、数々の謎と音楽を散りばめながら描いた。物語の鍵を握る劇中歌「リメンバー・ミー」の作詞・作曲を、「アナと雪の女王」の...

リメンバー・ミー

ディズニーとピクサー製作で送る、メキシコの死者の日をモチーフにしたアニメ映画だ。アカデミー賞長編アニメ部門を受賞しただけの内容だった。死者の日というのは日本でいうお盆と同じで、亡くなった方が自宅に帰ってくるというものだ。そんな波乱もない物語かと思っていた

「リメンバー・ミー」

お盆は、ちゃんとやらなきゃいけませんね。

「リメンバー・ミー」:ガイコツが、みんな違って みんないい

映画『リメンバー・ミー』(字幕版)は、ディズニー/ピクサーの良質な新作。アニメー

リメンバー・ミー

【概略】 天才的なギターの才能を持つ少年ミゲルはミュージシャンを夢見ているが、過去の悲しい出来事が原因で、彼の一族には音楽禁止の掟が定められていた。ある日ミゲルは、憧れの伝説的ミュージシャン、デラクルスの霊廟に飾られていたギターを手にしたことをきっかけに、まるでテーマパークのように楽しく美しい「死者の国」へと迷いこんでしまう。ミゲルはそこで出会った陽気で孤独なガイコツのヘクターに協力し...

リメンバー・ミー

居場所を求めた、孤独な魂の物語。ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。しかし彼の家では、むかし起こったある出来事がきっかけで、代々演奏はおろか音楽を聴くことも禁じられていた。人々が先祖の魂を迎える“死者の日”、音楽のことで家族と衝突してしまったミゲルが、憧れのスター、エルネスト・デラクルスの墓を訪れたところ、いつの間にか死者の国に迷い込んでしまう。カラフルで美しいその世界ではガイコツ...

85『リメンバー・ミー』

今作は簡単にまとめてます。 だからといって、おもしろく無いわけじゃないよ!!! ピクサー・アニメーション最新作は、やはり外れないどころか... 『リメンバー・ミー』 ~あらすじ~ 過去の出来事が原因で、家族ともども音楽を禁止されている少年ミゲル。ある日、先祖が家族に会いにくるという死者の日に開催される音楽コンテストに出ることを決める。伝説的ミュージシャンであるデラク...

映画「リメンバー・ミー(吹替)」感想

毒家族に人生をつぶされかけた少年が救われる話。 もっとも本当の毒親はこんな風に簡単に改心はしない。 そこはディズニー、「家族は素晴らしい」で終わる。 音楽家を目指すミゲル少年を全否定する靴職人の一族、孤立感に苛まれながら子供ゆえの無力でどうする事も出来ないミゲル、そして事件は起き、死者の国に紛れ込むミゲル。ここでも”生きた子供”として忌み嫌われ、現世と同様の孤立感と言わ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR