家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 (第6話・2018/3/10) 感想

家族の旅路 家族を殺された男と殺した男

東海テレビ制作・フジテレビ系・東海テレビ開局60周年記念 オトナの土ドラ『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』公式
第6話『覚悟果てしなき再審への道』の感想。
なお、原作:小杉健治「父と子の旅路」(双葉社)は未読。また、過去に放送された単発ドラマは未見。



祐介(滝沢秀明)は自分こそが行方不明になっている柳瀬(遠藤憲一)の息子・光男であることを確信する。30年前の事件当夜、柳瀬は光男と犯人が殺した祐介を入れ替えたのだ。光男としての自分の運命を勝手に操った柳瀬の行為に怒り悲しむ祐介は、その感情を柳瀬にぶつける。一方、祐介はこの事実を養親の孝信(益岡徹)と由美子(いしのようこ)は知っているのかと疑問を抱く。それを問い掛けた祐介に、2人は重い口を開く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:小杉健治「父と子の旅路」(双葉社)
脚本:いずみ 玲(過去作/名奉行!遠山の金四郎(2017)、水戸黄門(2017))
演出:国本雅広(過去作/デカワンコ、保育探偵25時、カンナさーん!) 第1,2,5
  :村松弘之(過去作/五つ星ツーリスト、ドクターカー、ソースさんの恋) 第3,4
   高橋貴司(過去作/水球ヤンキース) 6
主題歌:滝沢秀明「記憶のカケラ」(avex trax)
音楽:羽岡 佳(過去作/GTO、刑事のまなざし、チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮)

なぜ、ここで本作初担当の演出家に交替させたの?

まず。どうしてこんな最終章に向けての大事な放送回に、本作初担当の演出家に委ねたのか? 正直、全体の雰囲気はもちろんのこと、これまで “神タイミング” と言って来た主題歌のタイミングまでズレてくるとは? とにかく、演出がこれまでと違い過ぎて違和感を覚えてしまった。

特に、無駄にメリハリをつけた演技指導が気になった。滝沢秀明さんはじめ、たいへん芸達者な出演者ばかりだから、もっと俳優陣に頼って良かったのでは?

果たして残りの2話(予想)でまとめられるのか?

さて。本編は、「これまでの取りあえずのまとめ」と言った雰囲気で、大きく広げた風呂敷が如何に大き過ぎたかが分かった第6話。これまでの『オトナの土ドラ』枠からすると、全8話が通例。だとすると、本作も残り2話と言うことになる。再審への道が描き続けられるのだろうが、果たして残りの2話でまとめられるか?

あとがき

親子の愛を益々掘り下げて来ますね。それにしても、滝沢秀明さんの演技に引き込まれます。素晴らしいです。他の俳優陣も素晴らしいですが。いよいよ次回から本当の最終週。まだまだ物語に変化が起きそうで、楽しみでもあり、まとめられるのかと言う心配もあり。でも、次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
父と子の旅路 (双葉文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11116/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【家族の旅路 家族を殺された男と殺した男】第6話 感想

たとえ法に裁かれなくても柳瀬には真実を ねじ曲げた罪の重さを思い知らせてやりたい。大富の両親と祖父。そして小さな祐介の無念。横浜の両親の心の痛み。礼…

家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 「覚悟…今後私があなたを父と呼ぶ事はありません!果てしなき…

自分は、30年前の殺人事件以来行方不明になっている、死刑囚柳瀬光三(遠藤憲一)の実の息子・柳瀬光男であったことを確信する祐介(滝沢秀明)我が子のためとはいえ、凶悪な殺人事件の真相を隠蔽し、光男として生きるはずだった運命を勝手に操るような実の父親の行為に、怒り悲しむ祐介息子に、「あなたが、やってもいない罪で死刑になっていいとは思いません。ですが、あなたが犯した本当の罪は、死刑に匹敵するぐらい私...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR