わろてんか (第133回・3/10) 感想

連続テレビ小説「わろてんか」

NHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』公式
第23週『わろてんか隊がゆく』 『第133回』の感想。


 本作は、2018/2/27 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


「わろてんか隊」が無事帰国して、てん(葵わかな)やおトキ(徳永えり)は安堵(ど)の胸をなで下ろした。前線に赴く兵隊から恋人に宛てた手紙を預かったリリコ(広瀬アリス)は、手紙を届けに行った先でその兵隊がつい最近戦死したと聞いてショックを受ける。てんは再び新聞社から、戦地に慰問団を派遣して欲しいと要請され及び腰になるが、風太(濱田岳)をはじめ戦地慰問を体験した芸人たちは喜んで行くときっぱり言う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前々回からの3回分は "マシてん=マシな点" があった!

もはや、本作は「マシてん=マシな点」を探すしかないと思っている。そんな立場で見ていると、前々回(第131回)から、これまでの130回分を無視して、戦争と言う舞台で “人の心” や “笑いの力” や “芸人魂” みたいな「マシてん」を描いている…と評価している。

風太を先頭にリリコら芸人たち、トキや楓も、それなりに「わろてんか隊」に関わっている。また、物足りなさはあるものの、主人公も何とかギリギリ「わろてんか隊」に関わっている。

納得できない人もいるだろうが、今回は、と言うか、前々回、前回と来た流れで皆が「わろてんか隊」に関わっているとする。だって、そうしないとこの3話が全く無意味になってしまうから。

わろてんか隊に無関係な亡霊が出るのはおかし過ぎる!

しかしだ。今回に亡霊の藤吉が登場したのはおかし過ぎる。なぜなら、藤吉は「わろてんか隊」にも戦争にも全く関わっていないから。

まだ、行く行かないの時点で悩んだ末に主人公が “降霊” して、藤吉に尋ねるくだりでも印象的にあったなら話は別だが、そんな印象はない。それがないのに、「てんばあちゃんは、良うやった」みたいな展開になるのは絶対におかしい。

なぜ、主人公と風太が話し合うシーンが少ないんだ!

いや、本来ならもっと主人公と風太が話し合うシーンを作るべきだ(った)。なぜって、第一陣の時はもちろん、第二陣の時はなおさら、戦地や芸人のこと、そして北村笑店のことなど全般的な事情を誰よりも考えているのが風太なのだから。

面白いか面白くないかは別にして、この3回分は半年間の中で唯一の「マシてん」が多かった45分間なのに、なぜここで亡霊を登場させたのか意味が分からない。これがもしも視聴率のためなら、NHKは終わってる…と言わざるを得ない。

亡霊の、もっと自然な登場の仕方は無かったのか?

例えば、生前の藤吉は腹話術の芸が得意で、主人公が生前藤吉の愛用していた腹話術人形に話し掛けると、亡霊が出て来る…なんて描写があれば、多少は不自然な感じは無くなったかも知れないと思うが…

あとがき

新一の言葉まで引っ張り出しましたね。亡霊といい、新一といい、正直すべてが唐突過ぎます。で、結果的にやらなければ良いことをやって、自ら墓穴を掘るなんて、作り手たちは残り3週間で何をしようとしているんでしょう?

最後に。前回の感想に、52回もの Web拍手や多くのコメントを頂き、ありがとうございました。もはや伊能なんて物語にほぼ無関係なのに、来週は “伊能目当て” の視聴率稼ぎをするようです。なんか、なんかなぁ。

この土日月曜日が大変多忙なため、金曜日からのドラマの感想や、コメントへの返信、誤字脱字の修正の類も大幅に遅れます(謝)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
新版 女興行師 吉本せい: 浪花演藝史譚 (ちくま文庫)
NHK連続テレビ小説 “わろてんか” 吉本せいの生涯 (時空旅人 別冊)
「わろてんか」を商いにした街 大阪
朝ドラ「わろてんか」のヒロインモデル・吉本せい 吉本興業創業物語~NHK連続テレビ小説非公式ガイド~ 三才ムック vol.967
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 わろてんか 完全版 Blu-ray-BOX1(全3巻購入特典[わろてんか特製 夫婦茶碗]引換シリアルコード付)
わろてんか メモリアルブック (ステラMOOK)
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 わろてんか 完全版 Blu-ray-BOX2(全3巻購入特典[わろてんか特製 夫婦茶碗]引換シリアルコード付)
anan (アンアン)2018/01/31[選択の技術(テクニック)]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11114/


★「北村(藤岡)てん」のモデル「吉本せい」のについて書かれた本の感想
[読書] 笑いを愛した吉本せい - 吉本興業創業者の波乱万丈記 (洋泉社) 感想
[読書] 吉本せいと林正之助 愛と勇気の言葉 (坂本 優二/著・イースト・プレス) 感想

【これまでの感想】
「わろてんか」なぜ視聴者を “場違いの笑いと置いてけぼり” を続けるのか?(2017/10/15)

第1週『わろたらアカン』
1 2 3 4 5 6
第2週『父の笑い』
7 8 9 10 11 12
第3週『一生笑わしたる』
13 14 15 16 17 18
第4週『始末屋のごりょんさん』
19 20 21 22 23 24
第5週『笑いを商売に』
25 26 27 28 29 30
第6週『ふたりの夢の寄席』
31 32 33 34 35 36
第7週『風鳥亭、羽ばたく』
37 38 39 40 41 42
第8週『笑売の道』
43 44 45 46 47 48
第9週『女のかんにん袋』
49 50 51 52 53 54
第10週『笑いの神様』
55 56 57 58 59 60
第11週『われても末に』
61 62 63 64 65 66
第12週『お笑い大阪 春の陣』
67 68 69 70 71 72
第13週『エッサッサ乙女組』
73 74 75 76
第14週『みんなの夢』
77 78 79
第15週『泣いたらあかん』
80 81 82 83 84 85
第16週『笑いの新時代』
86 87 88 89 90 91
第17週『ずっと、わろてんか』
92 93 94 95 96 97
第18週『女興行師てん』
98 99 100 101 102 103
第19週『最高のコンビ』
104 105 106 107 108 109
第20週『ボンのご乱心』
110 111 112 113 114 115
第21週『ちっちゃな恋の物語』
116 117 118 119 120 121
第22週『夢を継ぐ者』
122 123 124 125 126
 127
第23週『わろてんか隊がゆく』
128 129 130 131 132

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説『わろてんか』第133回

内容風太(濱田岳)と芸人達が、無事に帰国し、喜ぶてん(葵わかな)たち。そんななか、リリコ(広瀬アリス)四郎(松尾諭)が、手紙を託された兵隊さんの恋人のもとから神妙な面持ちで戻ってきた。戦死したという。。。涙するリリコ。てんは、依頼されている“わろてんか隊”の第2陣を辞めることを決意する。悩むてん、そして風太だったが。。。。。敬称略前々回、前回があるから今回の話しは成立する。ただし物語に“関わ...

【わろてんか】第133回(第23週土曜日) 感想

ろてんか」。あの吉本興業の創業者・吉本…「てん」を演じるのは葵わかなさん。他、松坂桃李、濱田岳、高橋一…【わろてんか】第133回(第23週土曜日) …

第二陣に向けて>『わろてんか』第133話

​​​​​​​​​​​​預かった手紙の顛末は やはり台詞だけでオシマイ 台詞スルー(?) …ひじゅにですが何か? ​「新一兄さんの言葉思い出したわ」​byてん ↑久しぶりに新一兄さんの名前を聞いたな 初回からしてツマラナサ満開の今作だけど― 某『〇れ』の様に不快感を伴う…って程ではなかったから そこだけは評価していたのに ツマラナサが...

第二陣に向けて>『わろてんか』第133話

​​​​​​​​​​​​預かった手紙の顛末はやはり台詞だけでオシマイ台詞スルー(?)…ひじゅにですが何か?​「新一兄さんの言葉思い出したわ」​byてん↑久しぶりに新一兄さ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR